2018年11月01日

会館だより「かけはし」

かけはし題字30年11月号.pdf 

     きみはきみ、われはわれなり・・・ 

武者小路實篤(むしゃのこうじさねあつ)の名言に「君は君、我は我也、されど仲よき」があります。「君は君でいいのだよ。私は私でいいのさ。お互いに尊重し合っていれば、仲良くできるよ」「君は君らしく生きていけばいいのさ。私も私らしく生きるよ。お互いがわかり合い尊重していれば、なかよくできるよ。」という意味のようです。

 また、松下幸之助は、「素直な心になったならば、いらざる対立や争いがおこりにくくなって、和やかな姿が保たれるようになる」と、人と意見が違っても、互いに、素直にそれを理解し受け止め、話し合ったら、無用な対立や争い(けんかや戦争など)がなくなるという意味だそうです。

 我が子が友達とけんかをしたとき、武者小路実篤と松下幸之助の言葉は、結構つかえますよ。「あなたはどう思っているの?」、けんかした「友達はどう考えているのかな?」、「二人の考えは違っているけど、違っていてもいいんじゃないの?」、「もし、まずいところがあるとすれば、どこなの?」、「もう少し話し合ってごらんなさい!」と。

 さらに、金子みすゞは「私と小鳥と鈴と」で、「わたしが両手を広げても お空はちょっとも飛べないが、飛べる小鳥はわたしのように 地べたをはやくは走れない、わたしがからだをゆすっても きれいな音は出ないけど あの鳴る鈴はわたしのように たくさんな歌は知らないよ、鈴と小鳥とそれから私 みんな違ってみんないい」と、詩で「他と異なることは個性で素晴らしいことだ」と表現しています。

 そして、まどみちおは、「ちがっても仲良くしようではなく、ちがうから仲良くしよう」と、考え方や趣味などが異なっているからこそ仲良くしてお互いに楽しむようにしようと言っています。もちろん、考え方や趣味などの同じ人が仲良くするのもいいことですし楽しいものです。一番やめてほしいのは、考え方や趣味などが違うからと言って、仲間外れにしたり、攻撃したりすることで、これは「いじめ」です。(BOKE三宅) 

<備考> [成美教育文化会館]で検索すると、「かけはし」「メッセージ」「Q&A」「ほん本ブック」をはじめ「一宇荘」「至楽荘」「成美教育文化会館の会場貸出」など様々な情報が閲覧できます。一度、覗いてみてください。

posted by 豊島修練会 at 11:19| 会館だより「かけはし」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする