2021年05月12日

会館だより「かけはし」

   日本の子供の幸福度は、37位!〜後ろから2番目〜

 昨年のユニセフ(※)の調査報告(2015〜2019年の統計)によると、先進国・新興国38ヶ国に住む子供たちの中で、日本の子供たちの結果が、次のように報告されています。

(※国際児童基金:世界の困っている子供たちを支援している団体。日本も70年前くらいに貧困で困っているとき、ユニセフから多くの支援を受けました。そのことを知っている学校の多くで、今は、ユニセフの募金などに協力しています。)

★1 生活満足度や自殺率などを基にした「精神的な幸福度」は、38か国中第37位でした。生活満足はオランダが90%で第1位、日本は62%でした。15〜19歳の自殺率は、10万人当たりギリシャが1.4人と最少で、日本はその約5倍の7.5人と多かった。

★2 「身体的健康度」は、38か国中第1位、15〜19歳の肥満度も14%と最も少なく、経済的にも比較的恵まれています。

★3 「学力・社会的スキル」は、38か国中27位、15歳の「すぐ友達ができる」と答えた割合は最下位の69%でした。子供の貧困率は、平均の20%より低く18.8%でした。

★★ 「総合順位」は、第1位オランダ、第2位デンマーク、第3位ノルウェー、日本は第20位でした。

 日本の子供の様子は、ざっくり言って、「身体的な面」は、これからも気を付ければ心配なさそうです。

「学力」は、様々な国際的調査でもトップクラスですが、友達を作るとか、思いやりや協力の気持ちを持つなどの面については改善していく必要がありそうです。

「精神的な幸福度」については、学校のいじめ問題、家庭内の不和・虐待・育児放棄、自殺率の高さなど学校も家庭も考えていく必要がありそうです。「H.K」


<備考> [成美教育文化会館]で検索すると、「かけはし」「メッセージ」「Q&A」「ほん本ブック」をはじめ「一宇荘」「至楽荘」「成美教育文化会館の会場貸出」など様々な情報が閲覧できます。一度、覗いてみてください。

posted by 豊島修練会 at 09:53| 会館だより「かけはし」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月07日

会館だより「かけはし」

   最近、素直に感激したこと!

 最近、感激したことは、4月4日に行われた東京五輪の代表選考会を兼ねた競泳日本選手権での出来事です。

 白血病から復帰した池江璃花子選手が、100mバタフライ決勝で、57秒77をマークして優勝しました。そして、日本水泳連盟が定める派遣標準記録を上回り、代表に内定しました。

 レース終了後のインタビューで、涙ながらに「自信がなかったし、自分が勝てるのはずっと先のことだと思っていた」「支えてくれた人、応援してくれた人に感謝しています」「努力は必ず報われる」と、右手で顔を抑えながら語っていて、聞いている自らも思わず涙ぐんでしまいました。

 本当に、おめでとうございます! 今後も健康に気を付け、本番で、納得のいくレースができ、再び私たちに元気をください。

 他にも活躍している人がたくさんいます。若い人たちの活躍ぶりを紹介し、スポーツに限らず、自分の生き方、目標、頑張っていることに、前向きに取り組む励みにしてください。

★将棋の藤井聡太棋士:棋聖、王位の二冠保持者。将棋大賞や最優秀棋士賞などを受賞。史上最年少14歳で4段、高校3年で中退し将棋に専念、現在8段、天才と言われている。

★囲碁の中邑菫棋士:小学校4年(10歳)で、プロの2段。すでに公式戦で勝利を挙げている。英才特別採用棋士第1号である。将来が大きく期待されている。

★フィギュアスケートの鍵山優真:4月2日、フィギュアスケート世界選手権が行われ、291.77点で、あの羽生選手を抑え、アメリカのネイサンチェンに次いで、18歳の鍵山選手が初舞台で見事2位になった。これからの男子フィギュアスケート界の星である。

★ゴルフの梶谷翼選手:滝川第二高校の生徒の梶谷選手は、オーガスタナショナルGCで、女子アマチュアとして、日本人初の優勝を飾った。プロとして活躍するようになることは間違いない。(H.K)                      

<備考> [成美教育文化会館]で検索すると、「かけはし」「メッセージ」「Q&A」「ほん本ブック」をはじめ「一宇荘」「至楽荘」「成美教育文化会館の会場貸出」など様々な情報が閲覧できます。一度、覗いてみてください。


posted by 豊島修練会 at 10:47| 会館だより「かけはし」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月01日

会館だより「かけはし」

   ご入学・進級、おめでとう!〜学校は楽しい所だよ〜

お子様のご入園、ご入学、ご進級おめでとうございます。心からお慶び申し上げます。

 新しくスタートした幼稚園生活・保育園生活、学校生活と授業、進級、そして新しい友達との出会いなどなど、期待と希望、そしてチョッピリ不安もあります。新しい世界の生活が、友達との触れ合いが、保育や授業における活動が、「楽しいもの」として展開することを願っています。

 家族は、幼稚園・保育所、学校の様子をお子さんが話すのを「そうなの・・・」「よかったね・・・」「それでどうしたの・・・」などと、笑顔で聞いてあげましょう。ちょっとした心配事や悩みなどを漏らした時は、じっくり聞いて、相談に乗ってあげましょう。(心配になるような内容でしたら、大騒ぎをしないで、家族で話し合ったり、先生に冷静に相談したりしましょう。)

 また、学校の先生は、子供が不安を感じているということを承知した上で、丁寧に指導し、良い所を見つけて、褒めてあげましょう(良い所、頑張っていること、まじめに取り組んでいること、進歩したことなどを積極的に評価すことを「肯定的評価」と言います)。  

褒められると自信を持ち、積極的になります。他の子どもも真似をして、頑張るようになります。

特に、友達関係に気を付けてあげましょう。友達との関わりで、ちょっとしたことに傷ついたり、無意識のうちに友達を傷つけたりしていることがあり、登校し振りを起こしたり不登校になったりする例があります。年齢や発達段階に応じて、「好ましい人間関係づくり」の指導を具体的に進めてください。

先生方は何かと忙しいとは思いますが、時には、子供たちの輪の中に入り、ガキ大将を演じてみてください。(H.K)                            

<備考> [成美教育文化会館]で検索すると、「かけはし」「メッセージ」「Q&A」「ほん本ブック」をはじめ「一宇荘」「至楽荘」「成美教育文化会館の会場貸出」など様々な情報が閲覧できます。一度、覗いてみてください。

posted by 豊島修練会 at 13:20| 会館だより「かけはし」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする