2018年10月02日

会館だより「かけはし」

いじり・いじめ・パワハラ・セクハラ・暴力!

 最近の新聞、TV、週刊誌、ネットニュースでよく取り上げられていることに、次のような事柄があります。

★  いじり(いじめの一歩手前でいじめの一種、からかい、いたずら、嫌がらせ)

★  いじめ(学校の内外を問わず、「Aに対してB(Bたち)が行う心理的又は物理的な影響を与える行為(インターネットも含む)で、Aが心身に苦痛を感じるもの」いじめ防止対策推進法第2条の要約。詳細は第2条をご覧ください。例:暴言・噂・悪口・身体などのからかい、個人情報のばらまき、暴力、物隠し、持ち物の破壊、学用品の落書き・破損、仲間外し、無視、閉じ込め、邪魔、悪意の〇〇ごっこ等々)

★  パワハラ(パワーハラスメント=地位や権力を利用した嫌がらせ、圧力、いじめ)

★  セクハラ(セクシャルハラスメント=性的嫌がらせ、特定の人に対する卑猥な話題)

★  暴力(言葉による暴力、身体的な暴力、教師の体罰は「学校教育法11条」で禁止されている)

 子ども同士の友人関係、子どもと先生の関係、家族の親子関係、隣近所や地域での人付き合い、お稽古事やサークル活動での縦と横の関係、職場の人間関係などでは、うまくいけば楽しいのですが、少しこじれると難しいものがあります。

 特に、子供のいじめについては、よく考えて、「いじめゼロ」を実現し、いじめで苦しむ子供、いじめで自ら命を絶つような子供が一人もいないようにしたいものです。子どもがニコニコと楽しく生活していることが最高なのです。また、大人社会のパワハラとセクハラについてもなくしたいものです。                                                           (BOKE小島)

<備考> [成美教育文化会館]で検索すると、「かけはし」「メッセージ」「Q&A」「ほん本ブック」をはじめ「一宇荘」「至楽荘」「成美教育文化会館の会場貸出」など様々な情報が閲覧できます。一度、覗いてみてください。


posted by 豊島修練会 at 10:40| 会館だより「かけはし」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月30日

しゅうれん会 気になる一冊

子どものほん子ども、小学生&中学生)

 指導・柴田康彦と片岡昭男「ちいさないきもの くらしとかいかた」

ひかりのくに 本体800円

 私たちの身の回りにはたくさんの生き物がいます。見つけたら、すぐに「何かな?」と調べるようにしましょう。観察したら、逃がしてあげましょうね。それから、川や池、海、山や森林に出かける時は、必ず大人と出かけるようにしましょう。あぶないからね!

大人の本(パパ&ママ、ジジ&ババなど)

学校の先生のブック(小学校・中学校の先生)

★今月は、共通の本を話題にします。

永堀宏美著「保護者トラブルを生まない学校経営を保護者目線で考えました」

教育開発研究所 本体2000円

 本書の内容の概要は、少し長くそして珍しい「書名」が明解に伝えている。23年前、初めて拙著「学校をひらく」を世に問うことができ、けっこう注目されが、有名な月刊Sで「中身はいいが、一定の権限のある校長の書いた本であることが不満、保護者・市民側の著作でないのが残念」と評された。

 本書は、保護者トラブルの防止・対応を学校(校長)の立場からでなく、要望や批判を寄せる保護者の立場から考えたらとどうなるかと、筆者の広く豊かな経験を踏まえて具体的に提言している画期的な1冊である。私は以前から「困った保護者」ではなく、「困っている保護者」であると視点を転換し、その困っていることに意を用いたらどうかと提案してきたが、著者(2児の保護者、元教育委員長、コミュニケーション研修講師など)の意図もそのような所にあると知り、読み終えて充実した気持ちになった。

 保護者や地域住民をはじめ、校長、副校長・教頭の立場にある人々に、トラブルを生まない、またトラブルが起きてどう対応したらよいか、そのヒントが得られそうである。

第1章「基礎編:保護者理解とコミュニケーションアップの土台づくり」(第1節・学校と保護者の間にある心の壁―なぜ分かりあえないか、第2節・保護者の本音、第3節・トラブル予防のマネジメントー「保護者とともに」を具体化する、第4節・保護者の心をつかむ情報発信のコツ、第5節・保護者の心をつかむコミュニケーションのコツ)。

第2章「実践編:“保護者目線”で考える行事別改善のポイント」(第1節・新年度のスタート時、第2節・新年度開始後の情報発信、第3節・保護者とのコミュニケーションの場づくり、第4節・保護者との直接対話による関係づくり、第5節・学校における保護者の疑問に応える、第6節・年度末行事で保護者の共有姿勢を育む)。(BOKE三宅)

★備考★なお、話題提供のために本を紹介しているだけで、購読を勧めるものではありません。 [成美教育文化会館]で検索すると、「かけはし」「メッセージ」「Q&A」「気になる1冊」をはじめ「一宇荘」「至楽荘」「成美教育文化会館の会場貸出」など様々な情報が閲覧できます。ご利用ください。

posted by 豊島修練会 at 11:46| 会館だより「かけはし」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月13日

しゅうれん会Q&A

子どもとのQ&A(疑問や質問のある子は素晴らしいです!)

Q国語と算数が苦手です。どのように勉強したらできるようになりますか?(小5男)

A苦手なことは誰にもあります。あなたがすばらしいのは、それをどうしたらいいかと、前向きに考えているところです。次のようにしてみてください。

@授業中、先生の話や友達の意見をよく聞く。分からないことがあったら,すぐ質問する。Aノートや学習シートをきちんと書くように努力する。B家に帰ったら、時間を決めておいて、ノートや教科書を見ながら、その日に学習したことを復習する。分からなかったことは、次の朝、先生や友達に質問する。C宿題が出たら、きちんとやる。Dドリルやテストのまちがったところをやり直し、できるようにする。Eやる気があるとき、本を読んだり、予習をしたりする。6か月続けたら、きっと向上していると思います。

大人とのQ&A(パパ&ママ、ジジ&ババもいつまでも好奇心を!)

Qテストの点数が、いつもよくありません。どうしたらテストに強い子になりますか?(小4の母)

A テストの点数は、次の4つのことを守るとよくなります。

@学校の授業を集中して受けるようにする。A家での勉強は、例えば、午後7時半からと決めて、なるべくそれを守って取り組む。B毎日、少しずつでいいから(たくさんだと、意欲がわかず、集中しない)、ドリルをやって、分かっているか、できるようになっているか確かめ、できなかった部分は家の人が教えるか、または、学校で担任の先生に質問させる。C取り組んでいたら、少しでもよくなったら、「頑張ったから、よくなったわね!」と、「点数」ではなく「努力」を褒めるようにする。ためしてみてください。

学校の先生がたのQ&A(先生にもわからないことがある!)

Q全国学力調査でよい結果を出したいです。どのような対策がありますか?(5年担任)

A学力調査は、平均点で学校の良さ(成績)を比べるものではありません。学力調査のねらいは、第一は、子供の良い点をはっきりさせて、なぜよくなっているのか分析して「良い点を一層伸ばすようにする」ことにある。第二は、子供の不得意な点を見つけ、「その原因を見つけ、どのようにしたらそれを解消できるか検討し、改善策を考え、実行する」ことにある。第三は、不足していることを見つけ、指導計画に位置付け、きちんと学習させる。

 以上の@ABを実現するためには、先生方の授業力を高める以外に方法はありません。学力テストの傾向と対策に陥ることなく、毎日、毎時間の授業を充実させ、「分かる・できる・学習したことを活用して問題が解決できる子供」を育てることが重要です。        (三宅H)

★備考★[成美教育文化会館]で検索すると、「かけはし」のほか「メッセージ」「Q&A」「ほん本ブック」をはじめ「一宇荘」「至楽荘」「会館の会場貸出」など様々な情報が閲覧できます。

posted by 豊島修練会 at 10:52| 会館だより「かけはし」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月01日

会館だより「かけはし」

学力向上と学習意欲(やる気)!

  今年の天候(暑さ、雨、雷、台風、湿気)、特に猛暑にはまいりました。幼児も、小中高校生も、青年も、働き盛りの大人も、もちろん高齢者も、体力を消耗しました。残暑も激しく、油断はなりません。どうぞ、健康には十分ご留意ください。
 ところで、8月の上旬、「展望セミナー」(月刊誌「教育展望」主催)に参加し、脳の研究で有名な池谷裕二教授(東京大学薬学部)の「脳から見た学習とやる気」という講演を聞きました。データに基づいた根拠のある話で、「なるほど!」「そ~~なのか!」と時間の過ぎるのも忘れるほどの素晴らしいものでした。
 その折、学力も学習意欲も向上することの25の流儀が紹介されたので、すぐ役立ちそうなものを一部紹介しましょう。高齢者の私にはちょっと遅すぎますが、役立ちそうなので紹介します。孫たち(小学生、受験勉強中の中学生&高校生)にも紹介してみました。
➀新しいことを勉強したらその日のうちに復習する。
➁「ながら勉強」はなるべくやめて、1つのことに打ち込む。
➂やる気のある人を友達にもつ。
➃やる気がなくてもシステムに従う。
D同じ時刻に起床、食事、勉強、就寝する。
Eよい姿勢、よい表情を心がける。
F自分でテストをし、分からないことや間 違いを直す。  
G定期的に休憩し息抜きをする。
H勉強する場所をジプシー的に時々変える。
I結果よりも、努力を評価する。
J週に3回は運動する。
K8時間くらい睡眠をとり、徹夜はやめる。
 どうでしょうか!? 騙されたつもりでいくつか試してください。効果があったら、池谷教授の研究のすばらしさとそれを紹介した私のお陰です。効果が現れないのは、I努力が不足していたのかもしれません。それでも、➃Dを継続して頑張ってください。お子様には、分かりやすく説明してあげてください。            (BOKE小島)
<備考> [成美教育文化会館]で検索すると、「かけはし」「メッセージ」「Q&A」「ほん本ブック」をはじめ「一宇荘」「至楽荘」「成美教育文化会館の会場貸出」など様々な情報が閲覧できます。一度、覗いてみてください。
posted by 豊島修練会 at 11:06| 会館だより「かけはし」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月23日

しゅうれん会「気になる一冊」

子どものほん(子ども、小学生&中学生)

国立天文台渡部潤一監修「図解眠れなくなるほど面白い宇宙の話」日本文芸社 本体680円

 宇宙飛行士の金井宣茂(かないのぶしげ)さんが、6月3日に5か月の任務を終えて地球に帰ってきました。たくさんの実験や観察をしたそうです。

ところで、あなたは、宇宙のことについて知りたいことがたくさんあるでしょ! この本は、宇宙は何でできているか、地球以外の星に生き物はいるのか、火星や木星に人が住めるようになるのかなど、たくさんの疑問に答えてくれます。いろいろなことが分かりますよ! 

まず、一人で読んで、難しい所はお家の人や先生に相談(質問)してみましょう。

大人の本(パパ&ママ、ジジ&ババなど)

「東京人tokyo jin 2018年9月号」都市出版 定価930円(税込)

 今号の特集は「江戸・妖怪探訪・東京」である。妖怪とは、「人知では説明できない奇怪な現象または異様な物体(広辞苑)」で、江戸の庶民は「化物(ばけもの)」と言い、「妖怪(ようかい)」は知識人が用いた学術用語だったそうだと、本書で知った。

 妖怪の絵とそれらしき写真で、水木しげると調布、妖怪伝説(高尾山、鬼の水鉢、曹源寺、王子稲荷、四谷於岩など)、ITと怪奇現象(21世紀の妖怪を探して)、テレビアニメ・ゲゲゲの鬼太郎―闇の向こうに何かを感じたい、小泉八雲と新宿、柳田国男と正常、お化けで地域おこし(南千住妖怪教室、清澄白河深川怪談、日野勝五郎生まれ変わり物語)、伊東忠太の妖怪好きなど、涼しく楽しくなる。

また、「老舗の暖簾に誘われて・最高峰の串焼きここにあり」「鉄道網の拡大と田園都市線の誕生」「祝!日本橋の空が抜ける」「マンガの聖地がよみがえる(豊島区長&里中満智子)」など東京についての情報が満載である。

学校の先生のブック(小学校・中学校の先生)

文部科学省「平成30年度全国学力・学習状況調査の結果」文科省HPよりダウンロード

文科省は4月17日に実施した「平成30年度全国学力・学習状況調査」の結果を、7月31日に公表した。今回は、小学校6年と中学校3年を対象に、国語、算数・数学に加えて3年ぶりに理科も実施した。

今回の結果では、小学校では、「国語:主語と述語との関係などに注意して、文を正しく書くこと。話し手の意図を捉えながら聞き、自分の考えをまとめたり複数の資料の内容を関係付けて理解したり、表現したりすること」「算数:小数の除法の意味についての理解やグラフから読み取ったことについて適切に判断すること。日常生活の事象を、数量を関連付け、根拠を明確にして記述すること」「理科:観察・実験の結果を整理し分析して考察した内容を記述することや、予想が確かめられた場合に得られる結果を見通して実験を構想したり、実験を基により妥当な考えに改善し、その内容を記述すること」が課題として指摘されている。 

また、中学校では、「国語:目的に応じて文章を読む際などに情報を整理して内容

を的確に捉えること。文の成分の順序や照応、公正を考えて適切な分を書くこと」

「数学:事象を数学的に解釈し問題解決の方法を数学的に説明すること。数学的な結果を事象に即して解釈することを通して成り立つ事柄を判断し、その結果を数学的な表現を用いて説明すること」「理科:実験や条件制御などにおいて自分や他者の考えを検討して改善すること。自然の事物・現象に含まれる要因を抽出して整理し、条件を制御して実験を計画すること」に課題のあることが指摘されている。

自校の児童生徒の傾向を捉える参考になる。

平均点に振り回されず、自校の児童生徒の「良い点を明確にして一層伸ばすこと」&「不足している事柄を明確にしてそれを克服する」「指導内容や指導方法すなわち授業を改善すること」に力を注ぐようにしたい。

また、国語、算数・数学、理科にとどめず、これらの結果を参考にして他教科等の授業改善に取り組むようにしたいものである。                             (BOKE三宅)


★備考★なお、話題提供のために本を紹介しているだけで、購読を勧めるものではありません。 [成美教育文化会館]で検索すると、「かけはし」「メッセージ」「Q&A」「気になる1冊」をはじめ「一宇荘」「至楽荘」「成美教育文化会館の会場貸出」など様々な情報が閲覧できます。ご利用ください。


posted by 豊島修練会 at 11:40| しゅうれん会 気になる一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする