2021年06月24日

しゅうれん会「気になる一冊」

子どものほん(子ども、小学生&中学生)

濱正伸箸「メシが食える大人になる!よのなかルールブック」 日本図書センター 本体1430

 この本は大人が読んで子供に教えるために書いたものです。でも子供が読んでも「すぐに嫌い、苦手と言って、自分の世界をせばめない」「しかられることにくじけない」「なぜだろうと考える習慣を身に付ける」など50ものことが学べます。

 図書館などで読んで、お家の人と話し合ってみましょう。

大人の本(パパ&ママ、ジジ&ババなど)平山英三・文、平山和子・絵「おにぎり」福音館書店 本体990

 日本人は子供も大人も「おにぎり」が大好きです。この本は幼児向け(2歳から小学校1年程度)の絵本で、おにぎりの作り方が分かりやすく説明されています。

小さな子には読んで聞かせ、字が読める子には自分で読ませて、「おにぎり」つくりをさせたらいかがでしょうか。「ここは、こうするといいよ・・」と、おうちの人の出番もあります。

 「ご飯を炊いて、手のひらに水をつけて、塩を少しつけて、熱々のご飯を手の平にのせて、ぎゅっ、ぎゅっと固めて、真ん中に梅干しを埋めて、手の中でぐるぐるまわして、海苔をまいたら、幸せのかたまり「おにぎり」の出来上がり」となります。いろいろな材料で、「我が家のおにぎり」も作ってみましょう。

学校の先生のブック(小学校・中学校の先生)伊藤由佳理著「美しい数学入門」 岩波新書 本体902

 新学習指導要領では、「知識・技能」の習得、「思考力・判断力・表現力」の育成、「主体的に学習に取り組む態度」の涵養を目指しています。そして、数学科では、「数学的活動の楽しさや数学のよさを実感して粘り強く考えたり、数学を生活や学習に活用したり、問題解決の過程を振り返って評価・改善しようとしたりしている(算数科も同様の趣旨)」ことを評価することになりました。しかし、少し難しいところがあるので、どういうことで、どのような価値があるかが、分かりにくい所は飛ばして読んでも理解できると思います。

 算数嫌い、数学嫌いをつくらず、楽しく学べるように指導するヒントを、本書の中から探してみてください。                                          (積読のH.K)

 ★備考★話題提供のために紹介しているだけで、購読を勧めるものではありません。

 [成美教育文化会館]で検索すると、「かけはし」「メッセージ」「Q&A」「気になる1冊」をはじめ「一宇荘」「至楽荘」「成美教育文化会館の会場貸出」など様々な情報が閲覧できます。

posted by 豊島修練会 at 13:20| 会館だより「かけはし」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする