2019年10月31日

しゅうれん会「気になる一冊」

子どものほん(子ども、小学生&中学生)

太田寿著「マンガ歴史人物に学ぶ大人になるまでに身につけたい大切な心@〜D」    

1万年堂出版 本体各1200

 皆さん、学校の「道徳科」の授業はいかがですか? これからどのような人間になるのか、どのような生き方をするのか考える大切な時間ですから頑張ってください。この本は、歴史上の人物から、努力「困難にぶつかっても、あきらめないで…フライドチキンを世界に広めたカーネル・サンダース」、思いやり、約束、友情、信念「悪口を言われてもくよくよしない…南極探検をした白瀬矗(しのぶ)大尉」、正直、気配り「相手の立場に立って、優しい言葉や親切を…三献茶「さんけんちゃ」で有名な武将石田三成」などを、漫画を楽しみながら学ぶことができます。

大人の本(パパ&ママ、ジジ&ババなど)

堤隆著・北住ユキ画「冒険考古学・失われた世界への時間旅行」新泉社 本体1800

 13歳からの考古学につい、考古学者の堤さんと挿絵・絵本画家の北住さんが書いた本で、子供向けのものであるが、大人も楽しめ、家族団らの話題として紹介することにした。

 1章「白い鹿40000年前(旧石器人と出会い、ワイルドな原始生活を体験する)」、2章「東京郊外・現代」、3章「青い実10000年前(縄文時代には何を食べ、どんな生活をしていたのかサバイバル生活を体験する)」、4章「多摩蘭坂・現代」、5章「赤い実5000年前」、6章「栃原岩陰・現代」、7章「失われた翼3000年前」、8章「神津島・現代」と、大昔と現代を行ったり来たりで面白い。

学校の先生のブック(小学校・中学校の先生)

鹿毛雅治著「授業という営みー子どもとともに「主体的に学ぶ場」を創る」

教育出版 本体2800円

 先生は、「子供がよく考え、よくわかり、意欲的に学ぶ授業」を目指して頑張っている。本書は、そうした前向きな先生に、どのように授業を創ったらよいか「T授業を構想する―デザイン論8項目31ポイント」、どのように授業を進めたらよいか「U授業を展開する―プロセス論10項目39ポイント」、そして、自分の指導ぶりをどのように自己評価したらよいか「V授業を省察する―リフレクション論6項目27ポイント」を、具体的に、平易に、明確に示したものである。よい授業を目指す先生方の参考書に、若手教師を指導する立場にあるベテランの先生方のテキストに、研究主任の校内研究の手掛かりになる。 (BOKE−K)

 ★備考★なお、話題提供のために本を紹介しているだけで、購読を勧めるものではありません。 [成美教育文化会館]で検索すると、「かけはし」「メッセージ」「Q&A」「気になる1冊」をはじめ「一宇荘」「至楽荘」「成美教育文化会館の会場貸出」など様々な情報が閲覧できます。ご利用ください。

posted by 豊島修練会 at 13:31| 会館だより「かけはし」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする