2020年07月30日

会館だより「かけはし」

  どちらも大事!

      「活字で学ぶ」と「デジタルで学ぶ」

 コンピュータや人工知能などによる学習も大事ですが、デジタルだけに頼るだけでなく、活字による学びも必要です。デジタルと活字の両立なくしては、現在を充実させ将来に活躍できる子供は育たないということで、国は「活字の学びを考える懇談会」を、6月11日に発足したそうです。

 主な委員として、皆さんお馴染みの作家の阿刀田高さん、浅田次郎さん、歌人の俵万智さん、建築家の安藤忠雄さんなどが参画しています。

実は、ある研究所の所報に、次のことを提言したばかり(令和2年5月に執筆、9月に発行予定)なので、この懇談会の行く末に大きな期待を寄せています。

<手作りとICTの両立を!>

 タブレットなどICTを活用する学習(授業)が奨励されている。一方で、対面で話す・聞く、活字の本を読む、紙やノートに思いや考えを書く、事典・図鑑で調べる、実験・観察・見学をする、作る・描く、歌う・演奏する・演ずるなどの実体験が軽視される傾向がある。手作りや実体験と、ICTやバーチャルの両方を大事にしたい。

 脳の研究で有名な東京大学助教授の池谷裕二先生は1冊の本から多くのことを学んだこと(学んでいること)、作家の鈴木るりかさんは1行の文から素晴らしいことに気付かされることがあるという趣旨のことを、Y新聞に寄稿されていて、同感しました。

 皆さんのご家庭ではいかがでしょうか。日常生活も、遊びも、勉強も、趣味も、仕事もすべて、「手作り」と「ICT活用」、「活字で学ぶ」と「デジタルで学ぶ」の両方を大事にしたいものです。「手作り」と「活字で学ぶ」が、「ICT活用」と「デジタルで学ぶ」の基礎になっているのです。 (活字だけで育ったKH)

<備考> [成美教育文化会館]で検索すると、「かけはし」「メッセージ」「Q&A」「ほん本ブック」をはじめ「一宇荘」「至楽荘」「成美教育文化会館の会場貸出」など様々な情報が閲覧できます。一度、検索してみてください。

posted by 豊島修練会 at 11:24| 会館だより「かけはし」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月01日

会館だより「かけはし」

     「すっぱい!」は成功のもと

「失敗は成功のもと」とは、「失敗してもその原因をはっきりさせ、それを反省して改めていけば、成功につながります」と言う意味の諺です。「失敗は成功の母」とも言います。

北杜夫は、梅干を食べた後で、種を割って中に入っている「胚」まで食べるほど梅干しが好きだったらしい。

 Aさんの家では、狭い庭(失礼)に梅の木を2本植え、毎年梅を収穫し、梅干し、梅ジャム、梅酒をつくり楽しんでいるそうだ。

 今年は、Aさんは腰が痛く、梅の収穫に困っていたら、お孫さんのY君がいとも簡単に梅取りをしてくれたそうだ。頼もしい限りである。

 いつもは、困るほどの収穫があるのに、なぜか(新型コロナウイルスの影響か?)あまり出来栄えはよくなかったようだ。おばあちゃんがスーパーマーケットで生梅を買い足して、いつものように、梅干し、梅ジャム、梅酒を作っていた。「少しですけどいかがですか」といただけるのを密かに期待しているところである。

 何でも簡単に手に入る今日この頃、梅干しも和歌山県の南高梅が有名であるが、手作りのAさんの家の素朴な梅干しの方が気に入っている。ちなみに梅干しの生産高は、1位和歌山県、2位群馬県、3位長野県だそうである。

 これから暑くなる。食品が傷みやすくなり、食欲も落ちる。梅干しを腐敗防止、塩分補給、食欲増進、そして何よりも「酸っぱい(失敗)は成功のもと」にしていただきたい。

★北杜夫(1927〜2011)は、小説家、エッセイスト、精神科医、医学博士で、「船乗りプクプクビーチ」「幽霊」「どくとるマンボウ航海記」(いずれも新潮文庫)など沢山の作品がある。           (梅干し大好き人間KH)

<備考> [成美教育文化会館]で検索すると、「かけはし」「メッセージ」「Q&A」「ほん本ブック」をはじめ「一宇荘」「至楽荘」「成美教育文化会館の会場貸出」など様々な情報が閲覧できます。一度、検索してみてください。
posted by 豊島修練会 at 10:49| 会館だより「かけはし」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月24日

会館だより「かけはし」

          コミュニケーションで心がけたいこと!

 最近読んだ本で学んだことを、「コミュニケーションで心がけたいこと」「聞き上手」「人間関係を広げる」などの視点から紹介します。

➀相手が話の最中に、口を挟まない。(まだ、こちらが話しているのに、誰かが話し出すと、むっとして、話の腰を折られたと、その人に嫌な感じを持ってしまいます。)

➁うなずきながら、相槌を打ちながら聞く。(うなずきながら、「うん、うん」「なるほど!」と相槌を打ちながら聞いていると、私の話をわかってくれそうだと、好感を持たれます。)

B話すをするときは、なるべく、共通の話題を見つけるようにします、(話題が共通だと、あれこれといろいろなことが出てきて、話がはずみます。)

C一方的に自分だけ話さないようにします。(話す内容があると、次々と自分だけが話しがちです。一区切りしたら、相手の話を聞いて、交互に話をすると楽しくなります。)

D自慢話(と聞こえるような)をしないようにします。(自分の自慢話ばかりする人がいます。周りの人は、「また始まった!」と内心では気持ちよく思ってないことが多いようです。)

Eなるべく、さわやかに、笑い顔で聞いたり話したりしましょう。(深刻な話や相談事の時は別として、明るい表情で話し、明るい顔で聞くようにすると雰囲気も明るくなり、話がはずみます。)

F他人の噂や個人情報には触れないようにしましょう。(噂話や他人の秘密暴露は楽しいように思いがちですが、自分がそうされたらどう思いますか。やめたいものです。)

★実は、これらは、佐藤綾子箸「自分をどう表現するか」という本を読んで、話下手の自分が今特訓中のものです。             (話下手のKH)

<備考> [成美教育文化会館]で検索すると、「かけはし」「メッセージ」「Q&A」「ほん本ブック」をはじめ「一宇荘」「至楽荘」「成美教育文化会館の会場貸出」など様々な情報が閲覧できます。一度、検索してみてください。

posted by 豊島修練会 at 10:10| 会館だより「かけはし」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする