2017年03月09日

子ども・大人・教師のためのQ&A

★★H29 3月 修練会Q&A.pdf
子どもとのQ&A
(ぎもんやしつもんのある子はすばらしいです!)

Q:国語の時間に、山田さんの意見と小林さんの意見は「いっしょだ」と意見を言ったら、その「言い方はおかしいよ」と先生から注意されました。「どうしてですか?」と質問しましたが、意味が分からず納得できませんでした。説明してください。(小6女子)

A:先生がどのような説明をしたのかわかりませんので、私の考えを言いますので参考にしてください。「友達と一緒(一か所に集まって)に勉強した。お母さんと一緒(つれだって)に買い物に行った。お菓子と飲み物を一緒(一つにすること)の袋に入れた。お父さんとお母さんは、同じ小学校を一緒(同時に)に卒業した。」というように使います。( )の中は意味です。考え方や意見の場合は、「同じ」「似ている」という言い方が正しいです。参考にしてください。


大人とのQ&A(パパ&ママ、ジジ&ババもいつまでも好奇心を!)

Q:夕食時に「私の趣味と友達の木村さんの趣味は『いっしょ』だ!」と言ったら、子供に「その言い方はおかしいよ。『同じ』と言うんだよ。」注意されました。おかしいですか?

A:お子さんは、言葉について感性がとても豊かです。上記の子供のAをご覧ください。「一緒」を「同じ」「等しい」の意味に誤った使い方をする人が多いです。「区別のないこと」や「同一」という意味で趣味が一緒、好みが一緒という使い方をする場合があります。ですからこの場合は、お母さんの言い方も正しい使い方です。お子さんと一緒に、国語辞典や広辞苑で「いっしょ」の意味をを詳しく調べてみてください。


学校の先生がたのQ&A(先生にもわからないことがある!)

Q:算数の研究授業で、「Aの面積とBの面積は『いっしょ』だね」と言ったら、講師の先生に「その言い方はおかしい」と言われてしまいました。「なぜですか?」と聞きそびれてしまいました。どうしていけないのでしょうか?

A:上記の子供のAと大人のAをご覧ください。講師は、「ひとまとめにする、共に、同時に」という意味の言葉「一緒」と、算数用語の「同じ」「等しい」を区別して、正しく使うよう注意を喚起したのだと思います。ということは、「Aの面積とBの面積は『同じ』だ」または「Aの面積とBの面積は『等しい』です」と、いう言い方が正しいのです。

 子どもは、これを区別することなく、どの場合にも「いっしょ」と言うことが多いですが、目くじらを立てず、「そう、同じですね」「なるほど等しいね」と、正しく言い換えるようにするといいと思います。ただし、先生は、子供にとって「日本語、

特に算数用語を正しく使うモデル」ですから、「一緒」「同じ」「等しい」を正しく使いわけてください。                               (YAYU)

★備考★[成美教育文化会館]で検索すると、「かけはし」のほか「メッセージ」「Q&A」「ほん本ブック」をはじめ「一宇荘」「至楽荘」「会館の会場貸出」など様々な情報が閲覧できます。


posted by 豊島修練会 at 11:31| 子ども・大人・教師のためのQ&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする