2018年11月17日

子ども・大人・教師のためのQ&A

子どもとのQ&A(疑問や質問のある子は素晴らしいです!)

Q「トリセツ」って、どんな意味ですか? (小3男)

A私もわからなかったので、6年生の子に聞いてみました。そうしたら「取扱説明書(とりあつかいせつめいしょ)」を短くして、「トリセツ(とりせつ)」というと、教えてくれました。テレビで「アサスポ」とか、学校で「シャーペン」と短く言いますが、「アサのスポーツニュース」や「シャープペンシル」のことです。短くしないで、なるべく普通に言うほうがいいと思います。(「シャープペンシル」は、シャープという会社が作ったのでこういいますが、英語では「メディカルペンシル」と言わなければ通じません。)

簡単にした「食パン」「バス」「スマホ」の方が、「主食用パン」「オムニバス」「スマートフォン」より短くしても分かりやすい例もあります。

大人とのQ&A(パパ&ママ、ジジ&ババもいつまでも好奇心を!)

Q子供が学校で「AさんとBさんの考えは一緒だ」と発言したら、「そういう時は同じというのよ」と、注意されました。どこがおかしいのですか?(小4の母)

A「一緒」という言葉は、「友達と一緒に帰る」「Cさんと一緒に遊ぶ」「Dさんと一緒に勉強する」などのように、行動を共にする場合に使います。これに対して、「AさんとBさんの考えは同じ」「3+2の答えと、2+3の答えは同じ(等しい)」「リンゴ5個の代金と、豚肉200gの代金が同じでした」という時に、「一緒」という言い方はしません。

「一緒、同じ、等しい」や「数字、数、数値」のような言葉の使い方に気を付けましょう。

学校の先生がたのQ&A(先生にもわからないことがある!)

Q最近、パフォーマンス評価が話題になります。どのような評価ですか?(学年主任)

Aパフォーマンス評価(performance  assessment)とは、考える場面で、ペーパーテストではなく、パフォーマンス(子供の振舞い(学習活動)や作品)を手掛かりに、知識・技能を総合的に活用する力「思考力・判断力・表現力等」を質的に評価する方法です。

 パフォーマンス評価では、社会科「市役所に、どのようにしたらごみを減量できるか提案しよう」、算数科「三角形ABCの面積を求めましょう。また、それでなぜ三角形ABCの面積が求められるか理由も書きましょう」、家庭科「小学生の栄養のバランスの取れた1日の献立を考えましょう」などの課題を与え、その解決の過程や成果(結果や作品など)を、評価規準(ルーブリック=rubric=評価指標)に基づいて評価します。紙面の都合で、ルーブリックについては機会を見て説明します。                                                                                                       (三宅H)  

★備考★[成美教育文化会館]で検索すると、「かけはし」のほか「メッセージ」「Q&A」「ほん本ブック」をはじめ「一宇荘」「至楽荘」「会館の会場貸出」など様々な情報が閲覧できます。
posted by 豊島修練会 at 10:22| 子ども・大人・教師のためのQ&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月17日

子ども・大人・教師のためのQ&A

子どもとのQ&A(疑問や質問のある子は素晴らしいです!)

Q大人が、いろいろなことで、ボランティアをしています。子どもの私たちにできることがありますか?(小6女)

A災害が起きた時など、大人がボランティアで、困っている人を助けているというニュースをよく見ます。自分もボランティアをしたいと思っているあなたは、すばらしいです。私の知っているA子さんは、おこづかいの余った分を貯金箱に入れておいて、少したまったらユニセフに寄付しているそうです。B君は、近所のお年よりの犬の散歩を手伝っています。C君とDさんは、足の不自由なお年よりの火曜日のゴミ出しを手伝っているそうです。

子どもにできること、無理なくできることをするといいと思います。家族に相談し、話し合ってみてください。

大人とのQ&A(パパ&ママ、ジジ&ババもいつまでも好奇心を!)

Q我が子は作文が苦手です。どうしたら作文が上手になりますか?(小3の母)

A私も子供のころ作文が苦手でした。「上手に書こうとしないで、思ったこと、感じたことを、そのまま書いてごらん」と先生に言われ、そのようにしていたら、上手にはならなかったけれども、苦にはならなくなりました。「〇〇ちゃん、どんな

ことを書きたいの?思いついたことを口に出していってごらん」と言って、言わせて、「そうそう、それ

を書けばいいのよ」という具合にしてみてください。お子さんが、作文を持ち帰ったら、いいところを

見つけて、大きく褒めてあげましょう。

学校の先生がたのQ&A(先生にもわからないことがある!)

Q授業に自信がありません。授業力を伸ばすコツを教えてください。(4年担任)

A子どもたちが意欲的に取り組み、考えたり、したり、試したり、調べたり、話し合ったりするような授業ができたら素晴らしいです。次のことを実行してみてください。

  • 1週間に一度でいいですから、指導案(本時案だけでいいです)を書いて授業してください。その日の放課後、子どもの学習状況などを思い出して、自己評価します。
  • 指導案を作る際は、教科書の指導書と、文科省の「学習指導要領解説〇〇編」の該当ページを参考にするといいと思います。
  • 空き時間に先輩の授業(研究授業、研究会の他校の授業)を見せていただき、自分と違うところ、自分の授業に取り入れたいことを発見し、まねる(取り入れる)ようにする。
  • 管理職や先輩に授業を見ていただき、指導・助言を受けて、改善に努める。
  • 向上したいと思っていることじたいが素晴らしいです。期待しています。(三宅H)                        

★備考★[成美教育文化会館]で検索すると、「かけはし」のほか「メッセージ」「Q&A」「ほん本ブック」をはじめ「一宇荘」「至楽荘」「会館の会場貸出」など様々な情報が閲覧できます。

posted by 豊島修練会 at 11:04| 子ども・大人・教師のためのQ&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月19日

子ども・大人・教師のためのQ&A

子どもとのQ&A疑問や質問のある子は素晴らしいです!)

Q夏休みの宿題に読書の感想文が出ました。どのように書いたらいいですか?(小5男)

A読書感想文は、このように書くべきだというきまりはありません。だから、あなたが本を読んだ後で、心と頭に残っていたことを書けばいいのです。

 学校の図書室や市立図書館で探すと、読書感想文を集めた本が見つかると思います。それを読んで、自分が気に入った感想文を参考にして書いたらいいと思います。

 本を「読んだきっかけ」、「内容のあらすじ」、「自分が思ったことや感じたこと」、「感動したこと」などを書くといいと思います。


大人とのQ&A(パパ&ママ、ジジ&ババもいつまでも好奇心を!)

Q子どもが勉強しません。どうしたら、学習意欲が高まりますか?(小4の母)

A子供が勉強になかなか取り掛かれない理由には、「➀やらなければならない勉強以外のことに関心が向いてしまっている」「Aやらなければならないことはわかっているが、やりたくない」「➂注意されてばかりいるので、反抗的になっている」などがあるといわれています。どれに該当するか観察して、親子で話し合ってみてください。

 そこで、@については自分で判断して、今やるべきことを決定するために「自分で決めて自分でやる」ことを約束をする、Aについてはしばらくそのままにしておいて「しないで困った体験をさせる」、➂については注意することをちょっと控えて「良い所をほめて、自分から取りかかる雰囲気をつくる」ように工夫してみてください。


学校の先生がたのQ&A先生にもわからないことがある!)

Q授業で「振り返りが必要だ」と言われますが、具体的にどのようなことをすればいいのですか?(経験6年目の教師)

A「振り返り」は、主体的・対話的で深い学びの「深い学び」を実現することとの関連で考察されることが多いです。「振り返り」には、次の3つの場合(田村学先生の考え)があります。これを授業の中で意図的に使い分けて実行していくといいと思います。

★1時間の授業の終わりに、学習したことが分かっているか,できるようになっているか確認する。

★授業で学習したことを、既習事項(今までに学習したこと)と関係づけたり、いつでも言えるように一般したりする。

★学習したことを自分のことと結び付けたり、自分がどのように高まったか(変化したか)を自覚したりする。

                                                  (三宅H)

★備考★[成美教育文化会館]で検索すると、「かけはし」のほか「メッセージ」「Q&A」「ほん本ブック」をはじめ「一宇荘」「至楽荘」「会館の会場貸出」など様々な情報が閲覧できます。

posted by 豊島修練会 at 10:35| 子ども・大人・教師のためのQ&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする