2019年07月03日

会館だより「かけはし」

         環境保護について考えよう!

 町の中(奈良公園)でシカが自然のままに生活し、人間と共存しているのは世界でも珍しいことだそうです。ところが、最近、次々と死んでいるそうです。解剖したところ、胃の中にポリごみが詰まっていたそうである。どうやら観光客が放置したポリ袋を食べてしまったらしいのです。可愛そうなことです。

また、海洋ごみが、海の生物の生存を脅かしているそうです。海洋ごみの多くはプラごみだそうです。やはり、プラごみを海の生き物が食べて、胃袋にたまり奈良公園のシカと同様の運命をたどることになるのだそうです。

 これらを、単なるマナーの問題やごみ処理の仕方にしないで、根本から考え直し、きちんとしていく必要がありそうです。

 ところで、九州は暑く、北海道は涼しいということは、日本人なら誰もが知っています。しかし、今ではこの常識をくつがえし、九州が28℃で、北海道が30℃ということが珍しくありません。「どうしたんだろう?」というレベルを超えて、「異常事態」です。

 ここらで、真剣に「自然愛護」「環境保全」を考えるようにしたい。目の前にいる我が子が大人になる頃、これから生まれてくる子供が楽しく生き生きと生活できるようにしていくことが「今の大人」のするべきことだと思います。

是非、家族で、近所の人と、友人たちと、学校の保護者会などなどで話題にしてください。そして、今できることから実行しましょう。

大事なことを思いつくままに書き出してみます。あなたのご意見をお聞かせください。

★地球は、人間だけでなくすべての生物のものですから大事にしましょう。

★地球には限りがあるので、自然保護、環境保全に努める必要があります。

★地球環境を現状のまま、あるいはもっと良くして次の世代に渡していく義務があります。

★子供たちに環境を大切にする心を育て、人間の役割を理解し、環境を大切にする実行力を育てましょう。

<備考> [成美教育文化会館]で検索すると、「かけはし」「メッセージ」「Q&A」「ほん本ブック」をはじめ「一宇荘」「至楽荘」「成美教育文化会館の会場貸出」など様々な情報が閲覧できます。一度、覗いてみてください。

posted by 豊島修練会 at 10:14| 会館だより「かけはし」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする