2019年08月01日

会館だより「かけはし」

ことわざと四字熟語について考える!

 諺には、生き方のヒントや人生の知恵が盛り込まれている。同じように、七転八起(七転び八起き)のように特別の意味を表す四字熟語があります。では、諺や四字熟語をいくつか紹介します。家族の皆さんで、だんらんの話題にしてください。


◆「口は災いのもと」または「口は災いの門」→話をするときは、言葉遣いに注意しなさいということ。うっかりしたことを言って、誤解されたり、けんかになったりすることがあります。「病(病気)は口から入り、災いは口から出る」という諺があります。

 ◆「弘法にも筆の誤り」→書道の名人の弘法大師でも書き間違いがある、つまりどんな名人でも失敗があるということ。だから、ものごとをするときは気を付けましょうということ。似た諺に「猿も木から落ちる」「河童の川流れ」などがあります。

 ◆「三人寄れば文殊の知恵」→普通の人でも三人集まって相談すれば、いい考えが出てくるということ。文殊は、知恵のすぐれているお坊さんのこと。

 ◆「千里の道も一歩より」→遠い千里(4000q)の道を行くときも、まず1歩を踏み出さなければならないということ。目標や夢を達成するためには、できることから始めなさいということ。

 ◆「一石二鳥」→一つのことをして同時に二つのことを手に入れること。反対の諺に「二兎を追う者は一兎をも得ず」(一度に二つのことをすると二つともうまくいかない)があります。

 ◆「人ふり見てわがふり直せ」→人の行動でよくないところを見つけたら、それを自分のことだと考えて、気を付けなさいということ。ふりとは、様子や態度や行動のこと。

 なお、もっと詳しく知りたいときには、斉藤孝著「マンガで覚える四字熟語」岩崎書店、謡口明監修「慣用句・故事ことわざ辞典」成美堂出版、永野重史監修「クレヨンしんちゃんのまんがことわざ辞典」双葉社などがあります。図書館で探してみてください。

<備考> [成美教育文化会館]で検索すると、「かけはし」「メッセージ」「Q&A」「ほん本ブック」をはじめ「一宇荘」「至楽荘」「成美教育文化会館の会場貸出」など様々な情報が閲覧できます。一度、覗いてみてください。

posted by 豊島修練会 at 10:38| 会館だより「かけはし」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする