2018年02月14日

しゅうれん会からのメッセージ

子どもたちへ小さなお子さんには読んであげてください)

 ★交通事故に気をつけましょう。このごろ子どもの交通事故が多いです。

  次のことに気をつけましょう。

「@歩道を歩くときも自動車に気をつける。A横断歩道や歩道橋を利用する。B横断歩道を渡るときは、信号が青になっても、自動車が止まったことを確認してから手を大きく上げて、さっさとわたりましょう。C自転車に乗るときは、歩行者に気を付けて、ゆっくり走りましょう。片手運転・傘さし運転・スマホ運転は絶対しない。D家の人に相談して、保険に入る。」などです。家族でゆっくり話し合いましょう。


大人の皆様へ(パパ&ママ、ジジ&ババ)

 皆さんは、子どもの食生活についてどのようにお考えでしょうか?(話の進行上1人称で書きます)。我が家では、食事は栄養のことを考えて、朝食もきちんと食べる、(昼は給食ですから学校にお任せ)、夕食の前はおやつをあまり食べない、夕食は残さず食べる。飲み物はなるべく牛乳やお茶(緑茶、麦茶)にしてソフトドリンクはあまり飲まない。としているのですが、うまくいきません。

子供の頃の食事(栄養のバランスと量)が、将来大人になった時の健康な体に関係することを折に触れて話しているのですが…。

 皆さんはどのようになさっていますか? ママ友や学校参観の時などに情報交換(おしゃべり)をして、子どもたちにより良い食生活をさせ、食習慣を身に付けさせたいものです。


 学校の先生がたへ

 ある研修会のパネルディスカッションで、会場の先生から「会議や指導計画の作成で忙しくて、授業の準備ができません。どうしたらよいですか?」と質問されたので、「優先順位が違っていると思います。授業の準備と授業を優先させて、余った時間を会議や書類の作成に使ったらどうですか」と答えました。

その後、多くの人から無責任な発言だとお叱りを受けました。自分には、いまだに、何処が間違っているのかわかりません。どなたか教えてください。

いずれにしても、「教師は何をすべきか」を真剣に考え、「子どものためになること」を優先すべきだと思います。最優先すべきことは、「@授業(指導)の計画と準備、A実際に充実した授業(指導)の実施、B評価をし、子供には必要な支援をし、教師自身は指導法を改善する、など」だと思います。それ以外のことは、@ABの後にすることが本来の教師の働き方(仕事)のはずです。先生方は、いかがお考えですか?子どもの将来は、日本の未来なのですから…。

         (BOKE三宅)

★備考★[成美教育文化会館]で検索すると、「かけはし」のほか「メッセージ」「Q&A」「ほん本ブック」をはじめ「一宇荘」や「至楽荘」の利用の仕方、「成美教育文化会館」の会場貸出など様々な情報が閲覧できます。ご利用ください。

posted by 豊島修練会 at 11:41| しゅうれん会からのメッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月16日

しゅうれん会からのメッセージ

子どもたちへ(小さなお子さんには読んであげてください)

 駅のかいだんを、ランドセルをせおった女の子(A子ちゃん)が、白い杖のおばあさんを手助けしながら降りてきました。とても心のやさしい子だと感心しました。

「エレベータを教えてあげたら」というと、「私もそう思ったの、でも、エレベータのない駅もあるので、かいだんが一番いいんだって」「そう、あなたはかしこいね」と、またまた感心してしまいました。

 こういう親切な子供がどんどん増えてほしいと思いました。そして、このような子に育てたご両親と先生にかんしゃしました。

 2020年には、金メダルより、このような親切で外国の選手やお客さんをむかえましょう。


大人の皆様へ(パパ&ママ、ジジ&ババ)

 この前、山手線に乗ってびっくりしました。優先席の床が「真っ赤」に塗られているのです。きっと、元気な人が座席に座り、私のような高齢者がヨロヨロしながら立っていることを改善しようと工夫したのだと思います。

 でも、向かい合いに3つずつ合計6つある座席は、いつものように半分はスマホ片手の若者に占領されていました。ヨロヨロのおばあさんが乗ってきたのに誰も席を譲りません。ヨロヨロのおじいさん(私)が席を譲りました。

 本当に、どうしたものでしょうか。全員が、ぱっと譲るようではびっくりですが、せめて一人くらいが、高齢者に席を譲るようであってほしいと思います。

 どうか皆様、子どもにモデルを示し、A子ちゃんのような子どもが増えるように宜しくお願いします。それから、高齢者の皆さんは、子どもから親切にされたら「ありがとう!」と素直に受け止めてあげてください。


学校の先生がたへ

 今朝、TVを見ていてびっくりしました。電車の中で、座りたい妊婦の人がいたら、席を譲ってもいいよと言う人とLINEで連絡し、席を譲るという新しい実験(試み)がされているということでした。これを開発している人、これをニュースとして報じているアナウンサーの明るい語り口に「違和感」を覚えました

 先生方は、このニュースをどのように感じますか? 

 周りをほんの1〜2秒見回し、高齢者、体の不自由な人、酸素吸入器を付けている人、ヘルプマークを付けている人、おなかに赤ちゃんのいる人などがいらしたら、特別につかれていないような場合には席を譲ったらいいだけの話です。日本人は、ここまで独りよがり、自己中心的になってしまったのかと驚いてしまいました。先生方、このことを教材にして「道徳科」の授業をしていただけませんか。お願いします。(BOKE三宅)

★備考★[成美教育文化会館]で検索すると、「かけはし」のほか「メッセージ」「Q&A」「ほん本ブック」をはじめ「一宇荘」や「至楽荘」の利用の仕方、「成美教育文化会館」の会場貸出など様々な情報が閲覧できます。ご利用ください。

posted by 豊島修練会 at 10:46| しゅうれん会からのメッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月07日

しゅうれん会からのメッセージ

子どもたちへ小さなお子さんには読んであげてください)

 今年も残りの日数が少なくなりました。「終わりよければすべてよし」ということわざがあります。難しい言い方では「有終の美を飾る」(ゆうしゅうのびをかざる)ともいいます。意味は、「途中では苦しいことや失敗があってもやり抜き、最後をしっかりまとめましょう(しあげましょう)ということです。

2学期がもうすぐ終わります。有終の美が飾れるように、途中のことややり残していることがあったらもうちょっと頑張って、まとめをしっかりやりましょう。そして、いい気分で新しい年を迎えましょう。


大人の皆様へ(パパ&ママ、ジジ&ババ)

 「有終の美を飾る」は、「詩経」の「初め有らざるなし克く終わり有る鮮し(はじめあらざるなしよくおわりあるすくなしと読み、初めは誰でも計画を立て一生懸命やるが、それを最後までやり遂げる人は少ないという意味)」に由来していると言われています。

お子さんが2学期の終業式のあと、作品や期末テストを持ち帰ります。通知表を貰ってきます。できない、不十分なところに目が行きがちですが、まず「最後まで頑張ったこと」と「良かったところ」を大きく褒めてあげてください。それから「こうするともっとよくなるよ」と少しだけ注文を付けるようにしてください。

褒められて嬉しくなり、新年の3学期は「頑張るぞ!」とやる気を出して、お正月が迎えられると思います。


学校の先生がたへ

 「詩経」は西周時代に孔子が編集した中国最古の詩篇です。「有終の美を飾る」の類語に、「掉尾を飾る(ちょうびをかざると読み、物事の終わりをしっかりと締めくくるという意味)」があります。ちなみに、英語には「to make one’s month (最後においしいものを食べて食事を終える)」とか、「crown one’s career with a triumph(大成功で生涯の有終の美を飾る)」という表現があるそうです。

 ところで、学級通信に子供の作品などを載せたり、良い作品を教室の壁に張り出したりして紹介してきたと思います。2学期に、学級新聞に1度も載らない子供はいませんか? 作品が1度も貼り出されていない子供はいませんか? もう一度確認して、最後の調整をしてあげてください。子供は、先生の優しい思いやりにきっとホッコリとした気持ちになることでしょう。

 誰に対しても「公平」(差別をしない、仲間外れにしない)で、「平等」(一部に偏らない、依怙贔屓をしない、全員に同じようにする)であることが、重要です。「公平」で「平等」な教室の中で育った子供は、きっと「公平」で「平等」な行動のできる人間に育つでしょう。

★備考★[成美教育文化会館]で検索すると、「かけはし」のほか「メッセージ」「Q&A」「ほん本ブック」をはじめ「一宇荘」や「至楽荘」の利用の仕方、「成美教育文化会館」の会場貸出など様々な情報が閲覧できます。ご利用ください。


posted by 豊島修練会 at 14:39| しゅうれん会からのメッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする