2018年12月19日

しゅうれん会からのメッセージ

子どもたちへ(小さなお子さんには読んであげてください)

 今年もあと少しで終わります。「終わり」は、「始め」の少し前ということです。そこで、いい「始め」を迎えられるように、今年あったことで、良かったことを3つ思い出して、日記に大きく書いておきましょう。

@ 一番良かったこと  (                     )

A 二番目によかったこと (                     )

B 三番目によかったこと (                     )

 寒い毎日です。風邪をひかないようにね。


大人の皆様へ(パパ&ママ、ジジ&ババ)

 我が家に、子どもや孫がいることは、実に楽しいものです。そこで、今年1年を振り返って、我が子又は孫のことで、良かった思い出を3つ書き出してみましょう。大げさに考えないで、小さなささやかなことでいいですよ。幸せは、小さな喜びの集まったものすから。

  • 一番良かったこと  (                     )
  • 二番目によかったこと(                     )
  • 三番目によかったこと(                     )

 なんとも気ぜわしい12月を迎えました。寒いですから、健康第一にお過ごしください。なんといっても、庶民(セレブだったらごめんなさい!)にとっては健康が宝物です。


学校の先生がたへ

 子供の「良いところや進歩したこと、努力したことを認める評価をしよう」と、言い出したのは、今から20余年前あたりからです。

平成10年ころ発行された文部科学省「小学校学習指導要領解説算数編」の終りの方に、「肯定的な評価」として解説され(BOKE−Kの記憶によれば)、はっきり明記されたのが初めてです。

それまでは、子どもに100点を与えておいて、間違ったり、失敗したりすると減点していく「ひき算」による評価が中心でした。ところが、子どもに「空っぽの入れ物」を渡しておき、いいことをしたとき、良い考えをしたとき、頑張ったとき、進歩したときに、加点していく「たし算」による評価が提案されました(BOKE−Kが、提案したとは主張していません)。でも、もっと良くなるために、少しだけ「注文を付けること」を忘れてないことが大事です。褒められれば、子どもはいい気持ちになって、やる気を出すし、自信がつき元気が出てもっと頑張るようになります。試してみてください。

(BOKE−K)

★備考★[成美教育文化会館]で検索すると、「かけはし」のほか「メッセージ」「Q&A」「ほん本ブック」をはじめ「一宇荘」や「至楽荘」の利用の仕方、「成美教育文化会館」の会場貸出など様々な情報が閲覧できます。ご利用ください。



posted by 豊島修練会 at 10:27| しゅうれん会からのメッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

しゅうれん会「気になる一冊」

子どものほん(子ども、小学生&中学生)

ドラえもんの学習シリーズ「ドラえもんの地図がよくわかる」小学館 本体760円

 今から10年ほど前に出た漫画の地図の読み方の本です。今は、スマホで簡単に場所を探すことができますが、それでも地図を見なければならないことがあります。地図の見方を、ドラえもんとのび太の漫画を読みながら学習できますよ。

 内容は、「1地図を正しく見よう」「2いろいろな地図(案内図、山登りに使う地図)」「3地図の地図(地図にもいろいろある、地図の記号)」「4地球は丸いのに世界は四角(地球は丸いのに、世界地図は四角という意味)で、それぞれの終わりに「練習しよう」があり、分かったかどうか確かめられます。

大人の本(パパ&ママ、ジジ&ババなど)

中江有里著「ティンホイッスル Tin whistle」 角川書店 本体1400円

 作者は、女優で脚本家、作家である。女優をしながらずっと考えていたことを小説にしたのだそうです。ですから、女優のスカウト、マネージャーと女優、小さな子供のお母さんである女優、女優の悩み等々が、赤裸々に表現されていて、まるでそこに自分がいるかのような気持ちにさせてくれます。

 第一楽章「未練」、楽二楽章「過去」、第三楽章「焦燥」、第四楽章「希望」、第五楽章「仕事」、終楽章「再生」。本書の帯には、「人生でこぼこ道でも、前を向いて歩こう」と、あります。関心のある方は、本書で、追体験をしてみてください。

学校の先生のブック(小学校・中学校の先生)

横山泰行著「ポケット版「のび太」という生き方」 アスコム 本体800円

 このような本を教師に薦めるとは、BOKE三宅もいよいよ「本物の呆け」になったかと言われそうなことを心配しながら、あえて本書を取り上げました。

 漫画「ドラえもん」の登場するのび太は、気が優しくて、少々おっちょこちょいで、お母さんにいつも叱られているし、ジャイアンにはやられっぱなしです。そのうえ、困ったときドラえもんの「ポケット」に頼り切っています。

 ところが、著者は、のび太を「優しくて、前向きな心」をもっていて、私たちに「挑戦する勇気」という「人生で大切なこと」を教えてくれると、絶賛しています。

 本書を読んで、小学生、中学生、高校生、中にはいい大人からも「元気」と「勇気」がもらえたという大げさな感想が、届いているそうです。「ふ〜ン、こんなことに今どきの子供やおとなはこころをうごかされるのか!?」ということを知るために役立つかもしれません。

先生方、ちょっと肩の力を抜いてください。                   (BOKE三宅) 

 ★備考★なお、話題提供のために本を紹介しているだけで、購読を勧めるものではありません。 [成美教育文化会館]で検索すると、「かけはし」「メッセージ」「Q&A」「気になる1冊」をはじめ「一宇荘」「至楽荘」「成美教育文化会館の会場貸出」など様々な情報が閲覧できます。ご利用ください。

posted by 豊島修練会 at 10:13| しゅうれん会 気になる一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月12日

子ども・大人・教師のためのQ&A

子どもとのQ&A(疑問や質問のある子は素晴らしいです!)

Q「kg」が変わったと、新聞で読みましたが、どういうことですか? (小6男)

A新聞を読んで、しかもわからないことを質問するのは素晴らしいです。重さの単位sは、1889年から今まで「国際キログラム原器」という分銅(ふんどう)を基にしていました。

でも、汚れがついたり、すり減ったりして重さが変わることがあるので、それを、来年の5月20日から「変わることのないプランク定数(物質を構成している量子という非常に小さなものを使って表そうとしているのですが、小学生には難しすぎるので、詳しい説明は省略します)」で表すことに変えました。130年ぶりだそうです。


大人とのQ&A(パパ&ママ、ジジ&ババもいつまでも好奇心を!)

Qある集まりで、憲法9条のことが話題になりました。憲法9条について少し勉強したいのですが、何か適当な参考書がありますか?(小6と中2の母)

A憲法改正のことが議論されています。第9条は、第2章の「戦争の放棄、すなわち「戦争の放棄」「戦力の不所持」「交戦権の否認」を定めたものです。

 そこで、近くの公立図書館に出かけて、「憲法と平和を問い直す」「憲法と国家」など憲法に関する本を探して、調べてみるとよいと思います。また、「六法全書」の憲法9条の解説の部分を読むこともいいと思います。

 最近出た本では、手塚治虫著・小森陽一解説「手塚マンガで憲法九条を読む」などという本があるようです。

学校の先生がたのQ&A(先生にもわからないことがある!)

Q最近、高校生の研究が表彰されたと聞きましたが、どのようなことですか?(算数・数学に興味のある教師)

Aたぶん、茨城県立竜ケ崎第一高校の生徒たちが、江戸時代の和算書を、現代の公式に直す研究をして、第67回読売教育賞で表彰されたことだと思います。数学の小林徹也先生のご指導で、高校1年生の生徒たちが力を合わせて取り組んだ研究だそうです。

 実は、江戸時代の和算は、今の算数・数学科のような数字や式を使っていませんが、西洋の数学に勝るとも劣らない内容だったと評価されています。 (三宅H)                        

★備考★[成美教育文化会館]で検索すると、「かけはし」のほか「メッセージ」「Q&A」「ほん本ブック」をはじめ「一宇荘」「至楽荘」「成美教育文化会館の会」の利用の仕方など様々な情報が閲覧できます。ぜひご覧ください。

posted by 豊島修練会 at 10:49| 会館だより「かけはし」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月04日

しゅうれん会 気になる一冊

子どものほん(子ども、小学生&中学生)

中村智彦著「思わず話したくなる・モノの仕組み・ふしぎ雑学」永岡書店 本体700円

 日本の考え方や技術は、世界の中で「すぐれている!」ということを、紹介した本でス。

痛くない注射針は蚊の針をまねていた、洗剤不要で衣類がキレイになる洗濯機とは? お湯を沸かさずに食べられるインスタントラーメンがある、パンクしても走行できるタイヤがある、月面の太陽電池で地球の電力をすべてまかなう時代が来るなど229も紹介してあります。

大人の本(パパ&ママ、ジジ&ババなど)

さくらももこ作「スペシャル・リターン版 ちびまるこちゃん」集英社 360円(税込)

 今から20年位前、漫画「ちびまるこちゃん」が大人気でした。また、なんでもかんでもみんな、おどりをおどっているよ、(中略)タッタタラリラ、ピーヒャラピーヒャラ、パッパパラパ、(後略)・・・と、どこのカラオケでも「おどるポンポコリン」がうたわれていたことを思い出します。 駅の売店で本書を目にし、懐かしさで読むことになってしまいました。

 最近の漫画と違って、面白いのですが、演技(絵と動き)と台詞(説明調の吹き出し)と解説(注釈、ナレーション)がおりなす展開はまるで映画のようでした。

 作者さくらももこの子供時代の実体験をもとに書いたのだそうだ。家族の日常生活の様子、まるこの学校生活、友達とのあれこれが、とても微笑ましく、こういうなかよしこよし、相手を傷つけない言い争いやけんか、今の世の中に不足していることがたくさん登場してうらやましいと思ました。折を見て、この漫画のどれか一話を読みながら親子で「感想」を話し合ってみたらいかがでしょうか。

 でも、気楽に読むだけで、昭和時代の終わりころから平成時代の初めころの良き時代を垣間見ることができます。それで十分です!

学校の先生のブック小学校・中学校の先生)★★★平成30年 11月 ほん本ブック.doc

プレジデントムック「マンガで速攻マスター:トヨタとマッキンゼーで学んだ思考整理術(シンプル思考とゼロ秒思考)」             プレジデント社 本体722円

 本書は、企業の企画書、報告書、プレゼン、アイディアなどをうまくこなすポイントが解説されています。でも、読んでみると、学校での教育課程の編成、指導計画の作成、授業づくり、学校情報の公開(学校・学年だより、学校公開、ホームページ、学校評価など)についてのヒントがたくさん得られます。

 また、効果的なデータ(グラフや表)の活用の仕方、結果の出せるリーダーの在り方「100%成功するリーダーの思考術」など、管理職、教務主任・生活指導主任・研究主任・学年主任などミドルリーダーに役立つ情報が満載です。(BOKE三宅) 

 ★備考★なお、話題提供のために本を紹介しているだけで、購読を勧めるものではありません。 [成美教育文化会館]で検索すると、「かけはし」「メッセージ」「Q&A」「気になる1冊」をはじめ「一宇荘」「至楽荘」「成美教育文化会館の会場貸出」など様々な情報が閲覧できます。ご利用ください。

posted by 豊島修練会 at 13:45| しゅうれん会 気になる一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

しゅうれん会からのメッセージ

 平成30年の終わりに当たって!

 平成元年は、確か、昭和64年(1989年)1月7日(土)の翌日8日(日)から始まりました。その頃は土曜日も勤務日だったので、翌週の9日(月)からは平成時代に変わっていました。私(BOKEのK)は、当時有楽町にあった東京都庁第2庁舎6階に勤めていました。それが、いよいよ平成時代も幕を下ろすのかと思うと、感慨深くその頃を思い出します。

当然、小・中学校の3学期の始業式は平成元年1月9日、平成時代になって2日後に行われたことになります。日本中の小・中学校の始業式で、校長先生が、3学期の始めに当たり「昭和時代から新しく平成時代になったこと」を熱っぽく子どもたちに向かって語ったのでは言うまでもありません。

 ところで、今年の終わりに当たって、「終わり」に関する諺を集めてみました。年末の忙しいところですが、お付き合いください。そして、意味は、お子さんにネットで調べてもらって、家族団らんの話題にしてください。

〇ものにははじめあれば終わりあり。

〇礼に始まり、礼をもって行い、礼に終わる。(剣道や柔道のように、礼儀正しく始まり、礼儀正しく行い(正々堂々と戦い)、礼儀正しく終わるという意味、礼に始まり礼に終わるともいう。飲み会などは、最初は挨拶から始まり次第に乱れて乱雑になるので「礼に始まり乱に終わる」ともいわれる。)

〇終わりよければすべてよし。

〇始めよければ終わりよし。         

〇竜頭蛇尾。

〇有終の美を飾る。

〇立つ鳥跡を濁さず。

〇始めのあるものは必ず終わりあり。

〇掉尾を飾る(ちょうびをかざる)。(物事の最期を立派に締めくくること。掉尾とは、最後または最後が盛んになること)

〇馳走終わらば油断すな。(「食わせておいて扨と言い」とも言い、ご馳走しておいて断りにくくして頼みごとをするから気をつけようの意味)

                             (BOKEのK)

<備考> [成美教育文化会館]で検索すると、「かけはし」「メッセージ」「Q&A」「ほん本ブック」をはじめ「一宇荘」「至楽荘」「成美教育文化会館」の利用方法など様々な情報が閲覧できます。一度、覗いてみてください。

posted by 豊島修練会 at 13:30| 会館だより「かけはし」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする