2018年08月19日

子ども・大人・教師のためのQ&A

子どもとのQ&A疑問や質問のある子は素晴らしいです!)

Q夏休みの宿題に読書の感想文が出ました。どのように書いたらいいですか?(小5男)

A読書感想文は、このように書くべきだというきまりはありません。だから、あなたが本を読んだ後で、心と頭に残っていたことを書けばいいのです。

 学校の図書室や市立図書館で探すと、読書感想文を集めた本が見つかると思います。それを読んで、自分が気に入った感想文を参考にして書いたらいいと思います。

 本を「読んだきっかけ」、「内容のあらすじ」、「自分が思ったことや感じたこと」、「感動したこと」などを書くといいと思います。


大人とのQ&A(パパ&ママ、ジジ&ババもいつまでも好奇心を!)

Q子どもが勉強しません。どうしたら、学習意欲が高まりますか?(小4の母)

A子供が勉強になかなか取り掛かれない理由には、「➀やらなければならない勉強以外のことに関心が向いてしまっている」「Aやらなければならないことはわかっているが、やりたくない」「➂注意されてばかりいるので、反抗的になっている」などがあるといわれています。どれに該当するか観察して、親子で話し合ってみてください。

 そこで、@については自分で判断して、今やるべきことを決定するために「自分で決めて自分でやる」ことを約束をする、Aについてはしばらくそのままにしておいて「しないで困った体験をさせる」、➂については注意することをちょっと控えて「良い所をほめて、自分から取りかかる雰囲気をつくる」ように工夫してみてください。


学校の先生がたのQ&A先生にもわからないことがある!)

Q授業で「振り返りが必要だ」と言われますが、具体的にどのようなことをすればいいのですか?(経験6年目の教師)

A「振り返り」は、主体的・対話的で深い学びの「深い学び」を実現することとの関連で考察されることが多いです。「振り返り」には、次の3つの場合(田村学先生の考え)があります。これを授業の中で意図的に使い分けて実行していくといいと思います。

★1時間の授業の終わりに、学習したことが分かっているか,できるようになっているか確認する。

★授業で学習したことを、既習事項(今までに学習したこと)と関係づけたり、いつでも言えるように一般したりする。

★学習したことを自分のことと結び付けたり、自分がどのように高まったか(変化したか)を自覚したりする。

                                                  (三宅H)

★備考★[成美教育文化会館]で検索すると、「かけはし」のほか「メッセージ」「Q&A」「ほん本ブック」をはじめ「一宇荘」「至楽荘」「会館の会場貸出」など様々な情報が閲覧できます。

posted by 豊島修練会 at 10:35| 子ども・大人・教師のためのQ&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする