2017年06月01日

会館だより「かけはし」

      
       前向きでどんどん変わるのが子供

 心理学者で波多野完治(はたのかんじ)の本を、学生時代も、教師になってからもよく読んだものです。少しも身に付きませんでしたが。ところで、波多野先生の本「千年語録・次世代に伝えたい珠玉の名言集」の中に次のような言葉があります。
                                                                                          
「昔はよかった」とよく聞きますね。が、本当に昔がよかったのか、そうじゃない。新しい時代に適応できなくなっただけです。                                               
 大人、特に高齢者は、「昔の若者は〜〜でしっかりしていた」「昔は、〜〜で、よかった」「最近の子供は〜〜」などということを口にすることが多いようです。かく言う私もそうであります。確かに、波多野先生の言葉通り、「現在の変化や新しい流れ」についていけないのかもしれないと思うことはよくありました。
 そういえば、「昔ガヨカッタワケガナイ」という本を読んだことがあります。詳しいことは忘れてしまいました(覚えているのだが、思い出すのが苦手になってしまった)。今の状況より昔の方がよかったと思い込みがちですが、今の方が色々な面から良いことの方がはるかに多いと、具体的に書いてありました。そう言えば、そうだと納得したように思います。
 ところで、未来が無限な子供のことに話題を移しましょう。
 私が、最後に勤務していた学校の教育目標は「みがく、かかわる、未来をひらく」でした。子供どもたちに自分「心と頭と体」を磨いてほしいということです。そして、「友だちと関わってほしい、社会とかかわってほしい、コミュニケーションがとれるようになってほしい」ということです。さらに、「未来に希望や目標をもって前向きに過ごしてほしい」と考えたからです。この目標は、もう30年も続いていますが、気に入っています。未来志向になっているからです。
 そこで、子供を、未来志向で育てることをお勧めします。子どもは、「何をして遊びたい」「あれをしたい」「何になりたい」「こういう仕事がしたい」などと前向きに考え、前向きに行動していくように仕向けたいものです。「昨日は楽しかった、今日も楽しかった、明日はもっと楽しくしたい」と言う子供は素晴らしいと思います。でも、それは固定したものでなく、明日や将来の希望はどんどん変化するのが子供で、その連続の中で育っていくように思います。
「明日も…」「明日は…」「明日こそ…」と言う前向きな子供を育てましょう(YAYU)
★備考★ [成美教育文化会館]で検索すると、「かけはし」「メッセージ」「Q&A」「ほん本ブック」をはじめ「一宇荘」「至楽荘」「会館の会場貸出」など様々な情報が閲覧できます。

posted by 豊島修練会 at 10:39| 会館だより「かけはし」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする