2019年06月02日

会館だより「かけはし」

偉人の「名言」に学ぶ

 毎日、色々な人が色々なことを言っています。その一言でほかの人を「幸せにしたり」、「傷つけたり」と、言葉は不思議な力を持っています。中には、その一言で、「責任を取ってその職を辞めさせられる人」もいるようで、TVや新聞で毎日のように報じられています。今月号では、これまでに感動した偉人の「名言」を、自分勝手に紹介します。(註:興味のある人は、( )内の出典に当たって「自分流」に味わってください)


◆「本当に他人の人柄が分かるのは、その人と大喧嘩をした時だということです。その時こそ、その人の真の人格が判断できるのです。」(アンネ・フランク「アンネの日記」文藝春秋) そう言えば、仲の良い人ほど喧嘩をするものだと言います。この喧嘩とは、殴り合いや暴言や悪口で傷つけるということではなく、自分の考えや感じたことを遠慮なくぶつけ合うという意味です。

 ◆「友とするにわろきもの七あり。一には高くやんごとなき人、二にはわかき人、三には病なく身つよき人、四には酒を好む人、五にはたけく勇める兵、六には虚言する人、七には欲ふかき人。よき友三あり。一にはものくるる友、二には医師、三には知恵ある友。」(吉田兼好「徒然草」岩波書店) 文字通り読むと「…?」と思うこともあるかも知れませんが、含蓄のある言葉です。

 ◆「努力だ。勉強だ。それが天才だ。誰よりも三倍、四倍、五倍勉強するもの、それが天才だ」(「野口英世」岩波書店) 誰だったか忘れましたが、「天才とは、1%の能力と99%の努力である」という言葉を思い出した。小学生の時、偕成社の伝記で野口英世を読んで「よし!こういう人になろう」と感動したことを思い出しました。

 ◆「約束とパイの外皮はたやすく破れるものである。」(「人生の名言1500」宝島社)風刺作家、「ガリバー旅行記」の著者のジョナサン・スウィフトの言葉です。宗教改革で知られたマルティン・ルターは「一つの嘘を本当らしくするた

めには、いつも七つの嘘を必要とする。」とも言っています。                (三宅H)

<備考> [成美教育文化会館]で検索すると、「かけはし」「メッセージ」「Q&A」「ほん本ブック」をはじめ「一宇荘」「至楽荘」「成美教育文化会館の会場貸出」など様々な情報が閲覧できます。一度、覗いてみてください。


posted by 豊島修練会 at 14:22| 会館だより「かけはし」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする