2020年09月24日

しゅうれん会「気になる一冊」

子どものほん(子ども、小学生&中学生)

渡辺弥生監修「よみきかせえほん グリム童話」成美堂出版 本体950

 この本は、大人に読み聞かせてもらう幼稚園の子ども向けの絵本です。小中学生のあなたが、小さな子供やお家の人に、はっきりとした声で読み聞かせてあげてください。正直、思いやり、悪いことをにくむ心などを学ぶことができます。

 グリム兄弟のブレーメンの音楽隊、ヘンゼルとグレーテル、星の銀貨、ミツバチの女王、ガタガタの竹馬こぞう、オオカミとキツネなど、18の話が楽しめます。

大人の本(パパ&ママ、ジジ&ババなど)

市村よしなり箸「AI時代の『天才』の育て方」 きずな出版 本体1480

 これからは今までの教育や常識が通用しなくなると著者は言います。

そして、知識・技能の記憶力や技能の上手下手よりも、「想像力」や「はみ出す力」や「遊ぶ力」が大切で、未知なる未来を生み出すことができるように「想像力」や「はみ出す力」や「遊ぶ力」が必要なのだと主張しています。物事を、好きか嫌いか、面白いか面白くないかを自分で選び抜く力が大切だというのです。本書を熟読して、「知識・技能」の習得だけが重要だと思い込んでいることを見直す機会としたらいかがでしょうか。

 学校は、「知識・技能」の習得、「思考力・判断力・表現力」の育成、「主体的に学習に取り組む態度」の涵養を求めていることを念のために、付け加えておきます。

学校の先生のブック(小学校・中学校の先生)

木原雅子箸「あの子どもたちが変わった驚きの授業・授業崩壊を立て直すファシリテーション」 

                                        ミネルヴァ書房 本体1980

 子供たちの真の幸せを願い、WYSH教育を進めている著者は、中学校の授業崩壊を立て直すことについて提言し、中学校と協働して実践しています。内容は、「授業が成り立つようになった」「問題行動が減った」「学習意欲の向上」「添削指導」「生徒たちの変化」など、教育(授業)の進め方が学べます。

中学校を舞台にしていますが、小学校の場合にヒントがたくさん詰まっています。 (BOKE−K)

 ★備考★話題提供のために紹介しているだけで、購読を勧めるものではありません。

 [成美教育文化会館]で検索すると、「かけはし」「メッセージ」「Q&A」「気になる1冊」をはじめ「一宇荘」「至楽荘」「成美教育文化会館の会場貸出」など様々な情報が閲覧できます。
posted by 豊島修練会 at 10:00| しゅうれん会 気になる一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月17日

子ども・大人・教師のためのQ&A

子どもとのQ&A(疑問や質問のある子は素晴らしいです!)

Q猫をかいたいのに、お母さんが大反対で、困っています。(小4女)

A生き物をかいたいというあなたは、きっと心のやさしい子なのでしょうね。猫をかうのは、けっこうたいへんだということは、分かっていますか。猫と楽しく遊ぶだけというわけにはいきませんよ。

 えさや水をやる。うんちとおしっこのしつけをする。うんちとおしっこをかたづける。毛をきれいにしてやる。ねるところをそうじする。こういうことを毎日するんだよ。このようなことができなければ、猫は元気よく生きていけません。このようなことができますか?できるようでしたら、お母さんともう一度話し合ってごらんなさい。

大人とのQ&A(パパ&ママ、ジジ&ババもいつまでも好奇心を!)

Q忙しくて子供との触れ合いが少ないです。どうしたらいいですか?(小3男の子の母)

A仕事の忙しいお母さんに共通の悩みで、それを何とかしたいという思いは素晴らしいです。忙しいからつい気持ちがイライラして子供との接し方が疎

かになりがちです。 そこで、短時間でも「お子さんの話をじっくり聞いてあげてください」「お母さんの思っていることを、簡潔に話してあげましょう」

「何かいいことに気づいたら、大きくほめてあげましょう」「何かしてくれたら、

ありがとうと心からお礼を言いましょう」「食事の時、学校のこと、友達のことなどを気軽に話題にしま

しょう」…などなど、普通のことを普通にしてあげましょう。長時間べたべたしていることより、短い

時間でもお母さんの優しさを感じさせることが大切です。

学校の先生がたのQ&A(先生にもわからないことがある!)

Q作文の嫌いな子が多いので、何とかしたいです。(小2の担任教師)

A作文を書くのが嫌いな子どもを少なくしたいということは素晴らしいことです。最初から長く書かせるのではなく、1行くらいの短い文を書かせ、書けたら大きくほめてあげましょう。それができるようになったら、2〜3行に挑戦させ、いい所を見つけて褒めて自信を持たせましょう。国語だけでなく、算数科や生活科などでも文を書かせ、花○を付けて褒めてあげてください。半年もすればびっくりするくらい作文が気にならなくなります。 (HK)         

★備考★[成美教育文化会館]で検索すると、「かけはし」のほか「メッセージ」「Q&A(皆様からの質問をお待ちしています)」「ほん本ブック」をはじめ「一宇荘」「至楽荘」「成美教育文化会館の会」の利用の仕方など様々な情報が閲覧できます。ぜひご覧ください。


posted by 豊島修練会 at 10:34| 子ども・大人・教師のためのQ&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月09日

しゅうれん会からのメッセージ

子どもたちへ(小さなお子さんには読んであげてください)

ある日の午後4時ころの歩道での出来事です。右側から数人の高学年の元気な男の子たちが、わいわいがやがやとおしゃべりをしながら下校してきます。左側からお年寄りがややヨロヨロしながら歩いてきました。

 すると、男の子たちが、さっとはじによってお年寄りを通してあげました。お年寄りが「有難う」とお礼を言うと、男の子たちが大きな声で「気を付けてね」と言いました。素晴らしい子どもたちです。

親のしつけと、担任の指導が素晴らしいのかな・・・。

大人の皆様へ(パパ&ママ、ジジ&ババ)

 最近、手紙やはがきではなくスマホやメールで済ます人が多くなりました。ですから、使用済み切手や書き損じはがきはめったに出なくなりました。それでも切手を貼った手紙がきたり、はがきを書き損じたりすることがあります。

 ある小学校の保護者の有志は、児童会と協力して、使用済みの切手や書き損じはがきを集めています。そして、それを、困っている人を助けるために寄付しているそうです。

 自分たちの今できることをして、困っている人のために活動することは、素晴らしいことです。私も、協力するようにしています。

学校の先生がたへ 

 ある小学校のA先生が、ある事について、自分の授業実践例と考えをまとめました。印刷して、周りの人に配り、ご指導をお願いしましたが、全く反響がありませんでした。

 それで、思い切って、著書や雑誌で度々名前を見かける先生方に、(多分駄目だろうと、大きな期待をしないで)ご指導をお願いしてみました。

 10日ほどすると、なんと、道徳教育のYO先生、学校教育全般に造詣の深いMT先生、ご自分で教育研究センターを立ち上げて活躍中のRT先生、元大学教授のKO先生から、心温まるご指導の手紙やはがきが来たそうです。

 その内容は、いい所、改善した方がいい所とヒント、異なる視点から取り入れたいことなどが、簡潔に書いてあったそうです。誰もがこのようなことをしたら大迷惑になりますが、A先生にとっては、「青天の霹靂」だったと、大感激でした。 (BOKE三宅)

★備考★[成美教育文化会館]で検索すると、「かけはし」のほか「メッセージ」「Q&A」「ほん本ブック」をはじめ「一宇荘」や「至楽荘」の利用の仕方、「成美教育文化会館」の会場貸出など様々な情報が閲覧できます。ご利用ください。

posted by 豊島修練会 at 12:52| しゅうれん会からのメッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月01日

会館だより「かけはし」

         月より団子!

 今年の春は、新型コロナウイルスの感染防止のために、花見はお預けになりました。勿論、桜の花見です。

でも、多くの人たちは、「花より団子」で花はそっちのけ、3密で、美味しい物をつまみながら酒を酌み交わし楽しみます。

この状況を「花より団子」と言います。これは、「花見できれいな花を眺めるよりも、美味しい団子を食べる方がいい」ということです。転じて、名より実利を重んじることや、風流の分からない人のことを「花より団子」と言うようになったそうです。

 ところで、秋には中秋の名月(十五夜、満月)を鑑賞する習慣があります。今年は、10月1日(旧暦8月15日)です。現在は少なくなりましたが、昭和時代は、団子やススキ(おばな)をお供えして、家族で満月を楽しんだものです。もっと昔は、月見団子、里芋、枝豆、秋の七草(ハギ、キキョウ、クズ、ナデシコ、ススキ、オミナエシ、フジバカマ)を飾り、満月を鑑賞したそうです。

 団子を食べると健康と幸福が得られ、ススキは稲穂の代わりで、農作物の豊作や子孫繁栄を願う意味があると言われています。

 面白いことに、お供えした団子を誰かに盗られると縁起がいいと言われました。そんなことで、私の子供の頃は、友だち数人とあちらこちらの家の庭に忍び込んで、お団子をたくさん集めたものです。

子どもにとっては、満月を仰いで観賞したり、稲の豊作や家族の健康に感謝するよりもまずは団子を食べたり、よその家の団子をもらったりすることの方が楽しかった思い出があります。まさに、「月より団子」だったのです。 

(「月より団子」のKH)

<備考> [成美教育文化会館]で検索すると、「かけはし」「メッセージ」「Q&A」「ほん本ブック」をはじめ「一宇荘」「至楽荘」「成美教育文化会館の会場貸出」など様々な情報が閲覧できます。一度、検索してみてください。

posted by 豊島修練会 at 10:31| 会館だより「かけはし」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月25日

しゅうれん会「気になる一冊」

 子どものほん(子ども、小学生&中学生)

安藤英明著「小学校6年生までに必要な作文力が1冊でしっかり身につく本」かんき出版 本体1200

 本を読むのは好きですが、作文を書くこと、感想文を書くこと、意見を書くこと、調べたことや実験したことをまとめることなどは「にがて!!」という子が多いです。

 この本は、「文章を書くには、どのようにしたらいいか」を、例をあげて説明したものです。図書館などで見かけたら、どこかを読んでまねしてみましょう。

   大人の本(パパ&ママ、ジジ&ババなど)

北杜夫著「どくとるマンボウ航海記」 新潮文庫 本体500

 書名は誰でも知っているのに、全体を通して読んだ人が意外に少ない不思議な本です。

 著者(どくとるマンボウ=医者のマンボウ)は、ひょんなことから水産庁の漁業調査船の船医として5ヶ月半ほど乗り込んだそうです。その折、航海生活やアジア、アフリカ、ヨーロッパなどに寄港した際の、風景や文化についての感想、うまくいったことや失敗したことなどを軽妙なタッチで綴った航海日誌です。

まだ、新型コロナの感染拡大が気になるこの頃、ステイホームで時間に余裕があるときに、じっくりと読んでみたらいかがでしょうか。

  学校の先生のブック(小学校・中学校の先生)

研究紀要第99号「小・中学校における言語能力育成の現状と今後の取組について」

一般財団法人教育調査研究所(2020年5月) 本体909円 

 言語能力は、新学習指導要領における重点事項の1つです。国語科だけで育成するものではなく、全ての教科・領域で育成を目指すべき内容です。

 内容構成は、学習指導要領における言語活動の取り扱い、学校における言語能力育成の実態、言語能力育成に取り組む実践校の事例、研究のまとめ、さらに学識経験者からの提言からなっています。100頁程の小冊子ですが、内容の濃い1冊です。                    (BOKE−K)

 ★備考★話題提供のために紹介しているだけで、購読を勧めるものではありません。

 [成美教育文化会館]で検索すると、「かけはし」「メッセージ」「Q&A」「気になる1冊」をはじめ「一宇荘」「至楽荘」「成美教育文化会館の会場貸出」など様々な情報が閲覧できます。是非、覗いてみてください

posted by 豊島修練会 at 09:50| しゅうれん会 気になる一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする