2017年05月27日

おすすめの「ほん・本・ブック」

 子どものほん(子ども、小学生&中学生)

ジリアン・ドハーテ作、デリ・ガウアー絵、荒木文枝訳

「ポケット版1001ぴきの虫をさがせ」PHP研究所 本体780円

 「魔法の国のお城」「ひみつの図書館」「おかしな調理場(料理を作る場所、だいどころのようなもの)」「魔法の国の宴会(パーティーのこと)」「魔法の国の運動会」「ハロイーンのパレード」など、14の場面をとあげています。

 クイズが出ているので、それに答えながらさまざまな虫のことを知ることができる楽しい本です。クイズを無視して、大きな絵を見ながら、自分の思いつきで楽しむこともできます。また、身の回りのことをクイズにして楽しむヒントにもなります。


   大人の本(パパ&ママ、ジジ&ババなど)

「PHPのびのび子育て2017年4月号」  PHP教育研究所 本体362円

 大人が子供に対して使う言葉で、一番多いのが「早く!」だそうです。

確かに、何かにつけて「早く!」を連発しています。本書の特集では、「早く!がなくなる朝と夜の習慣」を取り上げ、「もう、イライラしなくていい!!」方法を具体的に紹介しています。  

内容は、3歳、5歳、7歳の子供を例にして、次のような内容を取り上げ、小学生にも通じるもので役立ちます。

○せかしても意味がありません。子どもの「自分でやる力」を伸ばそう。○年齢別&生活習慣別『早く!』の上手な伝え方 ○「時間がない」のに子どもが「やりたい」と言い張るときの対処法 ○ぐずぐずしない朝と夜の親子習慣など。実際に、読まなくても、この項目を見ただけで、何をしたらよいか察しのつく人もいると思います。


 学校の先生のブック(小学校・中学校の先生)

文部科学省「幼稚園教育要領、小学校学習指導要領、中学校学習指導要領、高等学校学習指導要領、特別支援学校学習指導要領」平成29年3月告示

 学習指導要領指導要領が10年ぶりに改訂されました。学校現場の超多忙の状況を知らないはずはないのに、「指導内容と授業時数」を増やし、それをきちんと指導するために、「土曜授業や夏休み短縮、短時間活用(朝学習、放課後学習など)、モジュール制」などの変化球を学校に求めています。

 その上、「開かれた教育課程(地域の人的物的資源の活用)」「カリキュラム・マネジメント」「資質・能力の3つの柱(知識・技能、思考力・判断力・表現力等、学びに向かう力・人間性等)」「主体的・対話的で深い学び(アクティブ・ラーニングと言ういい方は止めた)」「現代的な諸課題への対応と求められる資質・能力」など、すべてを丸投げされたような気がします。でも、子どもに「質の高い授業」をするために、何とかしないと(溜息)。  (YAYU

★備考★話題提供として本を紹介しているだけで、購読を勧めるものではありません。 [成美教育文化会館]で検索すると、「かけはし」「メッセージ」「Q&A」「ほん本ブック」をはじめ「一宇荘」「至楽荘」「会館の会場貸出」など様々な情報が閲覧できます。ご利用ください。




posted by 豊島修練会 at 10:45| おすすめの「ほん・本・ブック」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月20日

おすすめの「ほん・本・ブック」


 子どものほん(子ども、小学生&中学生) 

サンキュウタツオ著「国語辞典の遊び方 学校では教えてくれない!」 角川書店 本体640

 何かわからないことがあるとき、パソコンで調べ、それですませていませんか。この本は、「詳しく分かる」「使い方の例も出ている」「いろいろなことが自然にわかる」などと、辞書や辞典を引いて調べることをすすめています。

少し難しいと思いますが、@国語辞典はみなちがう、A国語辞典のルーツ、B辞典の中にもブランドがある、C国語辞典は2冊持つ時代、Dなぜ、こんなに多様化したのか?E忘れちゃいけない文法問題、など、いろいろなことが分かってきます。

 わたしも、「なるほど」と思いながら読み終えました。小6と中2の孫が、けっこう読んでいるから、面白いなのかもしれません。これからわからないことがあったら、電子辞書やパソコンだけでなく、辞典調べることもしてくださいね。


    大人の本パパ&ママ、ジジ&ババなど)

PHP「のびのび子育て20174月号」PHP研究所 本体362

 子どもに、ついつい「早く!」と言って、イライラしがちである。我が家の大人たちもそうである。今月号は、「早く!がなくなる朝と夜の習慣―もう、イライラしなくていい」で、「3,5,7歳で変えよう「早く!」の上手な伝え方」を具体的に、分かりやすく紹介している。

早く出かけたい時間のない時に、子供がもたもたしていたら、自分で「やりたい!」と言い張るときなどどうしますか、このようなことの対処法が紹介されている。

 また、特別企画として、知らないと困る“トラブル回避”ポイント!「ママ友づきあいでやってはいけない15」も、参考になって、心が少し軽くなる。


  学校の先生のブック小学校・中学校の先生)

 建築家山嵜一也著「イギリス人の、割り切ってシンプルな働き方“短く働く”のに“なぜか結果を出せる”人たち」  KADOKAWA 本体1300円    

 EUの離脱で国際的な話題になっているイギリス、この国の人々イギリス人はどのような人たちなのでしょうか? ロンドン五輪の現場監理(設計図通りに進んでいるか監督する)を行った山嵜氏が、在英12年間の体験を綴った本で、日本人として我が身を振り返ってみるきっかけとなる。

「割り切って働く」「確実に休みを取る」「17時で退社する意思」「上司とのフラットな関係」「目的から逆算して考える」「多様性を受け入れる」「できないではなく、やらない」「未来は予測しない。つくる」など、夢のような働き方だ。「明日からの有給休暇を万全の体調で迎えるために、今日は会社を休むわ」には、さすがに驚いた。     (YAYU

★備考★話題提供として本を紹介しているだけで、購読を勧めるものではありません。 [成美教育文化会館]で検索すると、「かけはし」「メッセージ」「Q&A」「ほん本ブック」をはじめ「一宇荘」「至楽荘」「会館の会場貸出」など様々な情報が閲覧できます。ご利用ください。

posted by 豊島修練会 at 16:21| おすすめの「ほん・本・ブック」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月29日

おすすめの「ほん・本・ブック」



子どものほん(子ども、小学生&中学生)

 メアリー・ポープ・オズボーン著・食野雅子訳

「マジックツリーハウス第15巻ドラゴンと魔法の水」 メディアファクトリー本体780


 空想や冒険が大好きで、動物とすぐ仲良しになれる女の子アニーと、読書と自然観察が大好きで観察したことを何でもノートに書くジャックの冒険物語です。

 木の上に作った小屋で遊んでいるうちに、冒険の世界にまよいこんでしまい、昔のイギリスのアーサー王をめぐる物語となります。

 キャメロットからの招待状、アーサー王のなげき、ドラゴンとの対決、魔法使いマーリンなど16の話を楽しむことができます。さし絵とやさしい文章、漢字にはフリガナがふってあり、とても読みやすく、楽しめます。


  大人の本(パパ&ママ、ジジ&ババなど)

佐藤優・井戸まさえ著「小学校社会科の教科書で、政治の基礎知識をいっきに身に付ける〜これだけは知っておきたい70のポイント〜」東洋経済 本体1000


 満18歳で選挙権のある時代、TVや新聞で、日本や世界の政治のことが話題にならない日はありません。「これはどういうこと?」「どうなっているのか?」と知らないことが少なくありません。

でも、たいていは、小学校6年生の社会科で学んでいます。すっかり忘れていたのです。

この本を読むと、国会、内閣、裁判、憲法、三権分立、税金、選挙などについて、正しい知識を整理することができます。大人が、政治について正しい知識を持ち、子供たちのため、自分のため、家族のために行動することは大切なことです。ということが分かります。これだけの知識があれば、TVなどを見ながら家族で話題にするのにも役立ちます。



  学校の先生のブック(小学校・中学校の先生)

 南野忠晴著「正しいパンツのたたみ方」 岩波ジュニア新書 本体840

 この本のサブタイトルは「新しい家庭科の勉強法」です。


 著者は、高等学校の英語の教師でしたが、家庭科の教師になりました。「朝から寝ている生徒、なにをやるのもダルそうな生徒、あらゆることに無気力オーラを出し続けている生徒、いつも不機嫌で人やモノにあたっている生徒、顔色が悪く保健室通いが日常茶飯事になっている生徒」が気になり、その原因が「心の問題」ではなく、「生活の問題」だと気づいたからなのだそうです。

 現在、著者は、中学校の家庭科の教師をしていますが、子供が「生活力」を身に付ければ、現在の生活がきちんとできるようになるとともに、今後の人生にも役立つと主張しています。

 子供のために書かれた本ですが、大人、特に教師が読むと、基本的な生活習慣が身に付いていない子供の指導、学習習慣を定着させる指導の参考になります。             (YAYU)

★備考★なお、話題提供として本を紹介しているだけで、購読を勧めるものではありません。 [成美教育文化会館]で検索すると、「かけはし」「メッセージ」「Q&A」をはじめ「一宇荘」「至楽荘」「会館の会場貸出」など様々な情報が閲覧できます。ご利用ください。

posted by 豊島修練会 at 10:52| おすすめの「ほん・本・ブック」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする