2018年10月10日

しゅうれん会からのメッセージ

子どもたちへ(小さなお子さんには読んであげてください)

 いつも、午前8時ちょっと前に、〇〇三丁目のバス停から足が不自由なおばあさんが乗ってきます。けっこうバスがこんでいる時間です。だから、優先席もあいていません。

 すると、せっかくすわれたのに、小学校6年生くらいの子が、「おばあちゃんどうぞ!」と席を譲ります。「ぼうや、ありがとう」とお礼を言って、おばあちゃんはすわります。このようなことが毎日のように続きます。

ある日、「君、いつもお年寄りに席を譲ってあげて偉いね」と声を掛けたら、はずかしそうに「えらくなんかないですよ。当たり前のことだよ。僕の学校の生徒は、だれでもこうしているよ」ということでした。

 すてきな子供です。こういう子がもっともっと増えてほしいです。


大人の皆様へ(パパ&ママ、ジジ&ババ)

 「オレオレ詐欺&母さん助けて詐欺(なりすました子供や孫からのSOS、それは大変だ)」「架空請求(買った覚えがない)」「裁判に訴えたぞ詐欺(はがきで連絡してくる)」などが横行しています。

 日本を代表するTV局では、高齢者が早起きであることに対応して、朝の早い番組で「詐欺の手口」を紹介し、だまされないようにと、毎日のように放映しています。後期高齢者には、その時はわかっても、そんな細かいことは覚えていられません。

 そこで、家族に高齢者のいる人、身近に気軽に話の出来る高齢者のいる人にお願いがあります。それは、「子供や孫、そのほか誰かから、お金やキャッシュカードの電話がかかってきたら、まず、必ず、家族や警察に知らせること」を徹底してください。

高齢者には、もっと、簡単に、単純に、明解に話してあげてください。あと何年かで90歳になる高齢者からの提案です。

学校の先生がたへ

 いろいろなことが目覚ましく進歩している時代であります。それなのに、いまだに、何年生になっても「百マス計算」※1をさせたり、授業の頭でフラッシュカードを使って「漢字や計算」※2の練習をさせたりしている教室があります。本当に、これで、子どものためになっているかどうか、冷静に確認してみる必要がありそうです。どう思いますか!?

※1:一定の時期には必要ですが、学年と指導内容によって、「内容や方法」についてドリルの仕方を工夫する必要があると思います。

 ※2:授業の45分(50分)間を、本時の目標の達成を目指した学習活動に使い切るべきだと思います。頭に、余計なことを入れて、肝心の学習活動が尻切れトンボになったり、駆け足になったりしては本末転倒です。(BOKE−K)

★備考★[成美教育文化会館]で検索すると、「かけはし」のほか「メッセージ」「Q&A」「ほん本ブック」をはじめ「一宇荘」や「至楽荘」の利用の仕方、「成美教育文化会館」の会場貸出など様々な情報が閲覧できます。ご利用ください。


posted by 豊島修練会 at 10:27| 会館だより「かけはし」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする