2020年07月30日

会館だより「かけはし」

  どちらも大事!

      「活字で学ぶ」と「デジタルで学ぶ」

 コンピュータや人工知能などによる学習も大事ですが、デジタルだけに頼るだけでなく、活字による学びも必要です。デジタルと活字の両立なくしては、現在を充実させ将来に活躍できる子供は育たないということで、国は「活字の学びを考える懇談会」を、6月11日に発足したそうです。

 主な委員として、皆さんお馴染みの作家の阿刀田高さん、浅田次郎さん、歌人の俵万智さん、建築家の安藤忠雄さんなどが参画しています。

実は、ある研究所の所報に、次のことを提言したばかり(令和2年5月に執筆、9月に発行予定)なので、この懇談会の行く末に大きな期待を寄せています。

<手作りとICTの両立を!>

 タブレットなどICTを活用する学習(授業)が奨励されている。一方で、対面で話す・聞く、活字の本を読む、紙やノートに思いや考えを書く、事典・図鑑で調べる、実験・観察・見学をする、作る・描く、歌う・演奏する・演ずるなどの実体験が軽視される傾向がある。手作りや実体験と、ICTやバーチャルの両方を大事にしたい。

 脳の研究で有名な東京大学助教授の池谷裕二先生は1冊の本から多くのことを学んだこと(学んでいること)、作家の鈴木るりかさんは1行の文から素晴らしいことに気付かされることがあるという趣旨のことを、Y新聞に寄稿されていて、同感しました。

 皆さんのご家庭ではいかがでしょうか。日常生活も、遊びも、勉強も、趣味も、仕事もすべて、「手作り」と「ICT活用」、「活字で学ぶ」と「デジタルで学ぶ」の両方を大事にしたいものです。「手作り」と「活字で学ぶ」が、「ICT活用」と「デジタルで学ぶ」の基礎になっているのです。 (活字だけで育ったKH)

<備考> [成美教育文化会館]で検索すると、「かけはし」「メッセージ」「Q&A」「ほん本ブック」をはじめ「一宇荘」「至楽荘」「成美教育文化会館の会場貸出」など様々な情報が閲覧できます。一度、検索してみてください。

posted by 豊島修練会 at 11:24| 会館だより「かけはし」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする