2017年08月09日

しゅうれん会からのメッセージ

  子どもたちへ(小さなお子さんには読んであげてください)

 夏休みは楽しく過ごしていますか? 宿題や自由研究は、計画を立てて、なるべく早く済ませて、自分の考えたことが、自由にできる時間をたくさん作ったらいかがですか? 

 私は子供の頃、友達と協力して、宿題や自由研究をなるべく早く終わらせ、残り毎日を釣りや昆虫採集、遊び、サッカーなどに使いました。

おうちの人と相談して、元気に、楽しく過ごしてください。

   大人(パパ&ママ、ジジ&ババなど)の皆様へ

「子供を勉強好きにするには?」というTV番組を見ていたら、居間に「図鑑や事典」を置いておき、何か「?」になることがあったらそのままにせずすぐに調べるようにしておくことを進めていました。

 私の友人の横山さんは、百科事典を見る(読む)ことが趣味で、調べることがなくても、ページをめくってあれこれ楽しんでいます。

好奇心旺盛で、自分から進んで勉強しています。単なる物知りだけでなく、物事を多様な視点から考えるので、仕事の面でも、趣味の面でも、生き方の面でも、周囲のみんなから信頼される存在になっています。

  学校の先生がたへ

 今年度は、新学習指導要領の趣旨徹底の年です。いったいどのように研修したらよいか悩みます。学校として計画的に研修している場合もありますが、個人に委ねられているときは、次のものを、少しずつ読み取っていくことをお勧めします。

@文部科学省「幼稚園教育要領、小・中学校学習指導揚力改訂のポイント」(平成292月)

A文部科学省「小学校学習指導要領」、「中学校学習指導要領」(平成29331日告示)

B文部科学省「小学校学習指導要領解説○○編」、「中学校学習指導要領解説○○編」(平成296月〜7月)

C文部科学省「小学校及び中学校の学習指導要領に関する移行措置なら部に移行期間中における学習指導等について(平成2977日)

D文部科学省「中央教育審議会答申」(平成281221日)

 これらを個人的に研修するのは、超多忙に先生方には難しい事ですから、仲間とチームを作り、分担して進めることが実際的です。やはり、学校全体で考えることがベターだと思います。学習指導要領そのものについては@とA、総則や各教科等については@とBを中心に進めると良いと思います。なお、Aに関して新旧を比較したいときは、各社から様々に出版されていますが、例えば、「小学校(中学校)学習指導要領新旧比較対照表」教育出版(本体1200円)があります。                       (YAYU

★備考★「豊島修練会」又は [成美教育文化会館]で検索すると、「かけはし」「メッセージ」「Q&A」「ほん本ブック」の情報が読めます。その上、「一宇荘」「至楽荘」の利用、「成美教育文化会館」の会場貸出の情報が閲覧できます。ご利用ください。

posted by 豊島修練会 at 15:46| しゅうれん会からのメッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする