2018年01月06日

会館だより「かけはし」

         お正月.pngあけましておめでとうございます。
      
  新年明けましておめでとうございます。健やかに新年をお迎えのこととお慶び申し上げます。
 旧年中は「かけはし」をご愛読賜り、ご感想や励ましなど頂戴し、ありがとうございました。また、成美教育文化会館、鵜原の至楽荘、茅野の一宇荘をご利用賜り、このことにつきましても心から御礼申し上げます。
 今年も、「地域の文化教育センター」として、また、「児童生徒の体験活動の場」などとしての役割が果たせるよう、職員一同誠実に努力いたします。
どうか、旧年に倍してのご指導・ご支援・ご利用のほどよろしくお願い申し上げます。
          平成30年元旦
                         公益財団法人豊島修練会・成美教育文化会館 事務局一同

        指を使ったかけ算九九

  今月は、昔ヨーロッパの農民が使っていたと言われている指を使った九九(ただし、かける数もかけられる数も6以上の場合)の仕方を紹介します。 
指.jpg




 小指6、薬指7、中指8、人差し指9、親指10とします。6×9は次のようにします。自分の方に両手を広げ、左手の6の指を折り、右手の6789の指を折ります。折った指1本は10と考えて10+40=50、折っていない指は1と考えてかけ算をして4×1=4とし、両方を足して50+4=54とします。つまり、6×9=54と求められます。
 9×8はどうしますか?自分の方に両手を広げ、左手の6789の指を折り、右手の678の指を折ります。折った指1本は10と考えて40+30=70、折っていない指は1と考えてかけ算をして1×2=2とし、両方を足して70+2=72とします。つまり、9×8=72と求められます。(教育社「第4学年トレーニングペーパー」昭和51年6月号p11に、私が紹介したものです)     ところが、最近、新聞で「両手でわかる九九の解」と言う記事を読みました。
かけはし 指.png



  それによると、考え方は同じですが、やり方のちょっと違う方法が紹介されていました。9×8で説明していました。それによると、両手を広げて9と10の差が1なので左手の指を1本折る。8と10の差は2なので右手の指を2本折る。立っている指は4+3=7で十の位、折っている指は1+2=2で一の位、よって98=72となります。(読売新聞2017年10月25日サイエンスナビゲーター桜井進「週刊たま手箱」) 新聞には、なぜ九九の答えが指を使って求められるかを、図と式を使って数学的に解説してあります。
★備考★ [成美教育文化会館]で検索すると、「かけはし」「メッセージ」「Q&A」「ほん本ブック」をはじめ「一宇荘」「至楽荘」「会館の会場貸出」など様々な情報が閲覧できます。




      

posted by 豊島修練会 at 13:59| 会館だより「かけはし」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする