2021年01月31日

会館だより「かけはし」

   節分「福は内、鬼は外」ってな〜に?

 節分は、冬の終わりの区切りとなる「立春」の前日、今年は2月3日に、「みんなが健康で幸せに過ごせますようにと祈って、悪いものを追い出す日」です。室町時代頃、当時は豆でなく米をまいて、厄(やく:邪気や悪いもの)を追い払い新しい年に幸運を呼び込もうと始まった行事だそうです。

 豆をまく時、「福は内、鬼は外」ということが多いですが、「福は内、悪魔外」という所もあるそうです。「福は内、鬼は内」と鬼を追い出さない所もあるそうです。子どもの頃、隣の鬼頭(きとう)さんの家では「福は内、鬼も内」とまいていました。私の家では、初めに鬼を追い出して福だけ入れようと「鬼は外、福は内」とまいていました。

 ところで、現在は、鬼と言ったらアニメ映画「鬼滅の刃」を、子供だけでなく大人も、真っ先に頭に浮かぶかもしれません。

 鬼といえば、赤鬼と青鬼が頭に浮かんできます。赤鬼は「何かを欲しがる気持ち」、青鬼は「怒りや憎しみを表す気持ち」を表しているのだそうです。他に、あと3種類の鬼がいることを知っていますか?

 黄鬼は「落ち着かない気持ちや後悔の気持ち」、緑鬼は「眠くて仕方ない気持ち」、黒鬼は「相手を疑う気持ち」を表しているのだそうです。(参考:校長先生・教頭先生向けの月刊誌「月刊プリンシパル」2021年2月号学事出版より要約引用)

 でも、これでは鬼は悪者になってしまいます。「鬼」には、「悪い、怖い」という意味が多く語られますが、「強い、ものすごい、大きい」という意味もあります。部活で監督に「練習の鬼になれ!」と言われたり、あの人のように「鬼のように凄い人になれ」と言われたりすることもあります。「頑張る、一生懸命する」「楽しむ、元気にする」「希望に向かう、夢を持つ」ような鬼になってもいいはずです。あなたはどんな鬼になりますか。(HK)

<備考> [成美教育文化会館]で検索すると、「かけはし」「メッセージ」「Q&A」「ほん本ブック」をはじめ「一宇荘」「至楽荘」「成美教育文化会館の会場貸出」など様々な情報が閲覧できます。一度、覗いてみてください。
posted by 豊島修練会 at 09:24| 会館だより「かけはし」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする