2019年09月03日

会館だより「かけはし」

八村塁(はちむらるい)選手からの電話

  

 バスケットボール八村塁選手が、6月21日に、NBAのドラフト2019で、1巡目9位で、見事、ワシントンウィザースから指名されました。

ドラフト終了後のインタビューで、八村塁選手は、「まず、中学校時代のコーチに感謝したい。コーチから『君は、将来NBAに行くんだ』と言われ、ずっと信じてバスケットボールに打ち込んできた。高校時代、大学時代の監督、コーチ、トレーナーの皆さんにも感謝したい。と応じていました。なんと素晴らしいコメントでしょう。

 その3時間ほど後、富山市の中学校の恩師、コーチの坂本穣治さんへ本人から「コーチやりましたよ!」と電話が入った。坂本コーチは、本人からの電話に驚き、喜び、感激し、涙を流していたのが印象的でした。コーチ曰く「八村くんが、練習に打ち込むように、NBAに行けると言っただけで、あれは物の例えだ」と言いつつ、それが現実になって、天にも昇る気持ちだったに違いありません。

 また、仙台市の高校の恩師、佐藤久夫監督のところにも、八村選手から同じような内容の電話が入って、矢張り感激したそうです。

 インタビューに応えた、富山市の八村選手を知っている市民は「八村選手は礼儀正しい子どもだった。NBAに指名されるなんて、富山の誇りだ!」と喜んでいたのが印象に残った。まさに、八村選手の人となりを、坂本コーチと佐藤監督に電話をしてきたことが証明していると思います。

 八村選手を指導し、励まし、意欲的にした関係者も偉いですが、このようなときに感謝の気持ちを素直に伝えてくる八村選手の人間性のすばらしさに感激しました。坂本コーチと佐藤監督は、「教師冥利に尽きる」と羨ましい限りです。

<備考> [成美教育文化会館]で検索すると、「かけはし」「メッセージ」「Q&A」「ほん本ブック」をはじめ「一宇荘」「至楽荘」「成美教育文化会館の会場貸出」など様々な情報が閲覧できます。一度、覗いてみてください。

posted by 豊島修練会 at 16:08| 会館だより「かけはし」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする