2017年11月02日

会館だより「かけはし」

  「道徳科の評価」って、どうなるの?
  
  平成30年度から特別の教科として「道徳科」ができ、教科書を使って学習し、評価をすることになりました。
 私は、道徳科で評価することになった時、教育新聞に依頼され、次のような主旨のことを述べたことがあります。素人の素朴な意見ではありましたが、けっこう反響があったようです。
 算数や音楽の成績が悪くても、「僕は、算数は苦手だが、体育は得意 だ」とか、「私は、音楽には自信がないけど、国語が大好きで特に作 文はハナマルだよ」と言える。  でも、「僕は、道徳の成績は良くないけど、体育は得意だ」とか、 「私は、道徳は自信がないけど、国語が大好きで特に作文はハナマル だよ」とは言えない。  だって、道徳科の評価は、子どもの人間性にかかわることで、人間 性を否定するような評価は考えものである。
 さて、肝心の「道徳科の評価」ですが、次のようになりました。
 ○数値による評価(注:ABC、321、◎○△等)ではなく、記述 式である。
 ○他の子どもとの比較による評価(注:相対評価という)ではなく、 子どもがいかに成長したかを積極的に受け止め励ます評価(注:個人 内評価という)にする。
 ○他の子どもと比較して優劣を決めるような評価はなじまないので留 意する。 つまり、その子の学習状況で成長した(進歩した)様子、その子の頑張ったこと、その子の良い点を文章で表現するということです。その子のいい所を見つけて評価するので、「肯定的評価」と言われています。少し安心しましたか。
(注:あくまでも子供の頃、算数が少しできた素人の文章なので、文部科学省の「小学校学習指導要領解説特別の教科 道徳編」で確認するか、学校の担任の先生にお聞きください。)  (YAYU)       
★[成美教育文化会館](せいびきょういくぶんかかいかん)で検索すると、「かけはし」のほか「メッセージ」「Q&A」「ほん本ブック」を読むことができます。また、そのほかに、「一宇荘」「至楽荘」「成美教育文化会館」の貸出情報など様々な情報が閲覧できます。ご利用ください。
  

posted by 豊島修練会 at 10:24| 会館だより「かけはし」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月01日

会館だより「かけはし」

      正岡子規を知っていますか?
      
  最近のY子ども新聞(平成29年9月20日)の一面で、正岡子規を特集していました。その右下に「正岡子規の好きだったスポーツはなんでしょう?」と いうクイズが出ていました。私は、すぐに「野球」と分かりました。
 なぜ知っていたかというと、正岡子規は、一高(東大の予備門で、同級生に夏目金之助(後の漱石)がいた)時代、野球に夢中だったことを知っていたからです。
 正岡子規は、当時、キャッチャーをしていました。正岡子規は、子供の頃は、常規(つねのり)といい、一高時代は升(のぼる)と言っていました。そこで、自分の名前(のぼる)に引っ掛けて、「野ボール」すなわち「野球」と自分のことを言っていました。俳句を作る人は、雅号という俳句用の名前を持っていますが、正岡子規の雅号は「野球」だったのだそうです。ところで、夏目漱石の「漱石」は、実は、正岡子規の雅号「漱石」を譲ったということが言われています。真実かどうかはわかりません。
 このことから、当時アメリカから入ってきた「ベースボール(baseball)」を「野球」と翻訳したのは、正岡子規だという説があるのだそうです。
 正岡子規の傑作の5つのうちの一つに、次の俳句があります。

  柿くえば 鐘がなるなり 法隆寺
 たぶん、子どもでも知っていると思います。実は、正岡子規は柿が大好物だったそうです。この俳句は、夏目漱石から柿を送ってもらった時に、そのお礼の気持ちを俳句にして、夏目漱石宛の手紙に添えたものだそうです。
 JR鶯谷駅の近くの根岸に、正岡子規が母親と妹の介護を受けて住んでいた「子規庵」があります。今でも、正岡子規の終(つい)の棲家を見学できます。近くに根岸小学校がありますが、その真向かいにある豆腐専門料理「笹乃雪」の俳句好きの経営者ら地域の俳句同人の方々に子どもたちが俳句の手ほどきを受けていた頃を懐かしく思い出します。どうぞ、難しく考えないで俳句を作りましょう!  (TY&YY)
★[成美教育文化会館](せいびきょういくぶんかかいかん)で検索すると、「かけはし」のほか「メッセージ」「Q&A」「ほん本ブック」をはじめ「一宇荘」「至楽荘」「会館の会場貸出」など様々な情報が閲覧できます。ご利用ください。

posted by 豊島修練会 at 13:23| 会館だより「かけはし」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月31日

会館だより「かけはし」

       大切な「100のことば」
  
 子供の頃、はずかしやがり屋で話が苦手で、悩んだものです。この性格は、高校時代まで引きずり、女生徒と話したのはほんの数回(本当は話したかったんだよ)でした。
最近、「子供に伝えたい・今も昔も大切な100のことば」(サンリオ 辻信太郎)と言う本を読みました。小学校中・高学年くらいを対象にした本で、職場で回覧したら大人気でした。もう少し、早くこの本(この本に書いてあること)に出会っていたら、人生が少し変わっていたかもしれません。
 特に気に入った言葉を紹介しましょう。家族で話題にするといいと思います。                                                                             
 ○心から話しあえるともだちっていいなあ          
 ○何かをしてもらったらありがとうといおう
 ○自分から道をゆずろう
 ○きょうだいは助け合ってなかよくしよう
 ○きもちはことばにしなきゃつたわらない
 ○つまらないケンカはしない
 ○いやなしごとはさっさとかたづけよう
 ○相手のきもちになって考えよう
 ○せきにんを人におしつけない
 ○まちがっていたらすなおにあやまろう
 ○自分がしてほしくないことはしない
 ○人がみていなくてもわるいことはしない
 ○相手のいいところをほめてあげよう
 ○人とのやくそくは守る   
                               等々100のことば                                      
 この本は、今から約400年前に中国四川省成都(40年程前に、旅行したことがあります。すてきな所でした。)の洪応明(こうえんめい)と言う人が書いた「菜根譚(さいこんたん)」という本に出ていることを基にしています。大人向けの本ですが、興味・関心のある方は、市立図書館で探して読んでみてください。
★[成美教育文化会館](せいびきょういくぶんかかいかん)で検索すると、「かけはし」のほか「メッセージ」「Q&A」「ほん本ブック」をはじめ「一宇荘」「至楽荘」「会館の会場貸出」など様々な情報が閲覧できます。ご利用ください。

posted by 豊島修練会 at 15:39| 会館だより「かけはし」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする