2019年11月28日

しゅうれん会「気になる一冊」

子どものほん(子ども、小学生&中学生)

齋藤孝著「夏目漱石の人生論 牛のようにずんずん進め」草思社 1620円(税込)

大人の本(パパ&ママ、ジジ&ババなど)

 今月の「子どものほん」と「大人の本」は、同じ本です。この本は子供向けに書かれたものです。でも、子ども(子どもには少し難しいかもしれません)だけでなく大人の役にも立ちそうなので、紹介します。家族で読んで感想を話し合ってください。

 「ぼっちゃん」や「吾輩は猫である」などを書いた夏目漱石が、若い弟子に書き送った言葉を基に書いたものです。「牛」は、「真面目(まじめ)」という意味らしいです。

 この本は、「はじめに―“漱石流真面目力”を読み解く」、第1章「あなたは本当にまじめですか?」、第2章「自分の本領を発揮していますか?」、第3章「生き切っていますか?」、第4章「世の中に立ち向かっていますか?」、第5章「人のために泣けますか?」、第6章「覚悟がきまっていますか?」、「おわりに―人間教師夏目漱石」という内容になっています。

学校の先生のブック(小学校・中学校の先生)

文部科学省「プログラミング教育の手引き」 ホームページから無料でダウンロード可 小学校では、2020年度から本格的に「プログラミング教育」が始まります。

「プログラミング教育の導入の背景や意義」や「新小学校学習指導要領における位置づけ(算数、理科、総合的な学習の時間、特別活動)」、「プログラミング教材を用いた具体的な指導方法」などを、研修し、身に付けておくことが望まれます。 この手引きには、プログラミング教育を行う際の3つのパターンが紹介されています。参考にされ、自校の実態に合った効果的な展開を期待しています。

プログラミング教育が、「★<A分類>教科書に示されている単元等で、教科書に示されている目標の達成を目指して実施する。」「★<B分類>教科書には示されていない単元等で、教科書に示されている

目標の達成を目指して実施する。」「★<C分類>教科書には示されていない単元等で、プログラミングを体験する。」の3パターン。 (BOKE−K)

 ★備考★なお、話題提供のために本を紹介しているだけで、購読を勧めるものではありません。 [成美教育文化会館]で検索すると、「かけはし」「メッセージ」「Q&A」「気になる1冊」をはじめ「一宇荘」「至楽荘」「成美教育文化会館の会場貸出」など様々な情報が閲覧できます。ご利用ください。

posted by 豊島修練会 at 10:36| しゅうれん会 気になる一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月29日

しゅうれん会「気になる一冊」

子どものほん(子ども、小学生&中学生)

あきやまかぜさぶろう作「1日10分・日本地図をおぼえる本」白泉社 本体1850

日本のことについて、いろいろ聞かれたら答えることができますか。今は、スマホやネットで簡単に調べることができるので、なんでも知っていると思っている人が多いです。


でも、「福島県はどこにある?」「七夕かざりは何市?」「ぶどう・もものたくさんとれるのは何県?」「自動車の生産高日本一は何県?」「沖縄のとくちょうは?」「日本には、どんな世界遺産がある?」などに答えられますか。この本で日本のいろいろなことが、クイズのように学べます。

大人の本(パパ&ママ、ジジ&ババなど)

中山七里監修「名作名言一行で読む日本の名作名言」 宝島社 本体630

 「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった」は、「誰」の「何という小説」の冒頭の文章か分かりますか。そうです、ノ

ーベル賞作家の川端康成の代表作「雪国」です。

 本書は、43冊の名作の中の名言を紹介し、その意味とあらすじを解説したものです。

さらに、その著者の代表作を3冊ずつ全体で129もの小説のあらすじも紹介しています。

読書の秋を迎える前に、本書で「さて、何を読もうかな?」と準備を進めておきましょう。

学校の先生のブック(小学校・中学校の先生)

田村学著「深い学びを実現するカリキュラム・マネジメント」 文溪堂 本体1800

 主体的学び、対話的な学びは、これまでの体験を踏まえて何とかなりそうである。ところが、「深い学び」となると、イメージが浮かばず行き詰まり感に襲われている先生方のため息を聞く。それらの苦悩に、明確な考え方と具体的な実践を示してくれるのが本書である。

 さらに、評価の4つの機能「指導と評価の一体化」「子供&教師の自己評価能力の育成」「説明責任の遂行」「カリキュラム(教育課程、指導計画&授業)の評価」についても述べていて、明日からすぐに役立つ1冊である。                                                     (BOKE−K)

 ★備考★なお、話題提供のために本を紹介しているだけで、購読を勧めるものではありません。 [成美教育文化会館]で検索すると、「かけはし」「メッセージ」「Q&A」「気になる1冊」をはじめ「一宇荘」「至楽荘」「成美教育文化会館の会場貸出」など様々な情報が閲覧できます。ご利用ください。

posted by 豊島修練会 at 10:11| しゅうれん会 気になる一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月30日

しゅうれん会「気になる一冊」

子どものほん(子ども、小学生&中学生)

松橋利光著「生きものの飼い方」大和書房 本体1500

 皆さんはどのような生き物を飼ったことがありますか? 今、私の家では、セキセイインコ、アメリ

カザリガニ、金魚、ふな、クチボソを飼っています。最初はうまくいきませんでしたが、この本を見て、飼い方を工夫したらうまくいきました。図書館などでこの本を見つけて、調べてみましょう。メダカ、ダンゴムシ、オタマジャクシ、ハムスターなどの飼い方も紹介されています。

大人の本(パパ&ママ、ジジ&ババなど)

 ローズマリー・マカーニー文・西田佳子訳「すごいね!みんなの通学路〜世界に生きる子どもたち」 

西村書店 本体1500

 28枚のカラー写真と短文で、本書に紹介されている通学風景は、日本では想像もできない「驚き」の状況です。その通学風景をいくつか紹介しましょう。

<その1>谷の高い所に、上下にロープが張られていて、両足で下のロープを踏みしめ、上のロープを両手で握りながら、カニのように横になって、サーカスのように渡る。<その2>子供たちは、橋のない川を集団で、ズボンやスカートが濡れないように持ち上げながら渡っている。小さな子供は大人にだっこされて渡っている。大雨が降ったときは渡れないので、学校に行けない。でも、子供たちは、学校でいろいろなことを学びたいので、そんな困難に負けることなく通学し、意欲的に学んでいる。こんなに頑張っている子供たちのために、私達にはどんなことができるでしょうか。家族で是非話題にしてほしいものです。

学校の先生のブック(小学校・中学校の先生)

 鶴野充茂著「頭のいい説明『すぐできる』コツ」 三笠書房 本体571

 先生の話は「長い、くどい、繰り返す」と、児童生徒からも保護者や地域の人から秘かにうわさされている。「分かり易い、説得力がある」話し方のコツが知りたいので本書を手にした。

 内容は、箇条書きに近い簡潔な表現なので、「そうか!」「早速試してみよう」という「コツ」が44も詰まっている。これらを全部習得することには無理があると思われるので、通読し、これはと思った点、数点を実行してみたらいかがでしょうか。「わかりやすい説明は結論から始まる!」、「短い文章+短

い文章が分かり易い」、「できる人は箇条書きで説明する!」、「いい言葉がいい人間関係を生む!」、「信

頼される人は本気の伝え方がうまい!」などのコツが紹介されている。       (BOKE−K)

 ★備考★なお、話題提供のために本を紹介しているだけで、購読を勧めるものではありません。 [成美教育文化会館]で検索すると、「かけはし」「メッセージ」「Q&A」「気になる1冊」をはじめ「一宇荘」「至楽荘」「成美教育文化会館の会場貸出」など様々な情報が閲覧できます。ご利用ください。

posted by 豊島修練会 at 10:08| しゅうれん会 気になる一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする