2017年01月26日

おすすめの「ほん・本・ブック」


 子どものほん(子ども、小学生低学年)

 ジリアン・ドハーティ作、テリ・ガウアー絵、荒木文枝訳「魔法の国1001のさがしもの」PHP研究所 本体780


 魔法の国(まほうのくに)をたんけんして、色々なものをさがす絵本です。ぜんぶで、1001ものさがし物を見つけることができます。さがす場所は、「まほうの国のお城」「ひみつのとしょかん」「おかしなちょうりば」「まほうの国のえん会」「まほうどうぐのお店」「まほうの国の学校」「まほうの国のたたかい」と入り色で、楽しく読んで遊べます。


  大人の本(パパ&ママ、ジジ&ババなど)

鷲田清一著「大事なものは見えにくい」 角川ソフィア文庫 本体743


 確かにそうです。悪い面は目立ち、よく指摘されますが、良い面は認めてもらえません。だから、その辺をうまく立ち回る人が、大したことないのに大きく評価されることがあります。そんな思いの悶々と続いている人生の連続の中、本書の表題に目を引かれ購入した。

 そんな深刻なものではなく、人間の長短のことではなく、物事の本質即ち大事なことは見えにくいという、哲学的、ものの見方・考え方、人間としての生き方・在り方に関するものでした。でも、ほっこりとする内容で、「まあいいか!」と心が軽くなりました。

 どこからでも読むことができて、気の向いたときに、関心のある所を拾い読みして十分に堪能できます。「問い」人生の課題、納得など9編、U「行い」遺憾だけはいかん、ブランド思考など14編、V「間合い」届く言葉・届かない言葉、イメージと妄想など12編、W「違い」ひとを理解するということ、脇役など7編、X「養い」昔の歯医者さん・今の歯医者さん、出納など9編、Y「囲い」学校的な者、おごりおごられなど10編、Z「佇まい」社会に隙間のあった時代、ざわめきの中に気品など8編、[「迷い」夢占い、健康についてのヘンな話など14編。


 学校の先生のブック(小学校・中学校の先生)

 川上徹也著「一言力(ひとことりょく)」  幻冬舎新書 本体800円


 本書は、一言でいえば、物事や考え方の「本質を短い言葉で表現する能力」を身に付けるにはどうしたらよいか著したもので、教師にとって、重要な能力であると思い読んでみた。

 授業の中で、「この文章の大事なことをまとめてみよう」「この考え方を短く言葉で表しましょう」と、子供たちに要求する場面は少なくない。それでいて、教師自身が、どう表現したら良いものかあいまいになり、悩む場面が実に多いものである。

 詳しい内容とポイントは実際に読んでほしいが、キーワードをあげれば「要約力」「断言力」「発問力」「短答力」「命名力」「比喩力」「旗印力」だそうである。教師の「話し方」は重要なだけに、気になるキーワードである。

★備考★なお、話題提供のために本を紹介しているだけで、購読を勧めるものではありません。 [成美教育文化会館]で検索すると、「かけはし」「メッセージ」「Q&A」をはじめ「一宇荘」「至楽荘」「会館の会場貸出」など様々な情報が閲覧できます。ご利用ください。

posted by 豊島修練会 at 15:35| おすすめの「ほん・本・ブック」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする