2017年07月20日

一宇荘

「一宇荘」で今年度第1回目の親子自然体験教室開催
 7月15日(土)・16日(日)に一宇荘で豊島修練会主催の親子自然体験教室が実施されました。天候に恵まれ、昼はネイチャーゲームや自然観察ハイキングを、夜はほたるの観察や天体観測楽しむことができました。生まれて初めてホタルが光って飛ぶところを見た子も多く、その感動はかなり大きかったようです。
 二日目の午前中は、木材を使った工作に取り組みました。ノコギリを使って丸太を切ってコースターを作ったり、中太の枝を輪切りにしてペンダントを作ったりして楽しみました。
 下の写真は自然観察ハイキングの途中に見られた流紋岩の崖と夜の天体観測の様子です。天体観測では、望遠鏡で木星や土星を観察することができました。右端はホタルの飛ぶ様子です。見えるでしょうか?
森の探検.JPG星空観察.JPG一宇荘のホタル.JPG
posted by 豊島修練会 at 13:11| 一宇荘 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子ども・教師・大人のためのQ&A

子どもとのQ&Aぎもんやしつもんのある子はすばらしいです!)

Q:私のクラスに、いじめられている子がいます。どうしたらいいですか?(小6男)

A:いじめられている子のことを心配しているあなたは、心のやさしい、とてもすばらしい子供です。「いじめをするのはやめましょう」と言っても、大丈夫なクラスなら、いじめている子供たちに伝えましょう。「いじめはやめよう」と言ったら、逆にあなたがいじめられそうなクラスなら、このことを「先生」に相談して、先生から注意してもらいましょう。家の人にも話しておきましょう。

 それから、友達が一人ぼっちにしていたら、あなたのグループにさそってあげてください。門名が仲良く過ごせるクラスになるといいですね。


大人とのQ&A(パパ&ママ、ジジ&ババもいつまでも好奇心を!)

Q:子どもが、男の子から変なことをされると悩んでいます。学校の先生に相談した方がいいですか?(小5女の母)

A:まず、我が子の話を十分に聴き尽くしてください。事実をしっかりつかんだ上で、担任の先生に事実を伝え、相談してください。相手の男の子をどうこうするということでなく、我が子の嫌がることをやめてもらうのが目的ですから、冷静に進めることが大切です。そんなことはないと思いますが、万一、担任の先生が親身になってくれないときは、「教育相談の先生」や「校長先生」に相談するとよいと思います。我が子を最後まで守ることのできるのは、保護者しかいません。感情的にならず冷静に、粘り強く取り組んでください。

 これは余談ですが、この年頃になると男の子は「好意を持った女の子に、わざと逆の行動をとること」があります。


学校の先生がたのQ&A(先生にもわからないことがある!)

Q:「新学習指導要領」の趣旨徹底が始まりました。校長先生から「まず本を読んで各自勉強してほしい」と言われました。どのような本がありますか?(経験5年目教師)

A新学習指導要領に関心を持ち、どのような本を読んで理解したらよいかということですね。「研究意欲の高い先生」という伝統は今も続いていることに、4人の孫のいるものとして安心いたしました。文科省「新学習指導要領の改訂のポイント」、「小学校(中学校)学習指導要領」「同解説○○編」(現在作成中)がお勧めです。

「総合教育技術」「教育展望」「教職研修」等の雑誌。「日本教育新聞」「教育新聞」等の関連記事、教材会社のPR誌や教科書会社のパンフレットなども役立ちます。(YAYU

★備考★[成美教育文化会館]で検索すると、「かけはし」のほか「メッセージ」「Q&A」「ほん本ブック」をはじめ「一宇荘」「至楽荘」「会館の会場貸出」などの様々な情報が閲覧できます。ぜひ、ご覧下さい。


posted by 豊島修練会 at 11:18| 子ども・大人・教師のためのQ&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月12日

しゅうれん会からのメッセージ

 子どもたちへ(小さなお子さんには読んであげてください)

 本には、マンガ、絵本、週刊誌、雑誌、物語、小説、伝記(野口英世や長嶋茂雄など個人の一生を書いた本)、図鑑、辞書、百科事典、歴史事典などいろいろあります。本ではないけれど新聞もありますね。

あなたは、どのような本をよく読みますか?

 本を読むと、色々なことが分かります。読みながら考えるので、考える力がつきます。様々な人の色々な気持ちに出会うことができますから、他の人の心(気持ち)が分かるようになります。また、「なるほど!こういうふうにすればよいのか」と、いい意見や考え方を知ることができます。

 本を読むと心の栄養になり、優しい気持ちと、がんばれる気持ちと、将来に夢を持てるようになりよい点がたくさんあります。本をできるだけ読みましょうね。

 大人(パパ&ママ、ジジ&ババなど)の皆様へ

   お父さん・お母さん方、読書は好きですか。現代生活は、何かにつけて駆け足のような落ち着かない雰囲気があるので、じっくり本を読んでいることができないかもしれません。TVとパソコンとスマホがあれば、たいていのことは間に合ってしまいますから、本や雑誌、新聞に目を通すことがすくないかもしれません。

でも、我が子に読書の習慣をつけるために、本や雑誌、新聞を読んでいる姿を時々見せたり、子どもの読書に付き合って話し相手をしたりすることをお勧めします。

「こどもたちへ」に書きましたが、読書は子供の心を養い、考え方を育てますから、ちょっと協力してあげてください。

 学校の先生がたへ

 最近、最寄駅近くにあった3軒の本屋が閉店してしまいました。駅中の大きな本屋も縮小してしまいました。よく立ち寄る神田神保町の三省堂や書泉の児童書と教育書のコーナーがずいぶん狭くなりました。「どうして?」訳を聞いたところ、「大人も子供も本を買わなくなった」「子どもの本が売れなくなった」「校長先生も、教頭先生も、先生方も、本をあまり買わなくなった」と言うことでした。

 でも、先生方、新学習指導要領が告示され、平成29年は周知徹底、30〜31年は移行措置、32年(2020年)から全面実施になります。「新学習指導要領」「移行措置」「新学習指導要領解説」「指導要録の学習評価(通知)」をはじめ、関係図書や日本教育新聞、教育新聞、教育展望、総合教育技術などの雑誌にはできるだけ目を通すことをお勧めします。新しい教育・新しい授業(新しい学習)を子供たちに行うためには、まず先生方に新しい情報を整理し、方策を練ることが必要だと思います。生意気なことを言って済みません。(YAYU

★備考★なお、話題提供として本を紹介しているだけで購読を勧めるものではありません。 [成美教育文化会館]で検索すると、「かけはし」「メッセージ」「Q&A」「ほん本ブック」及び「一宇荘」「至楽荘」「会館の会場貸出」など様々な情報が閲覧できます。ご利用ください。



posted by 豊島修練会 at 11:54| しゅうれん会からのメッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月05日

会館だより「かけはし」

        自分も、ほかの人も守る!! 

 暇を持て余し片づけをしていたら、当時勤務していた東京学芸大学付属小金井小学校の古い「生活指導だより(昭和55年=1980年、7月)」が出てきました。今でも通じる内容でしょうか?
余計なことですが、当時は1学級45人で、各学年4学級あり、私は初めて学年主任(4学年)になり、遠藤慈郎、小林道正、佐藤澄子(いずれも仮名)の先生方と、子どもへの教育的愛情に燃えて、あれこれ頑張っていたことを懐かしく思い出します。

 <安全を意識させて行動させる>
  夏休みの事故では、交通事故(特に自転車による事故)が多いです。
 自分の命を守るために規則は絶対に守らなければならないことを具体的 に、体験的に躾けることが大切です。叱られるからではなく、自分の命 を守るために安全を心掛け実行させたいものです。
★最近は、自転車が加害者になることがありますから、自分の安全のためだけでなく、他人(特に、高齢者や幼児)にけがをさせないようにすることも大切です。
また、歩道を歩いていても、青信号で横断歩道を渡っていても「交通ルールや安全義務違反の自動車」の乱暴運転(無謀運転)で事故に遭うことがありますから、十分安全を確かめる必要があります。

 <結果を予測して行動させる>
  花火と水の事故も多いです。子供だけで花火をしたら、説明書をよく 読まないで花火をしたら、子供だけで泳いでいたら、ライフジャケット を着ないでボートに乗っていたら…どのようなことが起こるでしょう か?
  ある程度の「結果の予測」をさせ、その予防としての行動がとれるよ うにすることが必要です。家族で話し合うことをお勧めします。
★現在では、保護者もよく理解して、このような事故が減りました。とはいっても、花火による火傷や火事、海や川などの水の事故が少なくありません。最悪のことを想定して、安全第一で遊ぶように躾けることが大切です。もちろん、花火や川遊びなどは「大人と一緒にする」が原則です。(YAYU)
★備考★ [成美教育文化会館]で検索すると、「かけはし」「メッセージ」「Q&A」「ほん本ブック」をはじめ「一宇荘」「至楽荘」「会館の会場貸出」など様々な情報が閲覧できます。ぜひご利用ください。

posted by 豊島修練会 at 11:05| 会館だより「かけはし」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月29日

おすすめの「ほん・本・ブック」


 子どものほん(子ども、小学生&中学生)

クレヨンしんちゃんの「先生は教えてくれない!友だちづきあいに大切なこと」

双葉社 本体980円

 友達と仲良くしたい、何でも話せる信頼できる友達を作りたいと思いませんか?

 この本は、漫画を読みながら、「友だちとどうつきあったらよいか」を知ることができます。

 「4つの友だち基本ルール」「11の会話のルール」「ケンカをした時の7つのルール」「友だちの家での3つのルール」「こんなときどうする?11のルール」「学校の生活の13のルール」「友だちってなんだろう、5つの考え」といろいろ出ています。野原一家(シンちゃんの家族)のおとうさん、おかあさん、しんのすけ、妹のひまわり、犬のシロが、楽しくいろいろ教えてくれます。このままマネをするのではなく、家の人と相談しながら実行してください。友達がたくさんできるといいね!

  大人の本(パパ&ママ、ジジ&ババなど)

 子どもの本に同じ。

 最近の子供は友達づきあいがあまりうまくないと言われていますが、お子様の場合はいかがですか。なんということのない漫画ですが、けっこういい内容の漫画です。お子様と話題にしながら、一緒に学んでください。大人のためにもなりそうな部分がいくつもあります。


 学校の先生のブック(小学校・中学校の先生)

樋口修資著「教育キーワード83」   教育開発研究所  本体2000

 教育は憲法、教育基本法、学校教育法等に基づいて行われることは、誰もが承知しています。しかし、具体的な事は「…?!」のが実態であろうと思います。ところで、学校の教育活動の拠り所となる学習指導要領等が告示されましたが、法的根拠が説明できますか? 

 内容は、第1章「教育制度に関する法規解説(教育基本法、学校管理規則など9のキーワード)」、第2章「教職員に関する法規解説(校長・教頭の職務、教諭の職務、主任・主事の位置づけなど10のキーワード)」、第3章「教育活動に関する法規解説(学力の3要素、教育課程と学習指導要領、いじめ防止対策など12のキーワード)」、第4章「学校組織に関する法規解説(校務分掌、学校評価、学校備付表簿など10のキーワード)」、第5章「保険安全に関する法規解説(学校保健計画と環境の維持、健康診断、学校自己と学校の管理下など11のキーワード)」、第6章「勤務条件に関する法規解説(勤務時間の割り振り、休暇制度、人事評価制度など13のキーワード)」、第7章「服務に関する法規解説(服務上の義務と身分上の義務、信用失墜行為、懲戒処分など11のキーワード)」、第8章「研修に関する法規解説(教員の研修の責務、初任者研修と条件附任用期間、指導が不適切な教員など7のキーワード)」で構成されています。とても役立つ内容です。         (YAYU

★備考★話題提供として本を紹介しているだけで、購読を勧めるものではありません。 [成美教育文化会館]で検索すると、「かけはし」「メッセージ」「Q&A」「ほん本ブック」をはじめ「一宇荘」「至楽荘」「会館の会場貸出」など様々な情報が閲覧できます。ご利用ください。



posted by 豊島修練会 at 16:59| おすすめの「ほん・本・ブック」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする