2017年10月01日

会館だより「かけはし」

      正岡子規を知っていますか?
      
  最近のY子ども新聞(平成29年9月20日)の一面で、正岡子規を特集していました。その右下に「正岡子規の好きだったスポーツはなんでしょう?」と いうクイズが出ていました。私は、すぐに「野球」と分かりました。
 なぜ知っていたかというと、正岡子規は、一高(東大の予備門で、同級生に夏目金之助(後の漱石)がいた)時代、野球に夢中だったことを知っていたからです。
 正岡子規は、当時、キャッチャーをしていました。正岡子規は、子供の頃は、常規(つねのり)といい、一高時代は升(のぼる)と言っていました。そこで、自分の名前(のぼる)に引っ掛けて、「野ボール」すなわち「野球」と自分のことを言っていました。俳句を作る人は、雅号という俳句用の名前を持っていますが、正岡子規の雅号は「野球」だったのだそうです。ところで、夏目漱石の「漱石」は、実は、正岡子規の雅号「漱石」を譲ったということが言われています。真実かどうかはわかりません。
 このことから、当時アメリカから入ってきた「ベースボール(baseball)」を「野球」と翻訳したのは、正岡子規だという説があるのだそうです。
 正岡子規の傑作の5つのうちの一つに、次の俳句があります。

  柿くえば 鐘がなるなり 法隆寺
 たぶん、子どもでも知っていると思います。実は、正岡子規は柿が大好物だったそうです。この俳句は、夏目漱石から柿を送ってもらった時に、そのお礼の気持ちを俳句にして、夏目漱石宛の手紙に添えたものだそうです。
 JR鶯谷駅の近くの根岸に、正岡子規が母親と妹の介護を受けて住んでいた「子規庵」があります。今でも、正岡子規の終(つい)の棲家を見学できます。近くに根岸小学校がありますが、その真向かいにある豆腐専門料理「笹乃雪」の俳句好きの経営者ら地域の俳句同人の方々に子どもたちが俳句の手ほどきを受けていた頃を懐かしく思い出します。どうぞ、難しく考えないで俳句を作りましょう!  (TY&YY)
★[成美教育文化会館](せいびきょういくぶんかかいかん)で検索すると、「かけはし」のほか「メッセージ」「Q&A」「ほん本ブック」をはじめ「一宇荘」「至楽荘」「会館の会場貸出」など様々な情報が閲覧できます。ご利用ください。

posted by 豊島修練会 at 13:23| 会館だより「かけはし」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月28日

おすすめの「ほん・本・ブック」

ほん・本・ブック(修練会) 

     公益財団法人豊島修練会 2017928 日号(通算第26 号)


子どものほん(幼稚園年長&小学校低学年、勿論絵本を楽しむ大人にも)

「たべることがめちゃめちゃ楽しくなる!栄養素キャラクター図鑑」 

日本図書センター 本体1500円  

 食事は、健康な体にとってとても大切なものです。また、食事をしながら会話をすることは楽しく、みんなが仲良くなる効果もあります。

 この図鑑は、女子栄養大学の栄養クリニックの先生の指導とイラストレーターの協力で生まれたもので、分かりやすく、小学生には大変役立つ内容です。図書館などで見かけたらぜひ読んで、食べ物の好き嫌いについて考えてみましょう。

 糖質、脂質、タンパク質、ビタミン+ミネラルなどについて、「どんな役に立つか?」「何に含まれているか?」「不足すると、とりすぎると、どんなこまったことがおきるか」などと、楽しいキャラクターとフリガナ付きの文章で分かりやすく説明してあります。

大人の本(パパ&ママ、ジジ&ババなど)

「からだの不思議がめちゃめちゃよくわかる!人体のキャラクター図鑑」 同上

 本書は、順天堂大学医学部坂井教授と大井直子さん、イラストレーターのいとうさんと片庭稔さんの協力で、「人間の体」について学べるようになっています。体のことはよく分かっているつもりなのに、案外知らないものです。健康のために、スポーツをするために、元気良く過ごすために、体のことについてもう少し知っておいた方がよいとつくづく思います。

 キャラクターがたくさん出てきて、人の体について楽しく教えてくれます。「からだを大事にしよう!」「器官系リスト」「人体マップ」と、体のことが全てわかるようになっています。

 肺や胃、血管など体のそれぞれの部分について、「器官の役割」「どこにあって大きさや特徴」「どんなはたらき?」など、43の器官について学ぶこともできます。

 子供に読ませてもいいし、大人と子供が一緒に読んで話し合ってもいいし、学校で理科や体育、安全指導の時にも使えます。

学校の先生のブック(小学校・中学校の先生)

海老名香葉子著「いつも笑顔で―あの戦争と母の言葉」 新日本出版社 本体1600

 著者は、TV番組「笑点」の林家三平のお母さんで、「東京都平和の日」の制定に当たって委員の一人として尽力されました。また、上野公園いこいの広場に「時忘れじの塔」を平成17年に建立するに当たっても中心的にかかわりました。

内容は、短編の随想といわさきちひろの素敵な挿し絵で、著者自身の壮絶な人生、豊

かな人間性、子供や弟子や孫との優しい生活模様、そして何よりも平和を希求する著者

の強い願いが伝わってきて、心が洗われ、涙あり、ホッコリありの「自叙伝」です。平和を考える教材としても使えそうです。                  (YAYU

★備考★話題提供としての紹介で、購読を勧めるものではありません。★「修練会」又は [成美教育文化会館]で検索すると、「かけはし」「メッセージ」「Q&A」「ほん本ブック」が読め、「一宇荘」「至楽荘」「会館の会場貸出」などの情報が閲覧できます。ご利用ください。

posted by 豊島修練会 at 17:52| おすすめの「ほん・本・ブック」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月18日

子ども・大人・教師のためのQ&A

子どもとのQ&Aぎもんやしつもんのある子はすばらしいです!)

Q:小学校で英語の勉強が始まりますが、心配です。どうしたらいいですか?(小5女)

A:東京オリンピック・パラリンピックの年(平成32年)から小学校では、3・4年から「外国語活動(今まで56年がやっていた)」、56年は「外国語科(今までの外国語活動は34年でやることになり、英語の学習)」をすることになりました。

 でも、心配はいりません。平成30年と31年に、どのように学習したらよいか、学校できちんと教えてくれます。文部科学省は、34年用や56年用の教材を、全国の小学校の子ども全員に配って勉強しやすくしてくれるそうです。ですから、学校で一生懸命やれば大丈夫だと思います。くわしくは学校で、先生に質問してください。


 大人とのQ&A(パパ&ママ、ジジ&ババもいつまでも好奇心を!)

Q:子どもが、登校渋りになって困っています。おとなしい子なので、学校でいじめられていないか、とても心配です。(小3男の母)

A:我が子のことを思う気持ちが伝わってきて感激しました。でも、心配しているだけでは、解決しません。次のことを、焦らずに実行してみてください。その際、我が子のことを最後まで考え、行動できるのは、親しかいません。遠慮し過ぎたり、過激すぎたりせず、冷静に粘り強く進めましょう。

○お子さんとの普通の会話を増やし、その中で、雰囲気や表情から心配なこと、悩んでいること、困っていることなどがあるか、さりげなく観察してください。無理矢理は禁物。

○登校渋りの原因が分かったら、お子さんとじっくり話し合って「自分はどうしたいのか」を無理なくはっきりさせるようにしてください。

○登校渋りの原因によっては、担任(保健の先生、教育相談の先生、校長先生でも)の先生、市や都の教育相談所、病院などに相談して、具体的なアドバイスを貰うといいと思います。


学校の先生がたのQ&A(先生にもわからないことがある!)

Q:新学習指導要領への移行措置は、どのようになっていますか。(教務主任・教科主任)

A:新学習指導要領への移行措置は、小学校は平成3031年度、中学校は平成3032年度に行われます。移行措置が確実にできない場合、被害をこうむるのは児童生徒なので正確に行うことが求められます。

 そこで、平成2977日に文科省が出した通知「小学校及び中学校の学習指導要領等に関する移行措置並びに移行期間中における学習指導等について」を熟読し、文科省の補助教材や使用教科書会社の移行資料などを参考にして、計画的に進めることが大切です。

★備考★[成美教育文化会館]で検索すると、「かけはし」のほか「メッセージ」「Q&A」「ほん本ブック」及び「一宇荘」「至楽荘」「会館の会場」の利用法など様々な情報が閲覧できます。

posted by 豊島修練会 at 10:52| 子ども・大人・教師のためのQ&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月09日

しゅうれん会からのメッセージ



子どもたちへ(小さなお子さんには読んであげてください)

 西武線の電車の中で、珍しくスマホをしないで数人の子どもが楽しそうに話していました。次の駅に近づきました。一人の男の子が「乗り降りする人の邪魔になるから、出入り口を開けよう!」と言いました。全員、さっと端によけました。

 東久留米駅から成美教育文化会館の方に向かって歩いていたら、前から来た小学校低学年の女の子が3人こちらに向かって歩いてきました。近づくと、サッと高齢者の私に道をゆずってくれました。「ありがとうございます」と言うと、ニッコリ笑って「気をつけてね!」と答えてくれました。

 今頃の子どもたちは親切で、しっかりしている。今日はとてもいい日になりそうです。


大人の皆様へパパ&ママ、ジジ&ババ)

 西武バスの東村山駅西口行に、釣りに出かけるらしい男性が乗っていました。釣り道具と日よけにする大き目の傘と、コンビニの弁当を持っていました。その傘を通路に向けておいてあるので、降りる客の邪魔になっているのですが、当人は全く気づきません。他の客に「傘が邪魔になっていますよ」と言われた時は直すのですが、すぐに元に戻ってしまうのです。

 西武池袋行きの電車の中で、女性が手提げから折りたたみの傘の柄を出して座席に座っていました。隣に座ろうとした乗客に触れると、「すみません」と謝ります。ちらっと見て、そのままです。隣の乗客が降りて、次の人が乗ってくると、同じことが繰り返されていました。

 認知症には見えませんでしたが、どうしたものでしょうか。「他人(ひと)の振り見てわが振り直せ」と言いますから気を付けます。


 学校の先生がたへ

 校内研究に引っ張りだこで、30年来の友達のTT先生とYK先生から聞いた話です。なんと、全く同じ内容なのに驚きました。

<その1・どの子にも公平であれ>教室に入って気になることは、子どもたちの人間関係です。授業の始まる直前はどの教室も何となく落ち着きがなく、子どもの自然な姿が出ます。その中で、特定の子どもがいじられたり、バカにされたりしていることがあります。先生は気付いていないのか何も注意しません。担任の先生が、「駄目なこと」は「どの子がやっても駄目」と言う毅然とした、公平な指導のできない教室に多いそうです。心したいものです。

 <その2・授業力の向上>研究授業(観察授業)で、「余りにも…」と指導力の素朴さにびっくりすることがあるそうです。しかも、それに気づかず、子どもが分からないと「この組の子どもは、考えない…」とか「理解力が低い…」と子どものせいにしていることが多いそうです。子どもが分からなかったら自らの力不足に気付き、「分かるように指導できる授業力の向上」に努力することを、子供と保護者に代わってお願いします。       (YAYU

★備考★[成美教育文化会館]で検索すると、「かけはし」のほか「メッセージ」「Q&A」「ほん本ブック」をはじめ「一宇荘」や「至楽荘」の利用の仕方、「成美教育文化会館」の会場貸出など様々な情報が閲覧できます。ご利用ください。

posted by 豊島修練会 at 13:47| しゅうれん会からのメッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月31日

会館だより「かけはし」

       大切な「100のことば」
  
 子供の頃、はずかしやがり屋で話が苦手で、悩んだものです。この性格は、高校時代まで引きずり、女生徒と話したのはほんの数回(本当は話したかったんだよ)でした。
最近、「子供に伝えたい・今も昔も大切な100のことば」(サンリオ 辻信太郎)と言う本を読みました。小学校中・高学年くらいを対象にした本で、職場で回覧したら大人気でした。もう少し、早くこの本(この本に書いてあること)に出会っていたら、人生が少し変わっていたかもしれません。
 特に気に入った言葉を紹介しましょう。家族で話題にするといいと思います。                                                                             
 ○心から話しあえるともだちっていいなあ          
 ○何かをしてもらったらありがとうといおう
 ○自分から道をゆずろう
 ○きょうだいは助け合ってなかよくしよう
 ○きもちはことばにしなきゃつたわらない
 ○つまらないケンカはしない
 ○いやなしごとはさっさとかたづけよう
 ○相手のきもちになって考えよう
 ○せきにんを人におしつけない
 ○まちがっていたらすなおにあやまろう
 ○自分がしてほしくないことはしない
 ○人がみていなくてもわるいことはしない
 ○相手のいいところをほめてあげよう
 ○人とのやくそくは守る   
                               等々100のことば                                      
 この本は、今から約400年前に中国四川省成都(40年程前に、旅行したことがあります。すてきな所でした。)の洪応明(こうえんめい)と言う人が書いた「菜根譚(さいこんたん)」という本に出ていることを基にしています。大人向けの本ですが、興味・関心のある方は、市立図書館で探して読んでみてください。
★[成美教育文化会館](せいびきょういくぶんかかいかん)で検索すると、「かけはし」のほか「メッセージ」「Q&A」「ほん本ブック」をはじめ「一宇荘」「至楽荘」「会館の会場貸出」など様々な情報が閲覧できます。ご利用ください。

posted by 豊島修練会 at 15:39| 会館だより「かけはし」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする