2017年04月01日

会館だより「かけはし」

       遠くの「目標」、近くの「めあて」 
      
 4月は、緑と花の季節です。そして、初めての保育園や幼稚園、幼稚園から小学生、小学生から中学生、中学生から高校生または社会人などと、次の段階へのスタートをする「ご入学(進級、就職)おめでとうございます」の季節でもあります。
きっと、新しい所(学校、学年、学級、職場)に対する「大丈夫かな?」という不安と、「よし頑張るぞ!」という気持ちと、「あれをやってみたい!!」という希望などが、いろいろに混じった複雑な気持ちになっているのではないでしょうか。
この時期に、子供とおやつでも食べながら「大きくなったら何になりたいか?」「大きくなったら何になりたいか?」「何を頑張るか?」「何をしたいか?」「どんな風に過ごしたいか?」「何か心配なことはあるか?」「お父さんやお母さんにしてほしいことは何か?」など、話題にして、話し合ってみましょう。
その際、親としての希望や期待を一方的に言い聞かせるのは控えて、子供を主役にして語らせるとよいと思います。日頃の子供からは想像できないような、結構、いいことを言うものですよ。子供って、毎日傍にいると気付かないのですが、それなりにずいぶん成長しているものです。
そして、最終的には、「自分は何になりたいというような」遠くの目標(大きな目標)と、「明日からでもすぐ取り組めそうな」近くのめあて(小さなめあて)が、少しはっきりしてきたら、素晴らしいです。
「遠くの目標」を実現するために、今できる「近くのめあて」を1つずつ達成していくような考え方と、行動がとれるようになったら、素晴らしいです。
 この「遠くの目標」と「近くのめあて」と言う考え方は、勉強でも、スポーツでも、将来なりたいことでも、何にでも通用する考え方だそうです。子どもたちの皆さん(ご家族の皆さんも)、どうぞ、いろいろなことに挑戦してください。応援していますよ。
私は、後期高齢者ですが、子供たちに負けない前向きの「遠くの目標」と「近くのめあて」を持って、元気良く過ごしたいと思います。                           (YAYU)
(注:「目標」と「めあて」は、同じような意味ではないかと言われますが、ここでは、目標は「ゴール」、めあては目標を達成する「途中の小さな目標」の意味で使いました)
★備考★ [成美教育文化会館]で検索すると、「かけはし」「メッセージ」「Q&A」「ほん本ブック」をはじめ「一宇荘」「至楽荘」「会館の会場貸出」など様々な情報が閲覧できます。ご利用ください。

続きを読む
posted by 豊島修練会 at 12:24| 会館だより「かけはし」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

会館だより「かけはし」

       遠くの「目標」、近くの「めあて」 
      
 4月は、緑と花の季節です。そして、初めての保育園や幼稚園、幼稚園から小学生、小学生から中学生、中学生から高校生または社会人などと、次の段階へのスタートをする「ご入学(進級、就職)おめでとうございます」の季節でもあります。
きっと、新しい所(学校、学年、学級、職場)に対する「大丈夫かな?」という不安と、「よし頑張るぞ!」という気持ちと、「あれをやってみたい!!」という希望などが、いろいろに混じった複雑な気持ちになっているのではないでしょうか。
この時期に、子供とおやつでも食べながら「大きくなったら何になりたいか?」「大きくなったら何になりたいか?」「何を頑張るか?」「何をしたいか?」「どんな風に過ごしたいか?」「何か心配なことはあるか?」「お父さんやお母さんにしてほしいことは何か?」など、話題にして、話し合ってみましょう。
その際、親としての希望や期待を一方的に言い聞かせるのは控えて、子供を主役にして語らせるとよいと思います。日頃の子供からは想像できないような、結構、いいことを言うものですよ。子供って、毎日傍にいると気付かないのですが、それなりにずいぶん成長しているものです。
そして、最終的には、「自分は何になりたいというような」遠くの目標(大きな目標)と、「明日からでもすぐ取り組めそうな」近くのめあて(小さなめあて)が、少しはっきりしてきたら、素晴らしいです。
「遠くの目標」を実現するために、今できる「近くのめあて」を1つずつ達成していくような考え方と、行動がとれるようになったら、素晴らしいです。
 この「遠くの目標」と「近くのめあて」と言う考え方は、勉強でも、スポーツでも、将来なりたいことでも、何にでも通用する考え方だそうです。子どもたちの皆さん(ご家族の皆さんも)、どうぞ、いろいろなことに挑戦してください。応援していますよ。
私は、後期高齢者ですが、子供たちに負けない前向きの「遠くの目標」と「近くのめあて」を持って、元気良く過ごしたいと思います。                           (YAYU)
(注:「目標」と「めあて」は、同じような意味ではないかと言われますが、ここでは、目標は「ゴール」、めあては目標を達成する「途中の小さな目標」の意味で使いました)
★備考★ [成美教育文化会館]で検索すると、「かけはし」「メッセージ」「Q&A」「ほん本ブック」をはじめ「一宇荘」「至楽荘」「会館の会場貸出」など様々な情報が閲覧できます。ご利用ください。

続きを読む
posted by 豊島修練会 at 12:23| 会館だより「かけはし」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月29日

おすすめの「ほん・本・ブック」



子どものほん(子ども、小学生&中学生)

 メアリー・ポープ・オズボーン著・食野雅子訳

「マジックツリーハウス第15巻ドラゴンと魔法の水」 メディアファクトリー本体780


 空想や冒険が大好きで、動物とすぐ仲良しになれる女の子アニーと、読書と自然観察が大好きで観察したことを何でもノートに書くジャックの冒険物語です。

 木の上に作った小屋で遊んでいるうちに、冒険の世界にまよいこんでしまい、昔のイギリスのアーサー王をめぐる物語となります。

 キャメロットからの招待状、アーサー王のなげき、ドラゴンとの対決、魔法使いマーリンなど16の話を楽しむことができます。さし絵とやさしい文章、漢字にはフリガナがふってあり、とても読みやすく、楽しめます。


  大人の本(パパ&ママ、ジジ&ババなど)

佐藤優・井戸まさえ著「小学校社会科の教科書で、政治の基礎知識をいっきに身に付ける〜これだけは知っておきたい70のポイント〜」東洋経済 本体1000


 満18歳で選挙権のある時代、TVや新聞で、日本や世界の政治のことが話題にならない日はありません。「これはどういうこと?」「どうなっているのか?」と知らないことが少なくありません。

でも、たいていは、小学校6年生の社会科で学んでいます。すっかり忘れていたのです。

この本を読むと、国会、内閣、裁判、憲法、三権分立、税金、選挙などについて、正しい知識を整理することができます。大人が、政治について正しい知識を持ち、子供たちのため、自分のため、家族のために行動することは大切なことです。ということが分かります。これだけの知識があれば、TVなどを見ながら家族で話題にするのにも役立ちます。



  学校の先生のブック(小学校・中学校の先生)

 南野忠晴著「正しいパンツのたたみ方」 岩波ジュニア新書 本体840

 この本のサブタイトルは「新しい家庭科の勉強法」です。


 著者は、高等学校の英語の教師でしたが、家庭科の教師になりました。「朝から寝ている生徒、なにをやるのもダルそうな生徒、あらゆることに無気力オーラを出し続けている生徒、いつも不機嫌で人やモノにあたっている生徒、顔色が悪く保健室通いが日常茶飯事になっている生徒」が気になり、その原因が「心の問題」ではなく、「生活の問題」だと気づいたからなのだそうです。

 現在、著者は、中学校の家庭科の教師をしていますが、子供が「生活力」を身に付ければ、現在の生活がきちんとできるようになるとともに、今後の人生にも役立つと主張しています。

 子供のために書かれた本ですが、大人、特に教師が読むと、基本的な生活習慣が身に付いていない子供の指導、学習習慣を定着させる指導の参考になります。             (YAYU)

★備考★なお、話題提供として本を紹介しているだけで、購読を勧めるものではありません。 [成美教育文化会館]で検索すると、「かけはし」「メッセージ」「Q&A」をはじめ「一宇荘」「至楽荘」「会館の会場貸出」など様々な情報が閲覧できます。ご利用ください。

posted by 豊島修練会 at 10:52| おすすめの「ほん・本・ブック」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月16日

しゅうれん会からのメッセージ

★★29年3月号 メッセージ.pdf


子どもたちへ(小さなお子さんには読んであげてください)

 3月は、学年のまとめをして次の学年に進む準備の時です。また、小学校を卒業して中学校へ、中学校を卒業して高等学校へ進学する月でもあります。

学年の修了、ご卒業おめでとうございます。修了や卒業は「終わり」のように感じますが、実は、「出発(スタート)」の時なのです。

ことし1年間、楽しいこと、苦しいこと、悩んだこと、うれしかったことなどいろいろありましたが、良く頑張りました。

4月からの新しい学年、新しい学校で、目標を持って、自分の納得のいく過ごし方や学校生活を送ってください。新しい所では楽しいこともたくさんありますが、悩みも出ると思います。一人だけで悩まず、お父さん・お母さんや家族、学校の先生、仲の良い友達、信頼できる大人、教育相談の先生などに相談して、アドバイスをもらうといいと思います。「早起き、朝ご飯、早寝」(早寝、早起き、朝ご飯ではない)で、健康に気をつけましょう。


大人の皆様へ(パパ&ママ、ジジ&ババ)

 お子様の「ご卒業」「学年の修了」おめでとうございます。特に小学校1年の修了、小学校卒業、中学校卒業は感慨深いものがあります。

 まず、この1年間、小学校6年間、中学校3年間のがんばりをねぎらってあげてください。そして、次のステップ(次の学年、小学校は中学校、中学校は高等学校)に向かって、希望と期待を持って進めるようにしてあげてください。

 特別に難しく考えることはありません。「どんなことをしたいのか?」「何を頑張るのか?」「部活は何をするのか?」「どういうことができるようになりたいのか?」などなど、家族で、楽しく団欒するようにするとよいと思います。

 楽しく語り合う中で、周りから押し付けられるのではなく、未来への夢が膨らみ、目標が見えてくるようになってきます。


学校の先生がたへ

 先生方の日頃のご指導とご苦労が実り、子供たちがこの学年の学習が修了できました。そして、小学校6年生と、中学校3年生の卒業となりました。誠におめでとうございます。保護者は、「先生方の温かいご指導に、心から感謝申し上げます。」と合掌していると思います。

 目をつぶると、Aさんは…、B君は…、Cさんは…、と様々ことが思い浮かんでくると思います。明日に向かって「元気に、明るく、前向きに」挑戦するよう励まして、送り出してあげてください。

 何十年か後、「先生、覚えていますか? お世話になった○○です!その節はご指導ありがとうございました」と、教え子が訪ねてきたときの何とも言えない感激は、至福の至りです。                                 (YAYU)

★備考★[成美教育文化会館]で検索すると、「かけはし」のほか「メッセージ」「Q&A」「ほん本ブック」をはじめ「一宇荘」や「至楽荘」の利用の仕方、「成美教育文化会館」の会場貸出など様々な情報が閲覧できます。ご利用ください。

posted by 豊島修練会 at 13:24| しゅうれん会からのメッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月09日

子ども・大人・教師のためのQ&A

★★H29 3月 修練会Q&A.pdf
子どもとのQ&A
(ぎもんやしつもんのある子はすばらしいです!)

Q:国語の時間に、山田さんの意見と小林さんの意見は「いっしょだ」と意見を言ったら、その「言い方はおかしいよ」と先生から注意されました。「どうしてですか?」と質問しましたが、意味が分からず納得できませんでした。説明してください。(小6女子)

A:先生がどのような説明をしたのかわかりませんので、私の考えを言いますので参考にしてください。「友達と一緒(一か所に集まって)に勉強した。お母さんと一緒(つれだって)に買い物に行った。お菓子と飲み物を一緒(一つにすること)の袋に入れた。お父さんとお母さんは、同じ小学校を一緒(同時に)に卒業した。」というように使います。( )の中は意味です。考え方や意見の場合は、「同じ」「似ている」という言い方が正しいです。参考にしてください。


大人とのQ&A(パパ&ママ、ジジ&ババもいつまでも好奇心を!)

Q:夕食時に「私の趣味と友達の木村さんの趣味は『いっしょ』だ!」と言ったら、子供に「その言い方はおかしいよ。『同じ』と言うんだよ。」注意されました。おかしいですか?

A:お子さんは、言葉について感性がとても豊かです。上記の子供のAをご覧ください。「一緒」を「同じ」「等しい」の意味に誤った使い方をする人が多いです。「区別のないこと」や「同一」という意味で趣味が一緒、好みが一緒という使い方をする場合があります。ですからこの場合は、お母さんの言い方も正しい使い方です。お子さんと一緒に、国語辞典や広辞苑で「いっしょ」の意味をを詳しく調べてみてください。


学校の先生がたのQ&A(先生にもわからないことがある!)

Q:算数の研究授業で、「Aの面積とBの面積は『いっしょ』だね」と言ったら、講師の先生に「その言い方はおかしい」と言われてしまいました。「なぜですか?」と聞きそびれてしまいました。どうしていけないのでしょうか?

A:上記の子供のAと大人のAをご覧ください。講師は、「ひとまとめにする、共に、同時に」という意味の言葉「一緒」と、算数用語の「同じ」「等しい」を区別して、正しく使うよう注意を喚起したのだと思います。ということは、「Aの面積とBの面積は『同じ』だ」または「Aの面積とBの面積は『等しい』です」と、いう言い方が正しいのです。

 子どもは、これを区別することなく、どの場合にも「いっしょ」と言うことが多いですが、目くじらを立てず、「そう、同じですね」「なるほど等しいね」と、正しく言い換えるようにするといいと思います。ただし、先生は、子供にとって「日本語、

特に算数用語を正しく使うモデル」ですから、「一緒」「同じ」「等しい」を正しく使いわけてください。                               (YAYU)

★備考★[成美教育文化会館]で検索すると、「かけはし」のほか「メッセージ」「Q&A」「ほん本ブック」をはじめ「一宇荘」「至楽荘」「会館の会場貸出」など様々な情報が閲覧できます。


posted by 豊島修練会 at 11:31| 子ども・大人・教師のためのQ&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする