2018年05月31日

会館だより「かけはし」

 「菊の育て方」と「子どもの育て方」
 
 近所に菊の育て方の名人がいます。今から秋に向けて熱心に世話をしています。隣に子育ての上手な若い両親がいます。まだ可愛い年頃なのに、けっこういたずらはしますが、私たち高齢者にも優しいし、孫たちとののびのびと仲良く遊んでいます。
 ところで、最近、ある人から次のような話を聞きました。
 その本には、「子供を育てるには、菊の花を育てるような方法ではうまくありません。農家の人が野菜や大根を育てるようにするのがいいのです。」というようなことが書いてあったそうです。
 菊好きの人は、花が見事にそろっているように咲かせたいので、余分と思う枝を切り取ったり、たくさんあるつぼみを摘み取って花の数を調整したり、あまり背丈が伸びないように縮めたりして、自分の思い通りにして育てます。その結果、秋には見事な菊の大輪が咲きます。
 それに対して、農家の人の野菜や大根の育て方は、全ての株を大事にして、大きいのも、小さいのも、不揃いであってもそれぞれを大事に育てて、みな美味しく食べられるようにします。
「菊」と「子ども」の育て方を比べてみてください。子どもは、それぞれ違って同じではありません。親の思うとおりに育てようとしたら、その子の良さは生かされず、その子らしい生き方ができなくなってしまいます。菊のように大人の思うように育てるのではなく、その子らしく育つように手助けをすると考えたらいかがでしょうか。(野菜は美味しく食べるが子どもは?と疑問に思います。子どもが自分らしく育ち、自分の人生や生き方ができ、その上で世の中のために活躍できるように育つと考えたら、すっきりします。)        (BOKE三宅)
(参考:細井平州著「嚶鳴館遺草」、江戸の子育てとして有名。原文は「惣て人は取育て申心持は、菊好きの菊を作り候様には致間敷儀にて、百姓の菜大根を作り候様に可致事に御座候。…」より)
<備考> [成美教育文化会館]で検索すると、「かけはし」「メッセージ」「Q&A」「ほん本ブック」をはじめ「一宇荘」「至楽荘」「成美教育文化会館の会場貸出」など様々な情報が閲覧できます。一度、覗いてみてください。
 
続きを読む
posted by 豊島修練会 at 13:24| 会館だより「かけはし」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月24日

しゅうれん会からのメッセージ

★★★30年5月 メッセージ (4).pdf 

子どもたちへ(小さなお子さんには読んであげてください)

<しんせつ>小学校3年生のAさんの近所に、足の不自由なおばあちゃんが一人で住んでいます。おばあちゃんは、時々、Aさんの家に来て、いろいろな話をします。昔のことや知らないことをいろいろ話してくれるので、おばあちゃんが大好きです。お母さんは、雨がふった時などは、おばあちゃんにたのまれて、自分の家のものといっしょに買い物をしています。 Aさんは、月曜日のプラスチック、火曜日と金曜日のもえるごみ、水曜日の紙のリサイクルを毎週手伝って、おばあちゃんのかわりに出しています。木曜日のあきかん、びん、ペットボトルは、お父さんが出しています。

 おばあちゃんは、「Aちゃん、いつもありがとうね」と感謝してくれます。Aさんは「おばあちゃんの孫みたいなものだから、えんりょしないで」と言います。

大人の皆様へ(パパ&ママ、ジジ&ババ)

<仲良し>隣同士のBさんとCさんは大の仲良しです。おしゃべりもします。買い物にも一緒に出掛けます。飼った物が少し多すぎる時、値段が高い時は、二人で分けて丁度よくします。

 どちらかが用事があって出かける時は、子どもをあずかって、一緒に遊んだり、宿題の面倒を見たりします。

 庭で育てた花やうまく育った植木鉢を、交換して、それぞれの家の庭に植えたり、玄関に飾ったりして楽しんでいます。

 あまり頻繁になると負担に感ずるかも知れませんが、ほどほどの近所付き合いは楽しいものだと思います。

学校の先生方へ

<率先垂範>D先生は、4年2組の学級担任です。D先生は、学級文庫を作りました。子どもたちには何も言いませんでしたが、自分の子供が小学生の時に読んだ本や、最近読んで子どもたちにあいそうな記事の載っている新聞、雑誌などを学級文庫にそろえるようにしました。

 雨の降った時、ちょっと時間ができたとき、給食の準備の時間などに、学級文庫の本や新聞、雑誌などは、子どもたちに人気でした。ところが、暫くすると、読むものがだんだん少なくなってきました。

 すると、子どもたちの何人かが協力して、家から読み終わった本や子ども新聞を持ってくるようになりました。これが次第に学級全体に広がって、学級文庫は大きく膨れ上がり、もっともっと楽しいものになってきました。

いつしか、隣の学級にも学級文庫が生まれました。           (BOKE三宅)

★備考★[成美教育文化会館]で検索すると、「かけはし」のほか「メッセージ」「Q&A」「ほん本ブック」をはじめ「一宇荘」や「至楽荘」の利用の仕方、「成美教育文化会館」の会場貸出など様々な情報が閲覧できます。ご利用ください。

posted by 豊島修練会 at 10:06| 会館だより「かけはし」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月17日

子ども・大人・教師のためのQ&A

子どもとのQ&A(疑問や質問のある子は素晴らしいです!)

Qぼくたちの学校では、4月から「道徳科(どうとくか)」のじゅぎょうが始まりました。どのようなことを勉強するのですか? (小4女)

A「道徳科」今までの「道徳の時間」と同じような学習をすると時間だと、考えていいと思います。それから、道徳科では。教科書を使います。また、「こういう時はどのようにしたらよいですか?」と自分たちで考えることが多くなります。また、自分がじっさいにしたことをもとに学習したり、じっさいにやってみたりする学習も行うようになります。

 良いことと悪いことの判断をしたり、優しさ・思いやり・親切・協力の心を育てたり、正しいこと・いいことを実行できるようになってください。

大人とのQ&A(パパ&ママ、ジジ&ババもいつまでも好奇心を!)

Q授業時間が不足すると言われています。「道徳科」になりましたが、家庭でしつけをすれば、学校で道徳を教えなくてもいいと思いますが?(小6の母)

A道徳科では、「よりよく生きるための基礎になる道徳性を養うこと」が目標になります。そして、具体的には、次のようなことを学びます。

「A自分に関すること(善悪の判断、自律、自由と責任、正直、誠実、節度、節制、個性の伸長、希望と勇気、努力と強い意志、真理の探究)」

「B人との関わりに関すること(親切、思いやり、感謝、礼儀、友情、信頼、相互理解、寛容)」

「C集団や社会に関すること(規則尊重、公正、公平、社会正義、勤労、公共の精神、家族愛、家庭生活の充実、よりよい学校生活、集団生活の充実、伝統と文化の尊重、国や郷土を愛する態度、国際理解、国際親善)」

「D生命や自然、崇高なものとの関わりにかんすること(生命の尊さ、自然愛護、感動、畏敬の念、よりよく生きる喜び)」

ですから、しつけだけでなく、上記のABCDに関連した学習を通して、子どもの道徳性を育てるため

に、家庭と学校が協力していことが大切だと思います。

学校の先生がたのQ&A(先生にもわからないことがある!)

Q「道徳科」になると評価することになりますが、通知表にはどのように記入したらいでしょうか?(経験3年目の教師)

A「道徳科」になって、各教科と同様に評価をすることになりました。文科省通知(要約抜粋)の道

徳科の評価の基本は、「@育むべき資質・能力を観点別に分節し、学習状況を分析的に捉えることは妥当

ではない、A学習活動における児童生徒の具体的な取組状況を、一定のまとまりの中で、児童生徒が学習

の見通しをもって振り返る場面を適切に設定しつつ見取ることが求められる、B他の児童生徒との比較による評価ではなく、児童生徒がいかに成長したかを積極的に受け止めて認め、励ます個人内評価として記述式で行うこと、C個々の内容項目ごとではなく、大くくりなまとまりを踏まえて評価すること、D学習活動において児童生徒がより多面的・多角的な見方へと発展しているか、道

徳的価値の理解を自分自身とのかかわりの中で深められているかといった点を重視することが求められ

ること」となっています。

 また、「小学校学習指導要領解説道徳編」(平成29年7月)にはもっと端的に「@数値による評価ではなく、記述式であること,A他の児童との比較による相対評価ではなく、児童生徒がいかに成長したかを積極的に受け止め、励ます個人内評価として行うこと,B他の児童生徒と比較して優劣を決めるような評価はなじまないことに留意する必要があること.C個々の内容項目ごとではなく、大くくりなまとまりを踏まえて評価を行うこと、D発達障害等の児童生徒について配慮すべき観点等を学校や教員間で共有すること.E現在の既存の欄、総合的な学習の時間、特別活動の記録、行動の記録、総合所見及び指導上参考となる諸事項などを含めて、その在り方を総合的に見直すこと」と示されています。

 通知表については、作成するかしないかを含め、その様式や内容は学校の判断に任せられています。このことから、通知表に「道徳科」の評価を載せるか、載せないかは学校の判断によります。また、「道徳科」の評価を載せる場合には、どのような内容をどう記入するかも学校の判断によることになります。

 ただし。載せる場合には、上記@~Eを踏まえる必要がありますし、今後、文部科学省から出る「児童生徒指導要録に関する通知」や教育委員会から出る「児童生徒指導要録に関する通知」や「指導資料」等を参考に検討し、適切に行うことが求められます。

                                              (BOKE小島)

★備考★[成美教育文化会館]で検索すると、「かけはし」のほか「メッセージ」「Q&A」「ほん本ブック」をはじめ「一宇荘」「至楽荘」「会館の会場貸出」など様々な情報が閲覧できます。

posted by 豊島修練会 at 11:06| 会館だより「かけはし」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする