2021年06月02日

会館だより「かけはし」

     どこにも学ぶ機会はある!

 学校は、子供たちに「知識・技能」を習得させ、「思考力・判断力・表現力」を育て、「主体的に学習に取り組む態度」の涵養を目指しています。そこで、たいていの学校は、良い授業をするために毎月1回、授業の仕方の研究を進めています。

色々な学校に、研究会の講師として招かれ、先生方の授業を観て、授業の仕方について先生方と話し合い、指導・助言しています。忙しいのに、先生方は、「子供たちに、もっと分かり易い授業をしたい」と頑張っているのです。この日本の学校の先生方の頑張りは、世界でも認められています。日本語の「研究授業(Kenkyu Zyugyoケンキュウジュギョウ)」がそのまま通用するくらいなのです。

 そして、2年に1度くらい多くの学校が「研究発表会」を行って、他の学校の先生方に意見をいただいたり、自分たちの研究していたことを広めたりしています。研究発表会は、一般的には、「@授業の公開、➁研究発表、B研究内容に関する講評(教育委員会の担当者)、C研究内容に関連する講演(研究に携わってきた講師)」のように進められます。

 ところが、研究発表会の日だけ、著名人を講演・講師にお招きして行われることがあります。私もそのようなことに遭遇したことが何度かあります。

 例えば、「総合的な学習の時間」の発表会ではプロ野球K監督、環境教育では登山家で環境活動家のNさん、考え方を育てる指導では大学教授のK先生、思考力・判断力・表現力の育成では女優・俳人のFさんが、締めくくりの講演を行なうという具合です。もちろん、会場の体育館は超満員の大盛況でした。

研究内容と直接の関わりはありませんでしたが、さすが第一線でご活躍の方々で「内容と話術」は見事なもので、感動し、勉強になりました。

1年間、校内研究会の仲間に入れて頂いた上に、最後に著名人の講演で、異なる視点から学ぶ貴重な機会に恵まれ、その後の学校訪問に役立っています。(H.K)

<備考> [成美教育文化会館]で検索すると、「かけはし」「メッセージ」「Q&A」「ほん本ブック」をはじめ「一宇荘」「至楽荘」「成美教育文化会館の会場貸出」など様々な情報が閲覧できます。一度、覗いてみてください。
posted by 豊島修練会 at 09:59| 会館だより「かけはし」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする