2019年06月19日

子ども・大人・教師のためのQ&A

子どもとのQ&A(疑問や質問のある子は素晴らしいです!)

Q人のためになることをしたいです。どんなことをしたらいいですか?(小4男)

A「人のためになることをしたい」という考えは、すばらしいです。まず、あなたはどのようなことをしたらいいと思っていますか?

 自分から進んで手伝いをする。ごみの散らかしやポイ捨てをしないようにする。お年寄りに親切にする。友達に協力する。書き損じはがきや使用済み切手を集めて、寄付をして、世界の困っている子供の役に立てる。リサイクル活動に協力する。動物や植物など生き物を大事にする。たくさんあります。

もっといろいろありますから、家の人と話し合って、実行してください。

大人とのQ&A(パパ&ママ、ジジ&ババもいつまでも好奇心を!)

Q仕事の関係で保護者会に出られません。どうしたらいいですか?(小3の母)

A子どもの保護者会に出たいのに出られないのは気になるものです。でも、仕事の調整をして、年に何回かは出るように努力してください。出られないときは、友達のお母さんに、保護者会の様子を聞くようにするといいと思います。

また、学校だより、学年だより、学級だよりなどを読んで、学校や担任の先生の考えや、学校や学級でやっていることを知るように努めましょう。何か、心配なことがありましたら遠慮をしないで連絡帳などで先生に相談するといいと思います。

学校の先生がたのQ&A (先生にもわからないことがある!)

Q板書の工夫をするよう言われました。どうしたらいいですか?(経験3年目の教師)

A板書には、「@何をしたらよいか「ねらい、課題(問題)」を示す、A考えるヒントを示す、B実験や観察、見学などの仕方を示す、C関連する資料を示す、D学び合うために、みんなの考え方、仕方を紹介する、E学習して分かったこと「まとめ(知識、技能、考え方)」を書く、Fこれからさらに学習したいこと」などを書きます。

 そこで、この時間の目標をはっきりさせて、これらの@〜Fなどのどれとどれを使うか計画を立てます。それから、チョークだけでなく、資料や説明図、グラフを使ったり、電子黒板や実物投影機を活用したりして、分かりやすくするといいでしょう。教科書の教師用指導書に、板書の例が紹介されていますから、これを分かりやすく改善するのも役立ちます。頑張ってください。  (三宅H)                        

★備考★[成美教育文化会館]で検索すると、「かけはし」のほか「メッセージ」「Q&A」「ほん本ブック」をはじめ「一宇荘」「至楽荘」「成美教育文化会館の会」の利用の仕方など様々な情報が閲覧できます。ぜひご覧ください。

posted by 豊島修練会 at 10:53| 会館だより「かけはし」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする