2020年02月02日

会館だより「かけはし」

      「日本語が危ない」と感じませんか?

 最近、「アサーション(爽やかな自己表現)」や「ポジティブアプローチ(長所を生かすこと)」などのカタカナ語、「とりせつ(取り扱い説明書)」や「あさスポ(朝のスポーツニュース)」など省略語が氾濫し、昭和生まれの者にとってはついていけない気がしています。

 でも、もっと心配しているのは、当然知っていると思われる日本語の表現が通じなくなっていることです。次の問題の正しい方の( )に〇を付けて、お答えください。日本語にもっと関心を持っていただくためですので、失礼をお許しください。

1.「五十歩百歩」の意味の正しいのはどちらですか?

@( )たいした違いはない。A( )100歩は50歩の2倍、大きな違いがある。

2.「情けは人の為ならず」の意味の正しいのはどちらですか?

@( )人のためにならないから、他の人に情け(親切や思いやり)をかけない方

がいい。

A( )人に情け(親切や思いやり)をかけるのは、やがて自分もそのようにされるから、自分のためでもあるんだよ。

3.「気の置けない友達」の意味の正しいのはどちらですか?

@( )気の許せない、仲の良くない友達。A( )気を使わなくてよい、仲の良い友達。

4 「素をそのまま出した」の「素」は、装わない、飾り気がない、そのまま、生地のままという意味です。「素」の読み方で正しいのはどちらですか?

  • ( )そ       A( )す

5.天気予報で「本日の午後から、一時、雨が降るでしょう」と言いました。この「一時」の意味の正しいのはどちらですか?

@( )午後1時のこと  A( )ちょっとの間         (木瓜KH)                

<備考> [成美教育文化会館]で検索すると、「かけはし」「メッセージ」「Q&A」「ほん本ブック」をはじめ「一宇荘」「至楽荘」「成美教育文化会館の会場貸出」など様々な情報が閲覧できます。一度、覗いてみてください。

★<正解>1は@、2はA、3はA、4はA、5はAが正解です。納得できない方は、図書館かネットで確認してください。

posted by 豊島修練会 at 10:51| 会館だより「かけはし」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする