2017年07月27日

おすすめの「ほん・本・ブック」

 子どものほん(子ども、小学生&中学生)

編集代表かめむら五郎「親も子も読む名作 6年生の読みもの」学芸図書 本体648

 あなたは本を読む時間と、スマホやパソコンやゲームをしている時間とどちらが長いですか? 人によって、考え方や趣味は違ってもいいのですが、ぜひ、1日のうち何十分かは、本を読む時間にするといいかもしれません。今日、紹介する本は、6年生向けということになっていますが、中学年以上からなら十分に読めて、楽しめます。

 中身は、新美南吉「あめだま」、芥川龍之介「くもの糸」、ディグソン編・中野良夫「船乗りシンドバットの二回目の航海」、星新一「ネコ」、岩倉政治「空気がなくなる日」、長崎源之助「さびたかぎ」、オー・ヘンリー著・岸田今日子訳「ほんもののプレゼント」、安藤美紀夫「しまふくろうとならの木」、灰谷健次郎「オシメちゃんは六年生」、椋鳩十「金色の足あと」、石子順「手塚治虫は生きている」と、楽しい内容だよ。一度に読まなくても、1作品ずつ、じっくり読めばいいと思います。

 大人の本(パパ&ママ、ジジ&ババなど)

 子どもの本に同じ。

 子どもの頃を思い出して、もう一度お読みになったらいかがでしょうか。このシリーズには、1〜5年生用もあります。「心にのこる○年生の読みもの」(1〜6年生別)もあります。図書館にあるかもしれません。親子で読んで、感想を話し合うのも、楽しい思い出になるでしょう。(★ところで、昔の物語なので、今は使わない差別用語や不適切な言葉が一部あります。原作通りと言うことでそのままになっていますが、「今は使わないよ」ということをはっきり教えてあげてください。生きた学習になります)

 学校の先生のブック(小学校・中学校の先生)

板坂元著「考える技術・書く技術」 講談社現代新書 本体740

 どうもいい考えが浮かばない。思っていることがうまく表現できない。そんなことをいつも悩んでいる。そこで、本書を読んでみた。「T頭のウォーミングアップ、U視点、V読書、W整理、X発想、Y説得、Z仕上げ、[まとめ」という構成になっていて、23の具体的な技術が紹介されている。何か考えをまとめようとするとき、つたないレベルでも「自分の考え」を持っていると、本を読んだりネットで調べたりしても、いいものがヒットしやすくなり、いい考えがまとまるように思われる。そんな意味で、自分なりの考え方や表現の仕方がある程度ある人なら、これをクリティカル・リーディングすると、一層磨きがかかると思います。かもしれない。話はずれますが、川喜多次郎二郎の「発想法」「続・発想法(KJ法)」中公新書、梅棹忠夫の「知的生産の技術」岩波新書、多湖輝の「頭の体操」を夢中で読んだことを懐かしく思い出した。今でも図書館や古書店で目にすることがある。今でも通じると思う。         (YAYU

★備考★話題提供として本を紹介しているだけで、購読を勧めるものではありません。 [成美教育文化会館]で検索すると、「かけはし」「メッセージ」「Q&A」「ほん本ブック」をはじめ「一宇荘」「至楽荘」「会館の会場貸出」など様々な情報が閲覧できます。ご利用ください。

posted by 豊島修練会 at 13:32| おすすめの「ほん・本・ブック」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月20日

一宇荘

「一宇荘」を利用して
  諏訪湖の花火大会にお出かけになりませんか?

 「一宇荘」からはるか左手に望むことができる諏訪湖では、毎年、夏に花火大会が行われます。その規模の大きさ、華やかさは全国に知られています。今年も二つのイベントが予定されています。
 昼間は「一宇荘」の自然とふれ合い、夜は諏訪湖の花火を楽しむという計画を立ててみるのはいかがでしょうか。ただし、毎回、50万人とも言われる大変な混雑なようですので、その点は十分ご留意をされてください。

第69回諏訪湖祭湖上花火大会花火大会イラスト2.jpg
 平成29年8月15日(火)19時 雨天決行

 湖上に設置された打ち上げ台から40.000発余りの花火が夜空を彩ります。打ち上げ数、規模ともに全国屈指の花火大会です。湖上ならではの水上スターマインや全長2kmのナイヤガラなど、圧倒的なスケールを誇る演出が目白押しです。四方を山で囲まれた諏訪湖から打ち上がるため、その音が山に反響し、体の芯まで揺さぶるので迫力満点です。
 問い合わせ:諏訪湖祭実行委員会 0266-52-4141

第35回全国新作花火競技大会
 平成29年9月2日(土) 19時 雨天決行

 全国の意欲ある花火師が、従来の枠にとらわれない柔軟な発想と独特な技術で創作した芸術性の高い新作花火を競う大会です。打ち上げ数は、18.000発程で、湖上花火大会よりやや小さくなりますが、斬新な発想の花火がメッセージと音楽とともに打ち上げられます。
  問い合わせ:新作花火大会実行委員会  0266-52-2111

花火イラスト1.png
posted by 豊島修練会 at 15:50| 一宇荘 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一宇荘

「一宇荘」で今年度第1回目の親子自然体験教室開催
 7月15日(土)・16日(日)に一宇荘で豊島修練会主催の親子自然体験教室が実施されました。天候に恵まれ、昼はネイチャーゲームや自然観察ハイキングを、夜はほたるの観察や天体観測楽しむことができました。生まれて初めてホタルが光って飛ぶところを見た子も多く、その感動はかなり大きかったようです。
 二日目の午前中は、木材を使った工作に取り組みました。ノコギリを使って丸太を切ってコースターを作ったり、中太の枝を輪切りにしてペンダントを作ったりして楽しみました。
 下の写真は自然観察ハイキングの途中に見られた流紋岩の崖と夜の天体観測の様子です。天体観測では、望遠鏡で木星や土星を観察することができました。右端はホタルの飛ぶ様子です。見えるでしょうか?
森の探検.JPG星空観察.JPG一宇荘のホタル.JPG
posted by 豊島修練会 at 13:11| 一宇荘 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子ども・教師・大人のためのQ&A

子どもとのQ&Aぎもんやしつもんのある子はすばらしいです!)

Q:私のクラスに、いじめられている子がいます。どうしたらいいですか?(小6男)

A:いじめられている子のことを心配しているあなたは、心のやさしい、とてもすばらしい子供です。「いじめをするのはやめましょう」と言っても、大丈夫なクラスなら、いじめている子供たちに伝えましょう。「いじめはやめよう」と言ったら、逆にあなたがいじめられそうなクラスなら、このことを「先生」に相談して、先生から注意してもらいましょう。家の人にも話しておきましょう。

 それから、友達が一人ぼっちにしていたら、あなたのグループにさそってあげてください。門名が仲良く過ごせるクラスになるといいですね。


大人とのQ&A(パパ&ママ、ジジ&ババもいつまでも好奇心を!)

Q:子どもが、男の子から変なことをされると悩んでいます。学校の先生に相談した方がいいですか?(小5女の母)

A:まず、我が子の話を十分に聴き尽くしてください。事実をしっかりつかんだ上で、担任の先生に事実を伝え、相談してください。相手の男の子をどうこうするということでなく、我が子の嫌がることをやめてもらうのが目的ですから、冷静に進めることが大切です。そんなことはないと思いますが、万一、担任の先生が親身になってくれないときは、「教育相談の先生」や「校長先生」に相談するとよいと思います。我が子を最後まで守ることのできるのは、保護者しかいません。感情的にならず冷静に、粘り強く取り組んでください。

 これは余談ですが、この年頃になると男の子は「好意を持った女の子に、わざと逆の行動をとること」があります。


学校の先生がたのQ&A(先生にもわからないことがある!)

Q:「新学習指導要領」の趣旨徹底が始まりました。校長先生から「まず本を読んで各自勉強してほしい」と言われました。どのような本がありますか?(経験5年目教師)

A新学習指導要領に関心を持ち、どのような本を読んで理解したらよいかということですね。「研究意欲の高い先生」という伝統は今も続いていることに、4人の孫のいるものとして安心いたしました。文科省「新学習指導要領の改訂のポイント」、「小学校(中学校)学習指導要領」「同解説○○編」(現在作成中)がお勧めです。

「総合教育技術」「教育展望」「教職研修」等の雑誌。「日本教育新聞」「教育新聞」等の関連記事、教材会社のPR誌や教科書会社のパンフレットなども役立ちます。(YAYU

★備考★[成美教育文化会館]で検索すると、「かけはし」のほか「メッセージ」「Q&A」「ほん本ブック」をはじめ「一宇荘」「至楽荘」「会館の会場貸出」などの様々な情報が閲覧できます。ぜひ、ご覧下さい。


posted by 豊島修練会 at 11:18| 子ども・大人・教師のためのQ&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月12日

しゅうれん会からのメッセージ

 子どもたちへ(小さなお子さんには読んであげてください)

 本には、マンガ、絵本、週刊誌、雑誌、物語、小説、伝記(野口英世や長嶋茂雄など個人の一生を書いた本)、図鑑、辞書、百科事典、歴史事典などいろいろあります。本ではないけれど新聞もありますね。

あなたは、どのような本をよく読みますか?

 本を読むと、色々なことが分かります。読みながら考えるので、考える力がつきます。様々な人の色々な気持ちに出会うことができますから、他の人の心(気持ち)が分かるようになります。また、「なるほど!こういうふうにすればよいのか」と、いい意見や考え方を知ることができます。

 本を読むと心の栄養になり、優しい気持ちと、がんばれる気持ちと、将来に夢を持てるようになりよい点がたくさんあります。本をできるだけ読みましょうね。

 大人(パパ&ママ、ジジ&ババなど)の皆様へ

   お父さん・お母さん方、読書は好きですか。現代生活は、何かにつけて駆け足のような落ち着かない雰囲気があるので、じっくり本を読んでいることができないかもしれません。TVとパソコンとスマホがあれば、たいていのことは間に合ってしまいますから、本や雑誌、新聞に目を通すことがすくないかもしれません。

でも、我が子に読書の習慣をつけるために、本や雑誌、新聞を読んでいる姿を時々見せたり、子どもの読書に付き合って話し相手をしたりすることをお勧めします。

「こどもたちへ」に書きましたが、読書は子供の心を養い、考え方を育てますから、ちょっと協力してあげてください。

 学校の先生がたへ

 最近、最寄駅近くにあった3軒の本屋が閉店してしまいました。駅中の大きな本屋も縮小してしまいました。よく立ち寄る神田神保町の三省堂や書泉の児童書と教育書のコーナーがずいぶん狭くなりました。「どうして?」訳を聞いたところ、「大人も子供も本を買わなくなった」「子どもの本が売れなくなった」「校長先生も、教頭先生も、先生方も、本をあまり買わなくなった」と言うことでした。

 でも、先生方、新学習指導要領が告示され、平成29年は周知徹底、30〜31年は移行措置、32年(2020年)から全面実施になります。「新学習指導要領」「移行措置」「新学習指導要領解説」「指導要録の学習評価(通知)」をはじめ、関係図書や日本教育新聞、教育新聞、教育展望、総合教育技術などの雑誌にはできるだけ目を通すことをお勧めします。新しい教育・新しい授業(新しい学習)を子供たちに行うためには、まず先生方に新しい情報を整理し、方策を練ることが必要だと思います。生意気なことを言って済みません。(YAYU

★備考★なお、話題提供として本を紹介しているだけで購読を勧めるものではありません。 [成美教育文化会館]で検索すると、「かけはし」「メッセージ」「Q&A」「ほん本ブック」及び「一宇荘」「至楽荘」「会館の会場貸出」など様々な情報が閲覧できます。ご利用ください。



posted by 豊島修練会 at 11:54| しゅうれん会からのメッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする