2020年06月11日

しゅうれん会からのメッセージ

子どもたちへ(小さなお子さんには読んであげてください)

 「子どもは科学者だ」「子どもは風の子」「子どもは天才」などと言われることがあります。いろいろなことに興味を持ちよく調べる、大人が外に出たくない寒い日でも外に出て元気に遊んでいる、いろいろ工夫して大人には思いつかない工夫をしている、という意味です。

 あなたはどんな名人ですか? 「遊びの名人」「ゲームの攻略が得意」「スポーツが大好き」「本やマンガを読むのが大好き」・・・。そうそう、それでいいのです。自分の好きなこと、得意なことをがんばるのが子どもです。そして、本当に好きなことを見つけてください。

大人の皆様へ(パパ&ママ、ジジ&ババ)

 ある国(USA)では、子供のことが気がかりでどこにでもついて行き、あれこれ手を出したり、文句を付けたりする親のことを「ヘリコプターペアレント」というそうです。子供を放置するのは大問題ですが、過度に抱え込んだり干渉したりするのも問題のようです。

 子供に付かず離れずして、育てるのは難しいことですが、少しずつ「自分で考え」「自分で判断し」「安全に、正しく、行動できる」ようにしたいものです。

そこで、同じ年ごろの子供を持つ人(ママ友)、子育てを経験した人との交流(会話)を大切にしてください。

学校の先生がたへ 

 教師になって初めて担任した子供たちとのクラス会が楽しみである。今年も「65歳になった子供たち」と不忍池近くの精養軒で昔話を楽しんだ。

 その時、多くの子供が、懐かしそうに口にしたのが、父母、祖父母、兄姉、弟妹、友人、先生、いろいろな大人、本の中の登場人物など様々な人と出会いで受けたエピソードである。ところで、「担任だったあなたのことは話題になりましたか?」だって、それは企業秘密、いまだにクラス会を開いてくれるのだから想像がつきますよね。

 「人は人によって育てられる」という言葉を実感した。その意味で,コミュニケーション能力の育て、その子供らしい人との関わりができ、「何かを」感じ取ることができるようにしたいものである。勿論、どの子も公平・平等に扱う中で、資質・能力の3つの柱である「知識技能を習得させる」「思考力・判断力・表現力を育てる」「主体的に学習に取り組む態度を養う」ことを大切にしたい。 (BOKE三宅)

★備考★[成美教育文化会館]で検索すると、「かけはし」のほか「メッセージ」「Q&A」「ほん本ブック」をはじめ「一宇荘」や「至楽荘」の利用の仕方、「成美教育文化会館」の会場貸出など様々な情報が閲覧できます。ご利用ください。

posted by 豊島修練会 at 10:36| 会館だより「かけはし」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする