2019年02月10日

しゅうれん会からのメッセージ

子どもたちへ小さなお子さんには読んであげてください)

 あなたの知っている「みかんの種類を3つ言ってください」と言われたら、どう答えますか。Aさんは、「夏みかん」「(温州)みかん」「レモン」と答えました。

 Aさんは、もっとたくさんいえるよと、「甘夏」「デコポン(不知火:しらぬいともいう)」などと、次々と言い出したのでストップをかけた。

大人の皆様へ(パパ&ママ、ジジ&ババ)

 次に、Aさんのお母さんに、「Aさんは、みかんの種類を、夏みかん、温州みかん、レモン、甘夏、デコポンと5つ言えました。お母さんは、この5つ以外に3つ言ってください」と質問しました。

 「あのね、みかんの美味しい選び方は、タクが小さめで少し枯れている、色・つやが濃いだいだい色でツルっとしている、皮はふかふかせず張りがあるの3つが大事」と、余計なことを言いながら考えてくれました。

そして、「はっさく」「いよかん」「ゆず」「ネーブルオレンジ」と、4つも答えてくれました。

学校の先生がたへ 

 最後に、A子さんの担任の先生に、「夏みかん、温州みかん、レモン、甘夏、デコポン(不知火:しらぬいともいう)、はっさく、いよかん、ゆず、ネーブルオレンジ以外に、3つ答えてください」と、お願いしました。

 先生は、「3つだね!」と言いつつ「きんかん」「シークワーサー」「すだち」「ぽんかん」と矢継ぎ早に答えてくれました。さらに、「パンペイユ」「きんず(きんかんの仲間だそうです)」「ブッシュかん(仏手柑)」と珍しいミカンの名前を答えました。さすが先生です。(でも先生は、手に「読売KODOMO新聞」のみかん特集号を持っていました。すこしずるいぞ!)

 ところで、みかんの生産量は、全国で、1975年には約360万トンだったのに、2016年には741300トンと、約5分の1に減少しています。世界の比較では1位中国約1800万トン、2位スペイン約197万t、3位トルコ約155万トン、4位モロッコ約128万トンで、日本は第8位である。(BOKE−K)

★備考★[成美教育文化会館]で検索すると、「かけはし」のほか「メッセージ」「Q&A」「ほん本ブック」をはじめ「一宇荘」や「至楽荘」の利用の仕方、「成美教育文化会館」の会場貸出など様々な情報が閲覧できます。ご利用ください。

posted by 豊島修練会 at 15:49| しゅうれん会からのメッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月19日

しゅうれん会からのメッセージ

子どもたちへ(小さなお子さんには読んであげてください)

 今年もあと少しで終わります。「終わり」は、「始め」の少し前ということです。そこで、いい「始め」を迎えられるように、今年あったことで、良かったことを3つ思い出して、日記に大きく書いておきましょう。

@ 一番良かったこと  (                     )

A 二番目によかったこと (                     )

B 三番目によかったこと (                     )

 寒い毎日です。風邪をひかないようにね。


大人の皆様へ(パパ&ママ、ジジ&ババ)

 我が家に、子どもや孫がいることは、実に楽しいものです。そこで、今年1年を振り返って、我が子又は孫のことで、良かった思い出を3つ書き出してみましょう。大げさに考えないで、小さなささやかなことでいいですよ。幸せは、小さな喜びの集まったものすから。

  • 一番良かったこと  (                     )
  • 二番目によかったこと(                     )
  • 三番目によかったこと(                     )

 なんとも気ぜわしい12月を迎えました。寒いですから、健康第一にお過ごしください。なんといっても、庶民(セレブだったらごめんなさい!)にとっては健康が宝物です。


学校の先生がたへ

 子供の「良いところや進歩したこと、努力したことを認める評価をしよう」と、言い出したのは、今から20余年前あたりからです。

平成10年ころ発行された文部科学省「小学校学習指導要領解説算数編」の終りの方に、「肯定的な評価」として解説され(BOKE−Kの記憶によれば)、はっきり明記されたのが初めてです。

それまでは、子どもに100点を与えておいて、間違ったり、失敗したりすると減点していく「ひき算」による評価が中心でした。ところが、子どもに「空っぽの入れ物」を渡しておき、いいことをしたとき、良い考えをしたとき、頑張ったとき、進歩したときに、加点していく「たし算」による評価が提案されました(BOKE−Kが、提案したとは主張していません)。でも、もっと良くなるために、少しだけ「注文を付けること」を忘れてないことが大事です。褒められれば、子どもはいい気持ちになって、やる気を出すし、自信がつき元気が出てもっと頑張るようになります。試してみてください。

(BOKE−K)

★備考★[成美教育文化会館]で検索すると、「かけはし」のほか「メッセージ」「Q&A」「ほん本ブック」をはじめ「一宇荘」や「至楽荘」の利用の仕方、「成美教育文化会館」の会場貸出など様々な情報が閲覧できます。ご利用ください。



posted by 豊島修練会 at 10:27| しゅうれん会からのメッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月08日

しゅうれん会からのメッセージ

子どもたちへ(小さなお子さんには読んであげてください)

 新小平駅近くのバス停で、バスを待っていると、子どもがたくさん前を通ります。

あなたは、次の二人のどちらの子どもがいいと思いますか? やさしい子どもになってくださいね!

★Aさん・・・友達の悪口を言う。友達をつきとばしたり、殴ったりする。友達から「やめたほうはいいよ」と注意されると、「うるさい!」と言って、その子に意地悪をしたりいじめたりする。

☆Bさん・・・友達と楽しそうにおしゃべりをしている。口げんかをすることもあるけど、自分が悪いと気づくと「ごめんね」とあやまって、仲直りができる。いじわるやいじめられている子がいたときは、先生に知らせて、その子を助けようとしている。

大人の皆様へ(パパ&ママ、ジジ&ババ)

 ノーベル賞を受賞した本庶先生が、「教科書に書いてあることを信じるな」と言ったことが、波紋を広げています。これに迎合して「さすがノーベル賞をもらうだけある」と絶賛する有名人・有識者(?)が続出しています。

 でも、いくら偉い人が言ったからと言って「鵜呑みにしてはいけない」と思います。大学生が使う教科書ならいざ知らず、小学生や中学生の使う教科書には、基礎・基本となる当たり前のことしか書いてないからです。もちろん、社会科では「鎌倉幕府の成立は、源頼朝が征夷大将軍になった1192年ではなく、守護・地頭が配置された1185年にする」とか、理科では「植物の分類は、これまでは・・・だったけど、今は……となっている」ということも確かにあります。でもこれは、間違いというのではなく、研究の成果に伴って変更しようという「ものの見方・考え方の進歩」によるものです。

 いずれにしても、教科書に書いてあることを、「どうしてそうなの?」「その理由は?」と、納得できるまでこだわる子供になってほしいという期待ならば、同感です。

学校の先生がたへ

 新聞の報道によると、小学校の「総合的な学習の時間70コマのうち4分の1の18コマ」までは、「学習の目標、指導方法や評価方法など」について、「学校との連携」がとれていれば、「教員の引率なし」にしかも「土曜日や日曜日、夏休みを利用」して、「NPOや公共施設や企業などに委託できる」ようになるということである。 

 中学年に外国語活動(35コマ)、高学年に外国語(70コマ)と35コマ増に対する授業時数の確保と、教員の働き方改革に伴い改善策の一つということである。地域の人的資源の活用の意義はわかりますが、担任がいなくて、授業で質と子供の安全は担保されるのか、打ち合わせや調整でかえって手間が増えないなど、どう考えたらよいものか。(BOKE−K)

★備考★[成美教育文化会館]で検索すると、「かけはし」のほか「メッセージ」「Q&A」「ほん本ブック」をはじめ「一宇荘」や「至楽荘」の利用の仕方、「成美教育文化会館」の会場貸出など様々な情報が閲覧できます。ご利用ください。

posted by 豊島修練会 at 10:42| しゅうれん会からのメッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする