2020年09月01日

会館だより「かけはし」

         月より団子!

 今年の春は、新型コロナウイルスの感染防止のために、花見はお預けになりました。勿論、桜の花見です。

でも、多くの人たちは、「花より団子」で花はそっちのけ、3密で、美味しい物をつまみながら酒を酌み交わし楽しみます。

この状況を「花より団子」と言います。これは、「花見できれいな花を眺めるよりも、美味しい団子を食べる方がいい」ということです。転じて、名より実利を重んじることや、風流の分からない人のことを「花より団子」と言うようになったそうです。

 ところで、秋には中秋の名月(十五夜、満月)を鑑賞する習慣があります。今年は、10月1日(旧暦8月15日)です。現在は少なくなりましたが、昭和時代は、団子やススキ(おばな)をお供えして、家族で満月を楽しんだものです。もっと昔は、月見団子、里芋、枝豆、秋の七草(ハギ、キキョウ、クズ、ナデシコ、ススキ、オミナエシ、フジバカマ)を飾り、満月を鑑賞したそうです。

 団子を食べると健康と幸福が得られ、ススキは稲穂の代わりで、農作物の豊作や子孫繁栄を願う意味があると言われています。

 面白いことに、お供えした団子を誰かに盗られると縁起がいいと言われました。そんなことで、私の子供の頃は、友だち数人とあちらこちらの家の庭に忍び込んで、お団子をたくさん集めたものです。

子どもにとっては、満月を仰いで観賞したり、稲の豊作や家族の健康に感謝するよりもまずは団子を食べたり、よその家の団子をもらったりすることの方が楽しかった思い出があります。まさに、「月より団子」だったのです。 

(「月より団子」のKH)

<備考> [成美教育文化会館]で検索すると、「かけはし」「メッセージ」「Q&A」「ほん本ブック」をはじめ「一宇荘」「至楽荘」「成美教育文化会館の会場貸出」など様々な情報が閲覧できます。一度、検索してみてください。

posted by 豊島修練会 at 10:31| 会館だより「かけはし」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月20日

子ども・大人・教師のためのQ&A

 子どもとのQ&A(疑問や質問のある子は素晴らしいです!)

Q英語が苦手です。どうしたらできるようになりますか。(小5男)

Aあわてることはありません。気にはしてもいいですが、苦にしない(なやまない)でください。国語(日本語)のほかに、外国の言葉を学習するのですから、少し大変です。

 英語の学習は、まねることがいい勉強の仕方です。そこで、英語の授業の時に、先生の英語を聞いて、その言い方のまねをしてみましょう。

 それから、時間がある時に、テレビの小学生向けの英会話の番組を見て、言い方のまねをしましょう。もし、町で外国人と出会ったら、恥ずかしがらずに、思い切って、英語で話しかけてみましょう。だんだんなれてくると、少しずつ話せるようになります。少しでも通じると、嬉しくなり、やる気が起きますよ。 あせらずに、少しずつがんばりましょう。

  大人とのQ&A(パパ&ママ、ジジ&ババもいつまでも好奇心を!)

Q給食費を払いたいのですが、生活に余裕がなくて困っています。子供に余計な心配をさせたくありません。どうしたらよいでしょうか。(小2女の子の母)

Aどのご家庭にもそれなりの悩みはあるものです。よくぞ相談してくださいました。まず、担任の先生か、市役所の福祉課に相談してみましょう。事情を具体的に話して相談すれば、親切に応じてくださいます。生活に困っていれば「生活保護」を受ける制度がありますし、給食費や学用品費などに困っているということであれば「準要保護」という制度があって、市や区が支援してくれます。住民の当然の権利ですから、遠慮しないで相談してみましょう。

   学校の先生がたのQ&A(先生にもわからないことがある!)

Q先輩が厳しいので嫌になっています。どうしたらいいですか。(経験2年目の教師)

A若い教師のために、嫌われてもいいからと言うくらいの気持ちで厳しく指導くださっているのだと思いますよ。幸せなことです。いろいろ教えてくださることに感謝し、素直に聞き入れるようにしましょう。丁寧にお礼を言った後に、納得したことは受け入れ、納得できないことは忘れてしまえばいいのです。厳しい先生は、素直な人が多いので、「いつもご指導ありがとうございます」とお礼をいえば、少し優しくなるかもしれません。 (HK)         

★備考★[成美教育文化会館]で検索すると、「かけはし」のほか「メッセージ」「Q&A(皆様からの質問をお待ちしています)」「ほん本ブック」をはじめ「一宇荘」「至楽荘」「成美教育文化会館の会」の利用の仕方など様々な情報が閲覧できます。ぜひご覧ください

posted by 豊島修練会 at 10:13| 会館だより「かけはし」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月30日

会館だより「かけはし」

  どちらも大事!

      「活字で学ぶ」と「デジタルで学ぶ」

 コンピュータや人工知能などによる学習も大事ですが、デジタルだけに頼るだけでなく、活字による学びも必要です。デジタルと活字の両立なくしては、現在を充実させ将来に活躍できる子供は育たないということで、国は「活字の学びを考える懇談会」を、6月11日に発足したそうです。

 主な委員として、皆さんお馴染みの作家の阿刀田高さん、浅田次郎さん、歌人の俵万智さん、建築家の安藤忠雄さんなどが参画しています。

実は、ある研究所の所報に、次のことを提言したばかり(令和2年5月に執筆、9月に発行予定)なので、この懇談会の行く末に大きな期待を寄せています。

<手作りとICTの両立を!>

 タブレットなどICTを活用する学習(授業)が奨励されている。一方で、対面で話す・聞く、活字の本を読む、紙やノートに思いや考えを書く、事典・図鑑で調べる、実験・観察・見学をする、作る・描く、歌う・演奏する・演ずるなどの実体験が軽視される傾向がある。手作りや実体験と、ICTやバーチャルの両方を大事にしたい。

 脳の研究で有名な東京大学助教授の池谷裕二先生は1冊の本から多くのことを学んだこと(学んでいること)、作家の鈴木るりかさんは1行の文から素晴らしいことに気付かされることがあるという趣旨のことを、Y新聞に寄稿されていて、同感しました。

 皆さんのご家庭ではいかがでしょうか。日常生活も、遊びも、勉強も、趣味も、仕事もすべて、「手作り」と「ICT活用」、「活字で学ぶ」と「デジタルで学ぶ」の両方を大事にしたいものです。「手作り」と「活字で学ぶ」が、「ICT活用」と「デジタルで学ぶ」の基礎になっているのです。 (活字だけで育ったKH)

<備考> [成美教育文化会館]で検索すると、「かけはし」「メッセージ」「Q&A」「ほん本ブック」をはじめ「一宇荘」「至楽荘」「成美教育文化会館の会場貸出」など様々な情報が閲覧できます。一度、検索してみてください。

posted by 豊島修練会 at 11:24| 会館だより「かけはし」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする