2017年11月15日

しゅうれん会からのメッセージ

子どもたちへ(小さなお子さんには読んであげてください)

 学校やお家で、先生やお父さんやお母さんから「あいさつは、きちんとはっきりしましょう」「言葉は正しく使いましょう」「相手に失礼のないような言い方をしましょう」と、言われたことがありますか。

 言葉づかいは、自分の気持ちや考え方、意見などを伝える大切なことですから、国語の時間や、生活の中で、正しい日本語の使い方を身に付けましょう。


大人の皆様へ(パパ&ママ、ジジ&ババ)

 文化庁が調査した国語に関する調査結果に関連して、クイズ形式でお尋ねします。

@相手をどのようにお呼びしますか? A山田さんと名字で呼ぶ、B鈴木先生、横山館長など役職で呼ぶ、Cあなたと呼ぶ、Dおたくさま・あなたさまと呼ぶ。 答え(     )

A「あとで後悔する」という言い方は、気になりましか? 答え○をつける(気になる))(気にならない)

B「一番最後」は、気になりますか? 答え○をつける(気になる))(気にならない)

C「目が点になる」は使いますか? 答え○をつける(使う)(使わない)

D「さわり」はどのような意味ですか?

 答え○をつける(話の要点のこと)(話の最初の部分のこと)

E「ぞっとしない」はどのような意味ですか?

 答え○をつける(面白くない)(恐ろしくない)

F「卑劣なやり方で失敗させられる」の意味で、どちらをつあきますか?

       答え○をつける(足をすくわれる)(足下をすくわれる) 

★@Aが63%、Bが33%、C答え19%という傾向だそうです。 A「後悔する」が正しい言い方です。B「最後」が正しい言い方です。C使う人が46%です。D本来の意味は「話の要点」のことで36%でした。E本来の意味は「面白くない」で23%でした。F正しくは「足をすくわれる」で26%でした。

★日本語は正しく使いましょう。


学校の先生がたへ

 教師は、子どもたちにとって「正しい」「美しい」「心のこもった」日本語の使い方のモデルです。授業の中で、学校生活の中で、正しい日本語を使うように心がけましょう。

また、子どもたちに敬語の使い方をしっかりと指導しましょう。言葉の使い方で誤解が生じトラブルになったり、言葉の使い方で心が通いあったりします。

 「その一言で励まされ、その一言で夢を持ち、その一言で腹が立ち、その一言でがっかりし、その一言で泣かされる、ほんのわずかの一言が、不思議な大きな力持つ、ほんのちょっとの一言が」という詩があります。じっくりと味わいかつ子供にも紹介しましょう。

★備考★[成美教育文化会館]で検索すると、「かけはし」のほか「メッセージ」「Q&A」「ほん本ブック」をはじめ「一宇荘」「至楽荘」「成美教育文化会館の会場貸出」など様々な情報が閲覧できます。ご利用ください。

posted by 豊島修練会 at 10:25| しゅうれん会からのメッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする