2019年11月30日

会館だより「かけはし」

         AI(人工知能)への不安と期待

 今年ほど、AI(artificial intelligenceアーティフィシアル・インテリジェンス)について、不安を感じたり、期待をしたりしたことはありませんでした。

AIが進歩した何十年後には、今ある仕事の大部分は、AI搭載のロボットに奪われてしまうと言われています。では、人間のする仕事として、その時でも残っている仕事とは、どのような仕事なのでしょうか? 

 自動運転や3K「きつい、きたない、きけん」の仕事をロボットに代わってもらえるのはありがたいです。でも、残された仕事とはどのようなもので、少ない仕事を人間同士が奪い合うことになるのだろうかと心配になります。

 また、子供たちに「知識や技能を教える」だけならAI搭載のロボット先生が指導できるので、そのような先生はいらなくなるそうです。では、人間の先生が必要なのは、どのようなことをする学校なのでしょうか?

 令和2年度から行われる新しい学校教育では、「知識・技能」の理解と習得だけではなく、「思考力・判断力・表現力」を育てることや「主体的に学習に取り組む態度」を養うことを重視することになります。これからの学校(先生)は、子供たちにどのような資質・能力(能力・態度)を身に付けたらよいか真剣に考え、保護者と協力して育てていく必要がありそうです。子供たちをAI搭載ロボットに使われる人間にしたくありません。保護者会で、是非話題にしてください。                      (木瓜KH)

◆施設紹介:@成美教育文化会館(教育・文化・芸術・料理・展示・ダンス・催し物、研修などの会場貸し出し)のほか、A一宇荘(いちうそう、山の宿泊施設)や至楽荘(しらくそう、海の宿泊施設)もあります。ご利用をお待ちしております。

<備考> [成美教育文化会館]で検索すると、「かけはし」「メッセージ」「Q&A」「ほん本ブック」をはじめ「一宇荘」「至楽荘」「成美教育文化会館の会場貸出」など様々な情報が閲覧できます。一度、覗いてみてください。

posted by 豊島修練会 at 13:22| 会館だより「かけはし」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする