2021年02月18日

子ども・大人・教師のためのQ&A

子どもとのQ&A(疑問や質問のある子は素晴らしいです!)

Q授業中友達から「この答えを教えて」と言われたら、どうしたらいいですか?(小5男)

Aそれは困りますね。君がまじめに勉強するから友だちも認めているのですね。「君はどう考えたの?」と聞いて、それを聞いてから「僕はこう考えたよ」と、お互いの考えを交流したらどうですか。また、「どう考えたらいいかわからいよ」と言う場合は、「どこが分からないの?」と質問して、ヒントを上げたらいいと思います。

「僕も今考え中なんだ。先生に質問してみたら」と、言うのもあると思います。答えを教えて、友達が「自分で考えること」を邪魔しないようにすることも大事です。

大人とのQ&A(パパ&ママ、ジジ&ババもいつまでも好奇心を!)

Q子供が、「お母さん、算数の問題を出して!」と言います。どのような問題を出したらいいですか?(小2女子の母)

Aとてもいいお子さんですね。まず、算数の教科書の「練習問題」「まとめの問題」を、「この問題をやってごらん」と勧めてみたらいかがでしょうか。もし、「もうやってしまったよ」と言うことでしたら、例えばパソコンで「算数3ステ

ップドリル」検索で、無料でダウンロードできる問題を利用することも考えられます。

学校の先生がたのQ&A(先生にもわからないことがある!)

Q先生は、できる子ばかり指していると、子供の間でうわさになっているそうです。

分かっていない子を指すのはかえってかわいそうと思うのですが? (小5の担任教師)

Aそういうはよくあります。分かっている子、できる子、手を挙げた子を指すのは当然です。でも、そればかりだと、自信のない子、内気な子、途中までしかできてない子を参加させることができません。そこで、子供の学習情況や反応を観察して、そのような子は、始めのほうで指名して発言させたらいかがでしょうか。この子には問題を読ませてみよう、今日の問題は途中までできているから「途中までを発表させ」、その続きをほかの子に発表させようと、いろいろ工夫できると思います。いろいろお試してみましょう。(HK)         

★備考★[成美教育文化会館]で検索すると、「かけはし」のほか「メッセージ」「Q&A(皆様からの質問をお待ちしています)」「ほん本ブック」をはじめ「一宇荘」「至楽荘」「成美教育文化会館の会」の利用の仕方など様々な情報が閲覧できます。ぜひご覧ください。


posted by 豊島修練会 at 11:43| 子ども・大人・教師のためのQ&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする