2018年02月22日

子ども・大人・教師のためのQ&A

子どもとのQ&A(ぎもんやしつもんのある子はすばらしいです!)

Q:先生から「4月から英語の勉強が始まるよ」と聞きました。自信がありません。どうしたらよいでしょうか?(小5男子)

A4月から新しく56年生は、外国語科(英語)と言って、英語を聞いたり話したりする学習が始まります。でも、いきなり難しいことをするわけではありません。学校の先生は、皆さんが楽しく英語を学べるように工夫してくださいますから心配はいりません。文部科学省が、皆さん全員に教材(教科書のようなもの)を配ってくれ(無料)、それを使って勉強します。街を歩いているとき、テレビを見るとき、ちょっとだけ「英語で話したり、聞いたりすること」に興味を持ってください。外国人を見かけたら思い切って話しかけてみましょう。きっと、英語を話したり、聞いたりすることが楽しくなってきますよ。

大人とのQ&A(パパ&ママ、ジジ&ババもいつまでも好奇心を!)

Q4月から「外国語活動」といって、3年生から英語の学習が始まると、保護者会で担任の先生から聞き、びっくりしました。塾へ通わせた方がいいでしょうか?(小2母)

A:新しく4月から34年は「外国語活動」と言って、英語に親しむ活動が始まります。英会話を本格的に勉強するのではなく、英語の歌やゲームなどを通して、慣れ、親しむようになることが中心の学習です。文部科学省は子供たちに配った補助教材(無料)を使って楽しく勉強するのです。TV番組でけっこう英語の歌やゲーム、幼児・子供向けの英語講座などが放送されていますから、無理のないように視聴させたらいかがでしょうか。英会話ができるようになるということより、56年生の英語学習の素地経験を積み上げるのがねらいです。好きになり、興味を持ってあれこれやるようになれば大成功です。

学校の先生がたのQ&A先生にもわからないことがある!)

Q:学級だよりに載せる子どもの作品に偏りがある。もっと公平にしてほしいと、苦情がありました。一定以上のレベルのものを載せたいので困っています。(経験3年目の教師)

A:学級担任だったころ、私もそのような経験がります。作文や詩の得意な子、絵や工作の上手な子、体操の得意な子、親切なことをして褒められた子、等々様々です。

 私は、作文や詩を載せる子、絵や工作や習字の写真と簡単な説明を紹介する子、このような親切なことをして褒められましたと紹介する子、1年間を通して、どの子も同じ回数になるように取り上げるようにしました。「先生はどの子にも平等だ」と、認めてくれるようになりました。どうぞ、先輩の先生にも相談して工夫してください。(BOKE小島)

★備考★[成美教育文化会館]で検索すると、「かけはし」のほか「メッセージ」「Q&A」「ほん本ブック」をはじめ「一宇荘」「至楽荘」「会館の会場貸出」など様々な情報が閲覧できます。ぜひ、ご活用ください。また、ご意見・ご感想などをお聞かせください。

posted by 豊島修練会 at 16:03| 子ども・大人・教師のためのQ&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする