2018年04月01日

会館だより「かけはし」

        「主体的・対話的で深い学び」が大事!
  小学校は平成32年度から、中学校は平成33年度から「新学習指導要領」によって学校の授業が行われます。小学校では、「外国語(英語)教育」や「プログラミング教育」などが新しく始まりますし、小中学校では「データの活用(統計教育)」や「情報活用能力」などが重視されます。
特に、「主体的・対話的で深い学び」が大切で、各教科や外国語活動、総合的な学習の時間など全ての授業で、これまでにも増して一層重視していくことになりました。

             文科省(専門家)の説明
  児童生徒に育成すべき資質・能力を確実に育むための学びの質に着目し、授業改善の取り組みを活性化していく視点として「主体的・対話的で深い学び」を位置づけた。「主体的な学び」「対話的な学び」「深い学び」は、各教科等における授業改善等の取組に共通し、かつ普遍的な要素である。
<主体的な学び>学ぶことに興味や関心をもち、自己のキャリア形成の方向性と関連付けながら、見通しをもって粘り強く取り組み、自己の学習活動を振り返って次につなげること。
<対話的な学び>子ども同士の協働、教職員や地域の人との対話、先哲の考え方を手掛かりに考えること等を通じ、自己の考えを広げ深めること。
<深い学び>習得・活用・探究と言う学びの過程の中で、各教科等の特質に応じた「見方・考え方」を働かせながら、知識を相互に関連づけてより深く理解したり、問題を見いだして解決策を考えたり、思いや考えを基に創造したりすることに向かうこと。
★お分かりいただけましたでしょうか?

         修練会(素人)の説明
 子どもたちに質の高い学力を身に付けさせるために、先生方が授業を改善していく手掛かりの一つとして「主体的・対話的で深い学び」を取り入れることにしました。その際、「主体的な学び」「対話的学び」「深い学び」を各教科等で共通して取り組むようにします。
<主体的な学び>課題(何をするか)を理解し、既に学習した知識・技能、考え方を使ってどのように解決するか見通しをもって粘り強く取り組み、その過程や結果(答え)をノートなどに表現する。そして、自分の学習活動を振り返って次の学習につなげるようにすること。自分の願いと関連付けること、自分からすること、自分ですることが大切である。
<対話的な学び>自分で確かめる、仲間と話し合う、先生や地域の人と対話する、先哲(昔の偉人など)の考えを手掛かりに考えること等によって、自分の考えを深めること。
<深い学び>各教科等で学習した知識・技能・考え方などと関連付けて深く理解したり、情報を詳しく調べ・確認して考えをまとめたり、さらに新しい課題(問題)を見つけて解決の仕方を考えたり、自分の願いや考えを基にして新しいことを創造したりしていくこと。
★これならいかがでしょうか?
 つまり、@課題(問題)即ち何を考え、何を解決すればよいか理解します。A今までに学習したことなどを使って、どのように解決したらよいか見通しを立てます。Bそして、自分なりに解決し、それをノートなどに表現しておきます。C次に、Bのことを基にして、仲間同士で情報交換をします。さらに学級全体で学び合い、解決の仕方と結果についてまとめます。DそしてCのことを基に、「知識・技能、考え方、価値観など」として学習のまとめをします。Eさらに、Dの学習のまとめを類似の課題(問題)に当てはめて、学習したことが確実に理解できたか確認します。
 このような丁寧な学習を進めると、子どもたちは次第に「考え、分かり、でき、学習したことが使える」ようになっていきます。
 「@を課題把握または課題理解、ABを自力解決(見通し&解決)、Cを学び合い、Dを学習のまとめ、Eをあてはめ」と言う場合があります。
★今月号は、春のぽかぽかにうなされて、少し理屈っぽくなりました。ごめんなさい。                                  (BOKE三宅)
<備考> [成美教育文化会館]で検索すると、「かけはし」「メッセージ」「Q&A」「ほん本ブック」をはじめ「一宇荘」「至楽荘」「会館の会場貸出」など様々な情報が閲覧できます。

posted by 豊島修練会 at 10:20| 会館だより「かけはし」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月22日

子ども・大人・教師のためのQ&A

子どもとのQ&A(ぎもんやしつもんのある子はすばらしいです!)

Q:電車で「どうぞ!」と席をゆずったらおこったように「だいじょうぶだ!!」と断られました。どのようにゆずったらいいですか?(小4女)

A:あなたはとても親切で心の優しい子供ですね。感心しました。私は、「すわりますか?」と聞いて、「だいじょうぶです」とことわられたら、気にしないですわっています。「次の駅で降りるのでどうぞ!」と、そこを離れると、気持ちよくすわってくれることが多いです。

 また、何も言わないで席を立って、そこを離れると、ゆずった気持ちは通じませんが、「ああ、助かった」という気持ちですわってもらえます。

 あなたのような優しい子供がどんどん増えて、2020年のオリンピックで日本に来た多くの外国のお客さんから、「日本の子どもは親切だ」「日本人は優しい」と感じてもらえたらすてきです。これが本当の「金メダル」です。

大人とのQ&A(パパ&ママ、ジジ&ババもいつまでも好奇心を!)

Q:学校で、総合的な学習の時間に「困っている人のためになることをしょう!」という学習をしたそうです。「何をしたらいいかな?」と訊かれて困っています。(小3の母)

A:とても前向きなお子さんで感心しました。こうだとヒントを出す前に、家族みんなで「どんなことができるか」楽しくおしゃべりをしてみてください。きっといい考えが出てきますよ。(内緒ですが、例えば、電車やバスの席を譲る、親切にする、手助けをする、友達の相談に乗る、いじめられている子がいたら助けてあげる、または大人や先生に知らせる、募金に協力する、使用済み切手や書き損じはがきの募集に協力する等、たくさんあります)

学校の先生がたのQ&A(先生にもわからないことがある!)

Q:学級で物がよくなくなります。どう指導したらいいですか?(経験3年目の教師)

A:原因は、「@いじわる、いじめの物隠し」「A本人がだらしなくて、どこかにいってしまった」「Bどうしても欲しくて自分のものにしてしまった」「C間違って(うっかり)自分の入れ物に入れてしまい、後から出しにくくなってしまった」などいろいろです。まず、学級活動や道徳の時間に@やBを題材にして、どうしたらよいか考えさせてみましょう。Bについては、ごくまれにまずしさが要因の場合がありますから、よく観察して、必要なら準要保護の申請を保護者に提案したり、「これ、余っているんだけど使ってくれる?」と他の子供の目に触れないように先生の善意の支援をさりげなくしたりするなどが考えられます。AやCは、しつけの問題として、きっちり指導することです。                   (BOKE小島)

★備考★[成美教育文化会館]で検索すると、「かけはし」のほか「メッセージ」「Q&A」「ほん本ブック」をはじめ「一宇荘」「至楽荘」「会館の会場貸出」など様々な情報が閲覧できます。ぜひ、ご活用ください。また、ご意見・ご感想などをお聞かせください。





posted by 豊島修練会 at 15:56| 子ども・大人・教師のためのQ&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月03日

しゅうれん会からのメッセージ

子どもたちへ小さなお子さんには読んであげてください)

 小学生の皆さん、今年1年間(平成29年度)は、どうでしたか?どんな1年間でしたか?

うまくいったこと、ちょっと失敗してしまったこと、友達と仲良く過ごしたこと、けんかしたけど仲直りできたこと、釣りに行って大きな魚をつったこと、サッカーの練習を一杯したこと、宿題を忘れたこと、家の手伝いをしたこと、いろいろなことがたくさんありました。

ところで、「4月からの1年間は、どのように過ごすつもりですか?」と、聞いてみました。今がんばっていることをもっとがんばる。新しいことに挑戦してみる。家のお手伝いをする。お年寄りや困っている人に親切にする。世界の貧困の子どもを支援する(助ける)。など、いろいろありました。

 あなたも、自分の平成30年度のめあてを決めて、挑戦してみましょう。

大人の皆様へ「なでしこ幼稚園の作品展」&

「大小島真木さんの作品展」(パパ&ママ、ジジ&ババ)

 隣の豊島なでしこ幼稚園の「作品展(3月1日〜4日)が開催されました。年少・中・長の子どもたちの個人作品、共同作品、保護者の作品と、心が洗われるものばかりでした。子どもが澄んだ目で見て、純な心で受け止めた世界は素晴らしいと感動しました。ご指導なさった粕谷先生、鈴木先生、幼稚園の諸先生の子どもの個性を大切にしたご指導に頭が下がりました。

ところで、3月11日(日)・12日(火)・13日(水)に、成美教育文化会館1階ギャラリー&グリーンホール(西武池袋線東久留米駅北口所沢方面へ徒歩5分)で、現代アート作家として活躍している大小島真木さんの作品展とトークが開催されます。第1部:東久留米の音楽家と仲間たちのコンサート(13:3015:00)、第2部:大小島真木のトーク(15:2017:00)、第3部:講演17:20〜、映画上映18:00〜(1部&2部で2000円、3部は無料)です。どうぞお運びください。(最終日は3部なし)

学校の先生がたへ

 通知表を作成し、子どもたちに渡す時期になりました。通知表は、法的な規定はなく、作成するかしないかを含めて様式や内容は学校の考え方でできます。そして、堅苦しいことを言えば、学校での生活や学習の状況や成果を保護者に連絡するための公募です。

これはあくまでも個人的意見ですが、通知表は「次に向かって、子どもがやる気を出す」前向きなものにしてほしいと思います。子どもは個性や能力が一人一人異なりますから「◎○△…」を単に知らせるだけでは不十分だと思います。「だから…」「なので…」と魔法の言葉を一言加えて、前向きにしてあげてください。                    (BOKE三宅)

                                    

★備考★[成美教育文化会館]で検索すると、「かけはし」のほか「メッセージ」「Q&A」「しゅうれんかい気になる1冊・ほん本ブック」をはじめ「一宇荘」や「至楽荘」の利用の仕方、「成美教育文化会館」の会場貸出など様々な情報が閲覧できます。ご利用ください。

posted by 豊島修練会 at 13:44| しゅうれん会からのメッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月01日

会館だより「かけはし」

      「いじめ」を考える!

 いじめが要因の悲しい出来事が後を絶ちません。いじめに悩み、苦しんでいる幼児、児童、生徒(学生や大人だって)が少なくありません。「いじめはいけないことですか?」と1000人に聞けば、1000人全員が「絶対にいけないことです!」と答えるのに、なぜ「いじめ」はなくならないのでしょうか?
 道徳の時間に、「いじめの例」を示し、子どもたちみんなで考え、話し合うと、「いじめは、相手の心を傷つけるのでやってはいけない」「いじめられている子を見かけたら、やめるように言いましょう」「いじめを見たら先生や大人に知らせましょう」「暴力だけでなく、噂をしたり、悪口を言ったりすることもいじめです」などと、立派な発言をします。
それなのに、特定の子供を大勢で「からかったり」「悪口を言ったり」「仲間外れにしたり」していじめてしまいます。「なぐったり」「つきとばしたり」「とじこめたり」します。言葉によるいじめ、態度によるいじめ、暴力によるいじめ、最近はスマホ(SNSやLINE)よるいじめもあります。
 どうしたらよいでしょうか。学校の先生だけでなく、お父さんやお母さんをはじめすべての大人の人に「いじめない子の育て方」について考えてほしいと思います。
大人は、子どもの日常の様子をよく見つめて(監視ではない)、落ち込んでいるなど普段と異なる表情や行動をしている気配を感じたら、優しく語りかけ、無理強いをしないで様子や気持ちを聴き尽くしてあげてください。そして、それがいじめ(いじめの兆し)であるようなら、また、子供から「いじめられている」と言うことを相談された時も、どうしたらよいか、一緒に本気で考えてあげてください。(★東京都教育委員会では、全ての公立小・中学校・高等学校・特別支援学校で、平成30年度から「いじめられている子供のSOSの出し方」の授業をすることを決めたそうです。)
 そして、学校の先生(担任、保健室の先生、教育相談の先生)に相談しましょう。きっと子供の立場に立って対応してくれると思います。「いじめる子供を糾弾するのではなく、やめてくれればいい」という立場で、以前のように子どもが明るく過ごせるようになるまで「いじめられている子を最後まで守り抜く」ことが重要です。それから、大人が、「いじめをしない」「いじめを止める」「仲よくする」という見本を、子どもたちに見せてほしいと思います。それが一番重要です。TVや新聞の報道、街で見かける好ましくない現象は、子どもたちにとってマイナスの教育になっています。(BOKE三宅)
<備考> [成美教育文化会館]で検索すると、「かけはし」「メッセージ」「Q&A」「ほん本ブック」をはじめ「一宇荘」「至楽荘」「会館の会場貸出」など様々な情報が閲覧できます。

posted by 豊島修練会 at 11:49| 会館だより「かけはし」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月22日

子ども・大人・教師のためのQ&A

子どもとのQ&A(ぎもんやしつもんのある子はすばらしいです!)

Q:先生から「4月から英語の勉強が始まるよ」と聞きました。自信がありません。どうしたらよいでしょうか?(小5男子)

A4月から新しく56年生は、外国語科(英語)と言って、英語を聞いたり話したりする学習が始まります。でも、いきなり難しいことをするわけではありません。学校の先生は、皆さんが楽しく英語を学べるように工夫してくださいますから心配はいりません。文部科学省が、皆さん全員に教材(教科書のようなもの)を配ってくれ(無料)、それを使って勉強します。街を歩いているとき、テレビを見るとき、ちょっとだけ「英語で話したり、聞いたりすること」に興味を持ってください。外国人を見かけたら思い切って話しかけてみましょう。きっと、英語を話したり、聞いたりすることが楽しくなってきますよ。

大人とのQ&A(パパ&ママ、ジジ&ババもいつまでも好奇心を!)

Q4月から「外国語活動」といって、3年生から英語の学習が始まると、保護者会で担任の先生から聞き、びっくりしました。塾へ通わせた方がいいでしょうか?(小2母)

A:新しく4月から34年は「外国語活動」と言って、英語に親しむ活動が始まります。英会話を本格的に勉強するのではなく、英語の歌やゲームなどを通して、慣れ、親しむようになることが中心の学習です。文部科学省は子供たちに配った補助教材(無料)を使って楽しく勉強するのです。TV番組でけっこう英語の歌やゲーム、幼児・子供向けの英語講座などが放送されていますから、無理のないように視聴させたらいかがでしょうか。英会話ができるようになるということより、56年生の英語学習の素地経験を積み上げるのがねらいです。好きになり、興味を持ってあれこれやるようになれば大成功です。

学校の先生がたのQ&A先生にもわからないことがある!)

Q:学級だよりに載せる子どもの作品に偏りがある。もっと公平にしてほしいと、苦情がありました。一定以上のレベルのものを載せたいので困っています。(経験3年目の教師)

A:学級担任だったころ、私もそのような経験がります。作文や詩の得意な子、絵や工作の上手な子、体操の得意な子、親切なことをして褒められた子、等々様々です。

 私は、作文や詩を載せる子、絵や工作や習字の写真と簡単な説明を紹介する子、このような親切なことをして褒められましたと紹介する子、1年間を通して、どの子も同じ回数になるように取り上げるようにしました。「先生はどの子にも平等だ」と、認めてくれるようになりました。どうぞ、先輩の先生にも相談して工夫してください。(BOKE小島)

★備考★[成美教育文化会館]で検索すると、「かけはし」のほか「メッセージ」「Q&A」「ほん本ブック」をはじめ「一宇荘」「至楽荘」「会館の会場貸出」など様々な情報が閲覧できます。ぜひ、ご活用ください。また、ご意見・ご感想などをお聞かせください。

posted by 豊島修練会 at 16:03| 子ども・大人・教師のためのQ&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする