2018年02月01日

会館だより「かけはし」

        「忘れ物」に困っています!

 忘れ物に困っている人は、子ども(宿題をやったのに学校に持っていくのを忘れた)から大人(改札口でパスモの忘れに気付いた)、高齢者(コンビニで代金を払おうとしたら財布を忘れた)に至るまで、大勢います。忘れ物をしない「コツ」はないのでしょうか。
 アメリカの大学のジェームズ・リーンズ博士は、忘れ物について研究しました。リーズン博士は、失敗をする傾向には、ボケ型とドジ型の2種類があることを発見しました。
〇ボケ型:記憶力に原因のある失敗です。待ち合わせをすっぽかした、風呂の電気を消し忘れたなど、しなければならないことを、つい忘れてしまうのです。
〇ドジ型:注意力に原因のある失敗です。違う雑誌を買ってしまった、行き先の違う電車に飛び乗った、石につまずいて転んだなど、うっかりした失敗です。
 また、リーンズ博士は、失敗を次の3つのタイプにも分けています。
★スリップ型:動作のミスが原因の失敗です。宿題をファイルにはさんだのに、違うファイルを持っていったなど計画は良かったが、実行の段階で失敗してしまったものです。
★ラプス型:記憶のミスが原因の失敗です。友達に頼まれたものを袋に入れようとしていたら、宅急便の対応をしていて、入れ忘れてしまったなど計画を実行している途中で、計画を忘れてしまったものです。
★ミステイク型:計画の間違いによる失敗です。今日の会合で必要な物だと入れたが、実は役立たない物であったなど、正しく実行していたが、計画が間違っていたものです。
 忘れ物は、この3つの★に対策をすると少なくすることが出るそうです。
★スリップ型は、確認をすることを心掛けることによってかなり防げます。
★ラプス型は、メモに書いて見やすい所に貼っておいたり、スマホにメモを入れておいたりし、確認するようにすると効果があります。
★ミステイク型の忘れ物を少なくするのは、意外と難しいものです。「何をするのだ(目的、計画)」から、「これが必要なのだ(行動、実行)」と、きちんと計画ができるようにする必要があります。
 あなたの、あなたのお子様の忘れ物の傾向は、3つの★のどれが多いですか。多くの人は、★ラプス型が多いのだそうです。ともかく、一番効果があるのは「確認すること」だそうです。余りにも当たり前すぎますが、「簡単」で「当たり前」のことが、実は大事なのですね。(BOKE三宅)
★備考★ [成美教育文化会館]で検索すると、「かけはし」「メッセージ」「Q&A」「ほん本ブック」をはじめ「一宇荘」「至楽荘」「会館の会場貸出」など様々な情報が閲覧できます。ぜひご利用ください。

posted by 豊島修練会 at 10:25| 会館だより「かけはし」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする