2018年06月30日

会館だより「かけはし」


      データを上手に活用しよう!
 
 私達の身の回りにはたくさんのデータが溢れています。もし、そばに新聞の折り込み広告がありましたら手にとって見てください。新聞を購読していない場合は、郵便受けに入っていたチラシを見てください。それも見当たらない人は、TVの栄養ドリンクや自動車保険などのコマーシャルに、ちょっと注目してください。
○全商品30%OFF
○スーツ1着25000円、2着目は5000円    
○いちご1パック380円、2パックなら700円
○金利○○%元金保証
 また、新聞や雑誌を見ると、折れ線グラフ、帯グラフ、円グラフなどを使って、増えた、減った、業績が上がった、支持(不支持)率が下がった、国民の納得度がどうだったなどと報じられています。
 ところで、「嘘には3つある。嘘、まっかな嘘、そして統計の嘘」ということが言われています(アメリカの有名な小説家マーク・トウェイン)。つまり、「統計、データにごまかされないように!」と、私達に警告しているのです。「本当に、得なのか?」「本当に、そう言えるのかな?」とちょっと立ち止まって、しっかり確かめ、考え、それから判断し、実行するようにすることが大事です。
だって、「統計で嘘をつく法」(講談社)という本が出て、統計に騙されないようにしましょうと注意しているくらいです。だから、「統計は嘘をつかない。嘘をつくのは人間だ」という言葉があるくらいです。割合(30%、3割など)、表やグラフを使って、「得した」と思わせて、実はごまかしていることがあるからです。統計にだまされないで、「統計をうまく使うのも人間だ」となってほしいのです。
 さて、2020年から小学校も、中学校も、高等学校も、学校で学習する内容が変わります。算数科と数学科も大きく変わります。その一つが、「データの活用」です。これは、現在も、これからも、正しく判断したり、かしこく生活したり、問題を解決したりするのには、「データの上手な活用」が必要になるからです。ときには、家族で「データの活用」について話し合ってはいかがでしょうか。                (BOKE小島)
<備考> [成美教育文化会館]で検索すると、「かけはし」「メッセージ」「Q&A」「ほん本ブック」をはじめ「一宇荘」「至楽荘」「成美教育文化会館の会場貸出」など様々な情報が閲覧できます。一度、覗いてみてください。
posted by 豊島修練会 at 15:06| 会館だより「かけはし」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする