2019年01月27日

しゅうれん会「気になる一冊」

子どものほん(子ども、小学生&中学生)

金田一秀穂監修・漢字研究グループ著「頭がよくなる漢字練習帳」三笠書房 本体533

 これは、漢字が得意な子におすすめします。だって、この本は大人向けの本だからです。

 この本は、クイズ式になっているので、漢字のあまり得意でない子にもところどころ分かるところがあります。

分かるところだけをやってみましょう。分からないところは、答えを見ると、「そうだったのか!」と納得できることもあります。それから、お父さんやお母さんにクイズを出して、家族全員で楽しむこともできます。

ちょっとむずかしいけど春の七草「セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロ」は、漢字で「芹、薺、御形、繫縷、仏の座、菘、蘿蔔」と書くなどというも分かりますよ。

大人の本パパ&ママ、ジジ&ババなど)

齋藤孝著「やる気も成績も必ず上がる家庭勉強法」ちくま文庫・筑摩書房 本体700

 「我が子が勉強しない。」「うちの孫は勉強した方がいいよと言っても相手にされない。」ということが少なくないようです。我が家もその通りで、困っています。

 そんな時、駅中の書店で、この本を見つけ思わず買ってしまいました。万病に効く薬はないというから「本当かな?」と思いながら読んでみました。効果があるかどうか、早速、試してみようと思います。

 はじめに「勉強は幸せにつながる」、第1章「勉強はなぜ必要なのか」、第2章「やる気をアップさせる」、第3章「やる気にスイッチを入れる」、第4章「親の役割はペースメーカー」、第5章「家庭での勉強のしつけ方」、第6章「音読の効用」、第7章「男の子の勉強法、女の子の勉強法」、第8章「科目別の勉強法」、第9章「勉強に関するQ&A」。

学校の先生のブック(小学校・中学校の先生)

小池浩二著「チーム全員で結果を出すプレイングマネジャーの仕事」あさ出版 本体1500

 教師は、教室の中で、一人で、児童生徒を相手に授業をします。ですから、個人企業のように一人で何でも取り組むのが当たり前の世界になっています。でも、これからは、個人で行う部分と、仲間と協力・協働して取り組む部分を意識して取り組む必要がありそうです。そうしたら、「多忙」を軽減することにつながるかもしれません。

 本書は、第1章「なぜチームがうまくいかないのか?」、第2章「リーダー、サブリーダー、メンバーそれぞれが必ずやるべきこと」、第3章「プレイングマネジャーはメンバーをどう動かすか」、第4章「結果を出すマネジメント業務の法則をマスターしよう」、第5章「5つのマネジメント業務をどう実践・運営するか?」。            (BOKE三宅) 

 ★備考★なお、話題提供のために本を紹介しているだけで、購読を勧めるものではありません。 [成美教育文化会館]で検索すると、「かけはし」「メッセージ」「Q&A」「気になる1冊」をはじめ「一宇荘」「至楽荘」「成美教育文化会館の会場貸出」など様々な情報が閲覧できます。ご利用ください。
posted by 豊島修練会 at 10:13| 会館だより「かけはし」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする