2017年06月20日

子ども・大人・教師のためのQ&A

 子どもとのQ&A(ぎもんやしつもんのある子はすばらしいです!)

Q:学級会で、Aさんの意見に、反対意見を言ったら、後で「なんだ!ケチをつけて…」と言われてしまいました。どうしたらいいですか?(小5)

A:話し合いで、よく分からない部分に「〜〜のところがよく分からないので、もう一度説明してください」「〜〜は、どういう意味ですか、教えてください」などと相手の意見に質問したり、反対の意見を言ったりすることは、悪いことではありません。

だから、友達の考えは認めて、「Aさんの意見はよく分かりました。それもいいと思います。でも、〜〜という考えもあると思います」とか、「Aさんの意見はとてもいい考えだと思います。ここを〜〜と変えたらもっと良くなると思います」というような言い方をするとよいと思います。

 大人とのQ&A(パパ&ママ、ジジ&ババもいつまでも好奇心を!)

Q:保護者会で、発言するのが苦手で困っています。どうしたらいいでしょうか?

A:人前で話したり、意見を言ったりすることは、慣れないと、誰も気おくれがするものです。まず、他の皆さんが、話したり、意見を言ったりしているとき、どのような言い方をしているかうなずきながらよく聞いてください。そして、この話し方は感じがいいな、この意見の言い方は素敵だなと思ったら、それを見習うようにしてみたらいかがでしょうか。慣れるまでは、参加する前に、何を話そうか、どのような意見を言おうかと考え、短く、丁寧な言い方で話すとよいと思います。聞き上手は、話し上手と言います。


 学校の先生がたのQ&A先生にもわからないことがある!)

Q:研究協議会の講師の指導で、納得できないことがあります。こんなときどうしたらよいですか?

A校内研究の講師の話の内容に、疑問に感じることや納得できないことはよくあることで当たり前のことです。分からいことに関しては「〜〜について、もう少し詳しく教えてください」とか、「〜と言う意見がありますが、先生はどうお考えですか?」

と質問してみてください。

 また、納得できない場合も、「これについて、〜〜と考えますが、どうでしょうか?」「これについては、〜〜だと思います」などと、自分の意見を言うことは一向に構いません。

 協議会が終わった後で、講師の指導を実行して「うまくいった」「駄目だった」ということを確かめることも、納得できなかったので「自分で工夫たらうまくいった」など、主体的に授業づくりに生かすことが重要です。                                YAYU

★備考★[成美教育文化会館]で検索すると、「かけはし」のほか「メッセージ」「Q&A」「ほん本ブック」をはじめ「一宇荘」「至楽荘」「会館の会場貸出」など様々な情報が閲覧できます。


posted by 豊島修練会 at 10:06| 子ども・大人・教師のためのQ&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする