2017年07月05日

会館だより「かけはし」

        自分も、ほかの人も守る!! 

 暇を持て余し片づけをしていたら、当時勤務していた東京学芸大学付属小金井小学校の古い「生活指導だより(昭和55年=1980年、7月)」が出てきました。今でも通じる内容でしょうか?
余計なことですが、当時は1学級45人で、各学年4学級あり、私は初めて学年主任(4学年)になり、遠藤慈郎、小林道正、佐藤澄子(いずれも仮名)の先生方と、子どもへの教育的愛情に燃えて、あれこれ頑張っていたことを懐かしく思い出します。

 <安全を意識させて行動させる>
  夏休みの事故では、交通事故(特に自転車による事故)が多いです。
 自分の命を守るために規則は絶対に守らなければならないことを具体的 に、体験的に躾けることが大切です。叱られるからではなく、自分の命 を守るために安全を心掛け実行させたいものです。
★最近は、自転車が加害者になることがありますから、自分の安全のためだけでなく、他人(特に、高齢者や幼児)にけがをさせないようにすることも大切です。
また、歩道を歩いていても、青信号で横断歩道を渡っていても「交通ルールや安全義務違反の自動車」の乱暴運転(無謀運転)で事故に遭うことがありますから、十分安全を確かめる必要があります。

 <結果を予測して行動させる>
  花火と水の事故も多いです。子供だけで花火をしたら、説明書をよく 読まないで花火をしたら、子供だけで泳いでいたら、ライフジャケット を着ないでボートに乗っていたら…どのようなことが起こるでしょう か?
  ある程度の「結果の予測」をさせ、その予防としての行動がとれるよ うにすることが必要です。家族で話し合うことをお勧めします。
★現在では、保護者もよく理解して、このような事故が減りました。とはいっても、花火による火傷や火事、海や川などの水の事故が少なくありません。最悪のことを想定して、安全第一で遊ぶように躾けることが大切です。もちろん、花火や川遊びなどは「大人と一緒にする」が原則です。(YAYU)
★備考★ [成美教育文化会館]で検索すると、「かけはし」「メッセージ」「Q&A」「ほん本ブック」をはじめ「一宇荘」「至楽荘」「会館の会場貸出」など様々な情報が閲覧できます。ぜひご利用ください。

posted by 豊島修練会 at 11:05| 会館だより「かけはし」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする