2017年04月20日

おすすめの「ほん・本・ブック」


 子どものほん(子ども、小学生&中学生) 

サンキュウタツオ著「国語辞典の遊び方 学校では教えてくれない!」 角川書店 本体640

 何かわからないことがあるとき、パソコンで調べ、それですませていませんか。この本は、「詳しく分かる」「使い方の例も出ている」「いろいろなことが自然にわかる」などと、辞書や辞典を引いて調べることをすすめています。

少し難しいと思いますが、@国語辞典はみなちがう、A国語辞典のルーツ、B辞典の中にもブランドがある、C国語辞典は2冊持つ時代、Dなぜ、こんなに多様化したのか?E忘れちゃいけない文法問題、など、いろいろなことが分かってきます。

 わたしも、「なるほど」と思いながら読み終えました。小6と中2の孫が、けっこう読んでいるから、面白いなのかもしれません。これからわからないことがあったら、電子辞書やパソコンだけでなく、辞典調べることもしてくださいね。


    大人の本パパ&ママ、ジジ&ババなど)

PHP「のびのび子育て20174月号」PHP研究所 本体362

 子どもに、ついつい「早く!」と言って、イライラしがちである。我が家の大人たちもそうである。今月号は、「早く!がなくなる朝と夜の習慣―もう、イライラしなくていい」で、「3,5,7歳で変えよう「早く!」の上手な伝え方」を具体的に、分かりやすく紹介している。

早く出かけたい時間のない時に、子供がもたもたしていたら、自分で「やりたい!」と言い張るときなどどうしますか、このようなことの対処法が紹介されている。

 また、特別企画として、知らないと困る“トラブル回避”ポイント!「ママ友づきあいでやってはいけない15」も、参考になって、心が少し軽くなる。


  学校の先生のブック小学校・中学校の先生)

 建築家山嵜一也著「イギリス人の、割り切ってシンプルな働き方“短く働く”のに“なぜか結果を出せる”人たち」  KADOKAWA 本体1300円    

 EUの離脱で国際的な話題になっているイギリス、この国の人々イギリス人はどのような人たちなのでしょうか? ロンドン五輪の現場監理(設計図通りに進んでいるか監督する)を行った山嵜氏が、在英12年間の体験を綴った本で、日本人として我が身を振り返ってみるきっかけとなる。

「割り切って働く」「確実に休みを取る」「17時で退社する意思」「上司とのフラットな関係」「目的から逆算して考える」「多様性を受け入れる」「できないではなく、やらない」「未来は予測しない。つくる」など、夢のような働き方だ。「明日からの有給休暇を万全の体調で迎えるために、今日は会社を休むわ」には、さすがに驚いた。     (YAYU

★備考★話題提供として本を紹介しているだけで、購読を勧めるものではありません。 [成美教育文化会館]で検索すると、「かけはし」「メッセージ」「Q&A」「ほん本ブック」をはじめ「一宇荘」「至楽荘」「会館の会場貸出」など様々な情報が閲覧できます。ご利用ください。

posted by 豊島修練会 at 16:21| おすすめの「ほん・本・ブック」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする