2020年03月12日

しゅうれん会からのメッセージ

子どもたちへ(小さなお子さんには読んであげてください)

 このごろ、の子どもたちは「すばらしい!」と思うことがたくさんあります。例えば、兵庫県の小学生5人は、庭で助けをよぶ91歳のおばあさんの小さな声に気付きました。手分けをしておばあさんをかいほうしたり救急車を呼んだりして助けました。山形県や奈良県でも小学生のお友達が同じようなよいことをしました。

 このような小学生がお年寄りの命を救ったり、親切にしたりすることは、日本のあちこちで行われています。

 皆さんも身の回りで困っている人がいたら助けてあげましょう。親切にしてあげましょう。自分たちだけでできないときは、無理をしないで、周りの大人に助けを求めましょう。

大人の皆様へ(パパ&ママ、ジジ&ババ)

 電車の中で、小さな女の子が「ママ!どうしてオリンピックはいやなの?」と、お母さんに聞いていました。お母さんは、困ったような表情でちょっと考えて、「オリンピックが嫌なのではなくて、オリンピックの年ということよ」と説明しました。少しおませな女の子は、「嫌だって言わないで、オリンピックの年と言えばいいのに!」と、反発しました。

 そばにいた小学校中学年くらいのお兄ちゃんが、「イヤーっていうのは、年ということだよ。」と付け加えました。女の子は「フ〜〜ン!」と、納得したような表情をしました。

 この頃、カタカナ英語が氾濫しているので、こういうことはたびたび起こります。ことを混乱させないためにも、ちょっと考えた方がよさそうです。

学校の先生がたへ 

 素晴しいことを成し遂げたある人が、ある所で語っていたことです。「私の人生は決して平たんなものではなかった。99%は失敗と、悩みと、苦しいことだらけだった」と。「でも、諦めないで、希望を失わずなんとか頑張りぬけたのは、小学校6年生の時の担任の先生から『K君、これから思うようにいかなことがあるかも知れない。でも、希望は絶対にあきらめるな。成功した時は、100倍の幸せがやってくる。君なら最後はうまくいく。』と言われたことにある」と、述懐していたのが印象的でした。

 教師の何気なく言った一言が、子供たちにじわりじわりと効いてくることが少なくありません。それだけ、教師の影響力は大きいのです。頑張ってください。 (BOKE三宅)

★備考★[成美教育文化会館]で検索すると、「かけはし」のほか「メッセージ」「Q&A」「ほん本ブック」をはじめ「一宇荘」や「至楽荘」の利用の仕方、「成美教育文化会館」の会場貸出など様々な情報が閲覧できます。ご利用ください。

posted by 豊島修練会 at 12:49| しゅうれん会からのメッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月19日

しゅうれん会からのメッセージ

子どもたちへ(小さなお子さんには読んであげてください)

 節分とはどういうことか知っていますか? 節分とは、季節の分かれ目で立春2月4日、立夏5月5日、立秋8月7日、立冬11月7日の前の日を言います。「立春」2月4日は、昔の暦では、新年を迎えるおめでたい日で、この日の1日前を「節分」というようになりました。この区切りの「節分」に、悪いことが起こらないように悪さをする鬼を追い払うようになったのです。

 魔ものを滅ぼす「魔滅(まめ)」という意味で、「豆」をまくようになったそうです。今から1200年くらい前の平安時代から続いているのだそうです。おうちの人に説明してあげてください。

大人の皆様へ(パパ&ママ、ジジ&ババ)

 女子ワールドカップで優勝した「なでしこJapan」のエースだった澤穂希さんの新聞記事での話です。

 子供が2歳ちょっとになって、生意気になってきた子の育児と家事と仕事で忙しい夫(旦那さん)などなどで、少しブルーになることがあるそうです。でも、優しい夫が子供の相手をしてくれたり、炊事をしたりしてくれるので、つかの間を買い物やジョギングで心スッキリにしているそうです。

 それから、悩み事などは夫や両親、ママ友などに気兼ねなく相談しているそうです。ママ友とのたわいないおしゃべりも心の洗濯になるようです。どうぞ、澤穂希さんにならって、何でも話せる人間関係をつくってください。

「そんなこと、言われなくてもやっているわよ!」それは大変失礼しました(笑)。

学校の先生がたへ 

 アフガニスタンで難民のために献身的な活動をしていて、凶弾に倒れた中村哲医師のご冥福をお祈り申し上げます。2004年春のインタビュー記事から一部を紹介します。

 国際協力は、そこに住んでいるおじさんおばさんに「必要なこと、してほしいこと」を聞くのは一番です。沖縄にラッセル車を贈るようなことは、役に立たないし、押し付けです。

 国際理解や異文化理解の授業は大切です。外国語を学習し、違った考えをする人がいることを知ることはとても大事です。でも、大事なのは、自分の国(日本)の文化を知っていて、それを大事にしないと、自己紹介も異文化交流もできません。日本のことを勉強することは、国際理解や異文化理解の基礎として重要です。                     (BOKE三宅)

★備考★[成美教育文化会館]で検索すると、「かけはし」のほか「メッセージ」「Q&A」「ほん本ブック」をはじめ「一宇荘」や「至楽荘」の利用の仕方、「成美教育文化会館」の会場貸出など様々な情報が閲覧できます。ご利用ください。

posted by 豊島修練会 at 11:55| しゅうれん会からのメッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月08日

しゅうれん会からのメッセージ

子どもたちへ(小さなお子さんには読んであげてください)

今年ももう少しで終わりになります。楽しかったこと、嬉しかったこと、嬉しかったこと、頑張ったこと、親切にしたこと、遊んだことなど、いろいろなことがありましたね。

 ところで、今年、読んだ本で、心に残っている本は、どんな本ですか? 心に残っている感動した本のある人は、とても素晴らしいです。

きちんと食事をすると病気になりにくい体を作ります。外遊びや運動すると丈夫な体を作ります。友達と遊んだり話したり協力して何かすると仲良くする力が付きます。「本を読む」と心が広くなり考える力がつきます。

大人の皆様へ(パパ&ママ、ジジ&ババ)

 パソコンやスマホを使って、ゲームをしたり、検索したり、友立ちと交信したりすることは、大人も子供も得意です。素晴らしいことです。

 ところが、最近、一人でパソコンやスマホに「夢中になり過ぎる人(バーチャル空間に閉じこもっている人)」がいるのだそうです。あなたはどうですか?

 友人と顔を合わせて会話する、読書をする、文章を書く、運動(スポーツ)をする、ボランティアや町会・地域行事に参加するなど、もう少し「実体験」の機会を増やしたら如何でしょうか。我が子にもそれを進めてください。

学校の先生がたへ 

 ある大学で、学生に講義をしてIH先生から聞いた「留学生の話」です。子供の指導をするときに、ちょっと頭の隅に置いていただきたく紹介します。

○日本の学生は、とても親切で礼儀正しく感心します。でも、なぜ、自分の考えや意見を言わないのでしょうか、不思議です。それにもっと議論をしてもいいと思います。

○日本の学生は、なぜ、日本語なのに、レポートや論文を日本語で書くのが嫌い(にがて、下手)なのでしょうか。

○大学の図書館を利用するのは、留学生が大部分です。日本の学生はなぜ読書をしないのでしょうか。

                                         (BOKE−K)

★備考★[成美教育文化会館]で検索すると、「かけはし」のほか「メッセージ」「Q&A」「ほん本ブック」をはじめ「一宇荘」や「至楽荘」の利用の仕方、「成美教育文化会館」の会場貸出など様々な情報が閲覧できます。ご利用ください。

posted by 豊島修練会 at 11:08| しゅうれん会からのメッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする