2017年04月20日

おすすめの「ほん・本・ブック」


 子どものほん(子ども、小学生&中学生) 

サンキュウタツオ著「国語辞典の遊び方 学校では教えてくれない!」 角川書店 本体640

 何かわからないことがあるとき、パソコンで調べ、それですませていませんか。この本は、「詳しく分かる」「使い方の例も出ている」「いろいろなことが自然にわかる」などと、辞書や辞典を引いて調べることをすすめています。

少し難しいと思いますが、@国語辞典はみなちがう、A国語辞典のルーツ、B辞典の中にもブランドがある、C国語辞典は2冊持つ時代、Dなぜ、こんなに多様化したのか?E忘れちゃいけない文法問題、など、いろいろなことが分かってきます。

 わたしも、「なるほど」と思いながら読み終えました。小6と中2の孫が、けっこう読んでいるから、面白いなのかもしれません。これからわからないことがあったら、電子辞書やパソコンだけでなく、辞典調べることもしてくださいね。


    大人の本パパ&ママ、ジジ&ババなど)

PHP「のびのび子育て20174月号」PHP研究所 本体362

 子どもに、ついつい「早く!」と言って、イライラしがちである。我が家の大人たちもそうである。今月号は、「早く!がなくなる朝と夜の習慣―もう、イライラしなくていい」で、「3,5,7歳で変えよう「早く!」の上手な伝え方」を具体的に、分かりやすく紹介している。

早く出かけたい時間のない時に、子供がもたもたしていたら、自分で「やりたい!」と言い張るときなどどうしますか、このようなことの対処法が紹介されている。

 また、特別企画として、知らないと困る“トラブル回避”ポイント!「ママ友づきあいでやってはいけない15」も、参考になって、心が少し軽くなる。


  学校の先生のブック小学校・中学校の先生)

 建築家山嵜一也著「イギリス人の、割り切ってシンプルな働き方“短く働く”のに“なぜか結果を出せる”人たち」  KADOKAWA 本体1300円    

 EUの離脱で国際的な話題になっているイギリス、この国の人々イギリス人はどのような人たちなのでしょうか? ロンドン五輪の現場監理(設計図通りに進んでいるか監督する)を行った山嵜氏が、在英12年間の体験を綴った本で、日本人として我が身を振り返ってみるきっかけとなる。

「割り切って働く」「確実に休みを取る」「17時で退社する意思」「上司とのフラットな関係」「目的から逆算して考える」「多様性を受け入れる」「できないではなく、やらない」「未来は予測しない。つくる」など、夢のような働き方だ。「明日からの有給休暇を万全の体調で迎えるために、今日は会社を休むわ」には、さすがに驚いた。     (YAYU

★備考★話題提供として本を紹介しているだけで、購読を勧めるものではありません。 [成美教育文化会館]で検索すると、「かけはし」「メッセージ」「Q&A」「ほん本ブック」をはじめ「一宇荘」「至楽荘」「会館の会場貸出」など様々な情報が閲覧できます。ご利用ください。

posted by 豊島修練会 at 16:21| おすすめの「ほん・本・ブック」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月12日

しゅうれん会からのメッセージ

★★4月 修練会メッセージ.pdf


 子どもたちへ(小さなお子さんには読んであげてください)

 次の当てはまるところに、○を付けてください。いくつ○を付けてもいいです。

( )いじめられたことがある。    ( )いじめたことがある。

( )自分はいじめをしていない。   ( )これからもいじめはしない。

( )いじめをされたら、先生やお父さん、お母さん、家族に相談する。

( )いじめられている人がいたら助けてあげる。

( )いじめられている人がいたら、先生やまわりの大人の人に知らせる。

 どうでしたか? いじめは友達を悲しませるとてもいけないことです。絶対にいじめをしないようにしましょう。


   大人の皆様(パパ&ママ、ジジ&ババなど)

 ほとんどの保護者は、「学校で我が子が、もしやいじめられていないだろうか?」と心配している。また、AをいじめたとされたBは「○○だったから…」「遊びのつもりだった…」などと言い訳をしたり、Bの関係者は「うちの子どもはいじめていないと言っている…」「いじめられる側にも理由がある…」などと弁護したりすることが少なくない。

いじめとは、「心理的・物理的に影響を与える行為(インターネットを通じて行われるものも含む)であって、子供が心身に苦痛を感じているもの」であるということを再確認する必要がある。そして、一番大事なことは「我が子にはいじめを絶対にさせない」「我が子は、いじめをしていない」と言い切れる状況にすることである。そうなれば、「いじめられる子」はいなくなるのである。


  学校の先生がたへ

 学校・教員の多くは、「いじめられる子を0(ゼロ)にしたい」と思って、学級経営の充実、道徳科の授業の工夫、特別活動(特に学級指導)、生徒(生活)指導の充実などに努力している。

しかし、いじめ問題に無関心であったり、いじめられる子供の方にもなにがしかの要因があるとしたり、当該の子供の心身の苦痛の有無を軽んじ「いじめであるかどうか判断できないということで指導・対応を先送りになったりしているという状況があるようである。

このような学校では、ことが表に出ると、はじめは「いじめの事実はなかった」と申し開き、事態が大きくなると「指導・対応が不十分だった。十分調べて、今後はそのようなことのないようにしたい」となり、調査・確認し最終的には「いじめがあった。当該の子供及び関係者に心からお詫びしたい。今後は、再発しないよう取り組みたいと思います」と言う対応になることが多く、虚しくかつ残念に感じることが多い。そこで、先生方に「自分の学級の子供たちは、絶対にいじめをしていない」と、言い切れる指導をお願いした。(YAYU

★備考★なお、話題提供として本を紹介しているだけで購読を勧めるものではありません。 [成美教育文化会館]で検索すると、「かけはし」「メッセージ」「Q&A」「ほん本ブック」及び「一宇荘」「至楽荘」「会館の会場貸出」など様々な情報が閲覧できます。ご利用ください。

posted by 豊島修練会 at 10:38| しゅうれん会からのメッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月01日

会館だより「かけはし」

       遠くの「目標」、近くの「めあて」 
      
 4月は、緑と花の季節です。そして、初めての保育園や幼稚園、幼稚園から小学生、小学生から中学生、中学生から高校生または社会人などと、次の段階へのスタートをする「ご入学(進級、就職)おめでとうございます」の季節でもあります。
きっと、新しい所(学校、学年、学級、職場)に対する「大丈夫かな?」という不安と、「よし頑張るぞ!」という気持ちと、「あれをやってみたい!!」という希望などが、いろいろに混じった複雑な気持ちになっているのではないでしょうか。
この時期に、子供とおやつでも食べながら「大きくなったら何になりたいか?」「大きくなったら何になりたいか?」「何を頑張るか?」「何をしたいか?」「どんな風に過ごしたいか?」「何か心配なことはあるか?」「お父さんやお母さんにしてほしいことは何か?」など、話題にして、話し合ってみましょう。
その際、親としての希望や期待を一方的に言い聞かせるのは控えて、子供を主役にして語らせるとよいと思います。日頃の子供からは想像できないような、結構、いいことを言うものですよ。子供って、毎日傍にいると気付かないのですが、それなりにずいぶん成長しているものです。
そして、最終的には、「自分は何になりたいというような」遠くの目標(大きな目標)と、「明日からでもすぐ取り組めそうな」近くのめあて(小さなめあて)が、少しはっきりしてきたら、素晴らしいです。
「遠くの目標」を実現するために、今できる「近くのめあて」を1つずつ達成していくような考え方と、行動がとれるようになったら、素晴らしいです。
 この「遠くの目標」と「近くのめあて」と言う考え方は、勉強でも、スポーツでも、将来なりたいことでも、何にでも通用する考え方だそうです。子どもたちの皆さん(ご家族の皆さんも)、どうぞ、いろいろなことに挑戦してください。応援していますよ。
私は、後期高齢者ですが、子供たちに負けない前向きの「遠くの目標」と「近くのめあて」を持って、元気良く過ごしたいと思います。                           (YAYU)
(注:「目標」と「めあて」は、同じような意味ではないかと言われますが、ここでは、目標は「ゴール」、めあては目標を達成する「途中の小さな目標」の意味で使いました)
★備考★ [成美教育文化会館]で検索すると、「かけはし」「メッセージ」「Q&A」「ほん本ブック」をはじめ「一宇荘」「至楽荘」「会館の会場貸出」など様々な情報が閲覧できます。ご利用ください。

続きを読む
posted by 豊島修練会 at 12:24| 会館だより「かけはし」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

会館だより「かけはし」

       遠くの「目標」、近くの「めあて」 
      
 4月は、緑と花の季節です。そして、初めての保育園や幼稚園、幼稚園から小学生、小学生から中学生、中学生から高校生または社会人などと、次の段階へのスタートをする「ご入学(進級、就職)おめでとうございます」の季節でもあります。
きっと、新しい所(学校、学年、学級、職場)に対する「大丈夫かな?」という不安と、「よし頑張るぞ!」という気持ちと、「あれをやってみたい!!」という希望などが、いろいろに混じった複雑な気持ちになっているのではないでしょうか。
この時期に、子供とおやつでも食べながら「大きくなったら何になりたいか?」「大きくなったら何になりたいか?」「何を頑張るか?」「何をしたいか?」「どんな風に過ごしたいか?」「何か心配なことはあるか?」「お父さんやお母さんにしてほしいことは何か?」など、話題にして、話し合ってみましょう。
その際、親としての希望や期待を一方的に言い聞かせるのは控えて、子供を主役にして語らせるとよいと思います。日頃の子供からは想像できないような、結構、いいことを言うものですよ。子供って、毎日傍にいると気付かないのですが、それなりにずいぶん成長しているものです。
そして、最終的には、「自分は何になりたいというような」遠くの目標(大きな目標)と、「明日からでもすぐ取り組めそうな」近くのめあて(小さなめあて)が、少しはっきりしてきたら、素晴らしいです。
「遠くの目標」を実現するために、今できる「近くのめあて」を1つずつ達成していくような考え方と、行動がとれるようになったら、素晴らしいです。
 この「遠くの目標」と「近くのめあて」と言う考え方は、勉強でも、スポーツでも、将来なりたいことでも、何にでも通用する考え方だそうです。子どもたちの皆さん(ご家族の皆さんも)、どうぞ、いろいろなことに挑戦してください。応援していますよ。
私は、後期高齢者ですが、子供たちに負けない前向きの「遠くの目標」と「近くのめあて」を持って、元気良く過ごしたいと思います。                           (YAYU)
(注:「目標」と「めあて」は、同じような意味ではないかと言われますが、ここでは、目標は「ゴール」、めあては目標を達成する「途中の小さな目標」の意味で使いました)
★備考★ [成美教育文化会館]で検索すると、「かけはし」「メッセージ」「Q&A」「ほん本ブック」をはじめ「一宇荘」「至楽荘」「会館の会場貸出」など様々な情報が閲覧できます。ご利用ください。

続きを読む
posted by 豊島修練会 at 12:23| 会館だより「かけはし」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月29日

おすすめの「ほん・本・ブック」



子どものほん(子ども、小学生&中学生)

 メアリー・ポープ・オズボーン著・食野雅子訳

「マジックツリーハウス第15巻ドラゴンと魔法の水」 メディアファクトリー本体780


 空想や冒険が大好きで、動物とすぐ仲良しになれる女の子アニーと、読書と自然観察が大好きで観察したことを何でもノートに書くジャックの冒険物語です。

 木の上に作った小屋で遊んでいるうちに、冒険の世界にまよいこんでしまい、昔のイギリスのアーサー王をめぐる物語となります。

 キャメロットからの招待状、アーサー王のなげき、ドラゴンとの対決、魔法使いマーリンなど16の話を楽しむことができます。さし絵とやさしい文章、漢字にはフリガナがふってあり、とても読みやすく、楽しめます。


  大人の本(パパ&ママ、ジジ&ババなど)

佐藤優・井戸まさえ著「小学校社会科の教科書で、政治の基礎知識をいっきに身に付ける〜これだけは知っておきたい70のポイント〜」東洋経済 本体1000


 満18歳で選挙権のある時代、TVや新聞で、日本や世界の政治のことが話題にならない日はありません。「これはどういうこと?」「どうなっているのか?」と知らないことが少なくありません。

でも、たいていは、小学校6年生の社会科で学んでいます。すっかり忘れていたのです。

この本を読むと、国会、内閣、裁判、憲法、三権分立、税金、選挙などについて、正しい知識を整理することができます。大人が、政治について正しい知識を持ち、子供たちのため、自分のため、家族のために行動することは大切なことです。ということが分かります。これだけの知識があれば、TVなどを見ながら家族で話題にするのにも役立ちます。



  学校の先生のブック(小学校・中学校の先生)

 南野忠晴著「正しいパンツのたたみ方」 岩波ジュニア新書 本体840

 この本のサブタイトルは「新しい家庭科の勉強法」です。


 著者は、高等学校の英語の教師でしたが、家庭科の教師になりました。「朝から寝ている生徒、なにをやるのもダルそうな生徒、あらゆることに無気力オーラを出し続けている生徒、いつも不機嫌で人やモノにあたっている生徒、顔色が悪く保健室通いが日常茶飯事になっている生徒」が気になり、その原因が「心の問題」ではなく、「生活の問題」だと気づいたからなのだそうです。

 現在、著者は、中学校の家庭科の教師をしていますが、子供が「生活力」を身に付ければ、現在の生活がきちんとできるようになるとともに、今後の人生にも役立つと主張しています。

 子供のために書かれた本ですが、大人、特に教師が読むと、基本的な生活習慣が身に付いていない子供の指導、学習習慣を定着させる指導の参考になります。             (YAYU)

★備考★なお、話題提供として本を紹介しているだけで、購読を勧めるものではありません。 [成美教育文化会館]で検索すると、「かけはし」「メッセージ」「Q&A」をはじめ「一宇荘」「至楽荘」「会館の会場貸出」など様々な情報が閲覧できます。ご利用ください。

posted by 豊島修練会 at 10:52| おすすめの「ほん・本・ブック」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする