2020年04月01日

会館だより「かけはし」

かけはし題字2年4月号.pdf 

「夢、忘れることなかれ。チルドレン・ビー・アンビシャス」

 これは「あなたが持っている夢を忘れないようにしなさいよ。子どもたちよ、大志を持ちましょう!」という意味です。

「少年よ、大志を抱け(Boys be ambitious)」は、誰でも知っています。実は、これは、1876年に札幌農学校(現在の北海道大学)の開校に当たり、アメリカから招かれたウイリアム・スミス・クラーク博士が、学生たちに贈った言葉として、あまりにも有名です。

 私も、小学校の時、担任の廣瀬直行先生から教わって気に入り憶えています。何か苦しいことがあると、思い出しては、奮い立ったものです。大げさに言えば(笑)。

 ところで、この「夢、忘れることなかれ。チルドレン・ビー・アンビシャス」は、エジプトの遺跡調査で有名な吉村作治先生がある本で紹介している「夢、忘ることなかれ。ボーイズ・ビー・アンビシャス」をもじって(真似て)表したものです。

 実は、これは、トルコのトロイの格言を吉村先生が、分かり易く表現したものだと思います。だって、トルコの公用語は「トルコ語」ですから「ボーイズ・ビー・アンビシャス」と、英語で表現するわけがありません。

 でも、今は、男女平等の時代ですから「ボーイズ・アンド・ガールズ,ビー・アンビシャス」(スチュウデンツ・ビー・アンビシャス)となるのかもしれません。小学生向けにチルドレンとした訳が分かっていただけましたか。                     

 ところで、お子様が、どのような「大志(願い、望み、したいこと、なりたいこと)」を抱いているかご存じですか? 令

和2年度1学期の始めに当たり、家族それぞれが、どのような大志を持っているのか話し合ってみてはいかがでしょうか。                                (木瓜KH)

<備考> [成美教育文化会館]で検索すると、「かけはし」「メッセージ」「Q&A」「ほん本ブック」をはじめ「一宇荘」「至楽荘」「成美教育文化会館の会場貸出」など様々な情報が閲覧できます。一度、検索してみてください。
posted by 豊島修練会 at 10:14| 会館だより「かけはし」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする