2017年07月05日

会館だより「かけはし」

        自分も、ほかの人も守る!! 

 暇を持て余し片づけをしていたら、当時勤務していた東京学芸大学付属小金井小学校の古い「生活指導だより(昭和55年=1980年、7月)」が出てきました。今でも通じる内容でしょうか?
余計なことですが、当時は1学級45人で、各学年4学級あり、私は初めて学年主任(4学年)になり、遠藤慈郎、小林道正、佐藤澄子(いずれも仮名)の先生方と、子どもへの教育的愛情に燃えて、あれこれ頑張っていたことを懐かしく思い出します。

 <安全を意識させて行動させる>
  夏休みの事故では、交通事故(特に自転車による事故)が多いです。
 自分の命を守るために規則は絶対に守らなければならないことを具体的 に、体験的に躾けることが大切です。叱られるからではなく、自分の命 を守るために安全を心掛け実行させたいものです。
★最近は、自転車が加害者になることがありますから、自分の安全のためだけでなく、他人(特に、高齢者や幼児)にけがをさせないようにすることも大切です。
また、歩道を歩いていても、青信号で横断歩道を渡っていても「交通ルールや安全義務違反の自動車」の乱暴運転(無謀運転)で事故に遭うことがありますから、十分安全を確かめる必要があります。

 <結果を予測して行動させる>
  花火と水の事故も多いです。子供だけで花火をしたら、説明書をよく 読まないで花火をしたら、子供だけで泳いでいたら、ライフジャケット を着ないでボートに乗っていたら…どのようなことが起こるでしょう か?
  ある程度の「結果の予測」をさせ、その予防としての行動がとれるよ うにすることが必要です。家族で話し合うことをお勧めします。
★現在では、保護者もよく理解して、このような事故が減りました。とはいっても、花火による火傷や火事、海や川などの水の事故が少なくありません。最悪のことを想定して、安全第一で遊ぶように躾けることが大切です。もちろん、花火や川遊びなどは「大人と一緒にする」が原則です。(YAYU)
★備考★ [成美教育文化会館]で検索すると、「かけはし」「メッセージ」「Q&A」「ほん本ブック」をはじめ「一宇荘」「至楽荘」「会館の会場貸出」など様々な情報が閲覧できます。ぜひご利用ください。

posted by 豊島修練会 at 11:05| 会館だより「かけはし」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月29日

おすすめの「ほん・本・ブック」


 子どものほん(子ども、小学生&中学生)

クレヨンしんちゃんの「先生は教えてくれない!友だちづきあいに大切なこと」

双葉社 本体980円

 友達と仲良くしたい、何でも話せる信頼できる友達を作りたいと思いませんか?

 この本は、漫画を読みながら、「友だちとどうつきあったらよいか」を知ることができます。

 「4つの友だち基本ルール」「11の会話のルール」「ケンカをした時の7つのルール」「友だちの家での3つのルール」「こんなときどうする?11のルール」「学校の生活の13のルール」「友だちってなんだろう、5つの考え」といろいろ出ています。野原一家(シンちゃんの家族)のおとうさん、おかあさん、しんのすけ、妹のひまわり、犬のシロが、楽しくいろいろ教えてくれます。このままマネをするのではなく、家の人と相談しながら実行してください。友達がたくさんできるといいね!

  大人の本(パパ&ママ、ジジ&ババなど)

 子どもの本に同じ。

 最近の子供は友達づきあいがあまりうまくないと言われていますが、お子様の場合はいかがですか。なんということのない漫画ですが、けっこういい内容の漫画です。お子様と話題にしながら、一緒に学んでください。大人のためにもなりそうな部分がいくつもあります。


 学校の先生のブック(小学校・中学校の先生)

樋口修資著「教育キーワード83」   教育開発研究所  本体2000

 教育は憲法、教育基本法、学校教育法等に基づいて行われることは、誰もが承知しています。しかし、具体的な事は「…?!」のが実態であろうと思います。ところで、学校の教育活動の拠り所となる学習指導要領等が告示されましたが、法的根拠が説明できますか? 

 内容は、第1章「教育制度に関する法規解説(教育基本法、学校管理規則など9のキーワード)」、第2章「教職員に関する法規解説(校長・教頭の職務、教諭の職務、主任・主事の位置づけなど10のキーワード)」、第3章「教育活動に関する法規解説(学力の3要素、教育課程と学習指導要領、いじめ防止対策など12のキーワード)」、第4章「学校組織に関する法規解説(校務分掌、学校評価、学校備付表簿など10のキーワード)」、第5章「保険安全に関する法規解説(学校保健計画と環境の維持、健康診断、学校自己と学校の管理下など11のキーワード)」、第6章「勤務条件に関する法規解説(勤務時間の割り振り、休暇制度、人事評価制度など13のキーワード)」、第7章「服務に関する法規解説(服務上の義務と身分上の義務、信用失墜行為、懲戒処分など11のキーワード)」、第8章「研修に関する法規解説(教員の研修の責務、初任者研修と条件附任用期間、指導が不適切な教員など7のキーワード)」で構成されています。とても役立つ内容です。         (YAYU

★備考★話題提供として本を紹介しているだけで、購読を勧めるものではありません。 [成美教育文化会館]で検索すると、「かけはし」「メッセージ」「Q&A」「ほん本ブック」をはじめ「一宇荘」「至楽荘」「会館の会場貸出」など様々な情報が閲覧できます。ご利用ください。



posted by 豊島修練会 at 16:59| おすすめの「ほん・本・ブック」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月20日

子ども・大人・教師のためのQ&A

 子どもとのQ&A(ぎもんやしつもんのある子はすばらしいです!)

Q:学級会で、Aさんの意見に、反対意見を言ったら、後で「なんだ!ケチをつけて…」と言われてしまいました。どうしたらいいですか?(小5)

A:話し合いで、よく分からない部分に「〜〜のところがよく分からないので、もう一度説明してください」「〜〜は、どういう意味ですか、教えてください」などと相手の意見に質問したり、反対の意見を言ったりすることは、悪いことではありません。

だから、友達の考えは認めて、「Aさんの意見はよく分かりました。それもいいと思います。でも、〜〜という考えもあると思います」とか、「Aさんの意見はとてもいい考えだと思います。ここを〜〜と変えたらもっと良くなると思います」というような言い方をするとよいと思います。

 大人とのQ&A(パパ&ママ、ジジ&ババもいつまでも好奇心を!)

Q:保護者会で、発言するのが苦手で困っています。どうしたらいいでしょうか?

A:人前で話したり、意見を言ったりすることは、慣れないと、誰も気おくれがするものです。まず、他の皆さんが、話したり、意見を言ったりしているとき、どのような言い方をしているかうなずきながらよく聞いてください。そして、この話し方は感じがいいな、この意見の言い方は素敵だなと思ったら、それを見習うようにしてみたらいかがでしょうか。慣れるまでは、参加する前に、何を話そうか、どのような意見を言おうかと考え、短く、丁寧な言い方で話すとよいと思います。聞き上手は、話し上手と言います。


 学校の先生がたのQ&A先生にもわからないことがある!)

Q:研究協議会の講師の指導で、納得できないことがあります。こんなときどうしたらよいですか?

A校内研究の講師の話の内容に、疑問に感じることや納得できないことはよくあることで当たり前のことです。分からいことに関しては「〜〜について、もう少し詳しく教えてください」とか、「〜と言う意見がありますが、先生はどうお考えですか?」

と質問してみてください。

 また、納得できない場合も、「これについて、〜〜と考えますが、どうでしょうか?」「これについては、〜〜だと思います」などと、自分の意見を言うことは一向に構いません。

 協議会が終わった後で、講師の指導を実行して「うまくいった」「駄目だった」ということを確かめることも、納得できなかったので「自分で工夫たらうまくいった」など、主体的に授業づくりに生かすことが重要です。                                YAYU

★備考★[成美教育文化会館]で検索すると、「かけはし」のほか「メッセージ」「Q&A」「ほん本ブック」をはじめ「一宇荘」「至楽荘」「会館の会場貸出」など様々な情報が閲覧できます。


posted by 豊島修練会 at 10:06| 子ども・大人・教師のためのQ&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月10日

しゅうれん会からのメッセージ

 子どもたちへ(小さなお子さんには読んであげてください)

 このごろ、学校に行く時や帰るときに、交通事故にあう子どもが多いです。次のようなことに気をつけて、事故にあわないようにしましょう。おうちの人と、交通安全について話し合ってみましょう。

○信号を守りましょう。青になっても、右と左をよく確かめて、自動車が止まってからわたるようにしましょう。

○信号(青)が、チカチカしていたら、わたるのはやめて、次の信号にしま しょう。

○横断歩道や歩道橋をわたるようにし、信号のない所の横断はやめましょう。

○歩道を歩いているときも、らんぼうな運転をする人がいるので、自転車や自動車に気をつけましょう。

○自転車に乗る前に、ブレーキがきくか、ライトがつくかなどを確かめましょう。自転車に乗るときは、安全運転をしましょう。特に、小さな子やお年寄りに気をつけましょう。


 大人の皆様へ(パパ&ママ、ジジ&ババなど)

最近、青信号で横断しているときに、スマホに夢中になっていた自動車にはねられて、大けが(気の毒に死亡)をした子どものニュースをよく聞きます。中には、登校中、歩道を歩いていて、わき見運転、あるいは高齢者の頼りない運転(私は、自動車の運転に自信がなくなったので、今回の更新で、免許を自主返納することにしました)で歩道に乗り上げてきた自動車にはねられて事故に遭うこともあります。

いくら、自分がルールを守っていたからと言って、事故にあったら取り返しのつかないことになります。いい加減な運転をする人がいるということを考え、万一に備えて、気を付けることが必要です。悲しい(残念な)ことですが。

そこで、上記「子どもたちへ」の4つの○を参考に、お子さんと話し合ってみましょう。


 学校の先生がたへ

 大げさに言えば、子どもの登下校中の交通事故のTVニュースの流れない日がないくらい頻発している。元気に登校してきた子どもたちを、元気なニコニコ顔で家族の下に無事返すのは、先生方の最優先の願いです。

 それだけに、登校時や下校時の交通安全、日常生活における交通ルール、自転車の乗り方、などについての指導は重要です。学級指導の「安全指導」や警察署の協力を得て

の「交通教室」など、学校における指導・対応も重要です。どこの学校でも工夫して行っていることですが、子どもたちが新学期に慣れてきて緩みがちになるこの時期に、再確認して、子どもたちにもう一度自覚させる必要があります。その際、家庭や地域にも、学校・学年・学級だよりなどで協力を呼びかけることも効果があるようです。(YAYU

★備考★なお、話題提供として本を紹介しているだけで購読を勧めるものではありません。 [成美教育文化会館]で検索すると、「かけはし」「メッセージ」「Q&A」「ほん本ブック」及び「一宇荘」「至楽荘」「会館の会場貸出」など様々な情報が閲覧できます。ご利用ください。



posted by 豊島修練会 at 10:38| しゅうれん会からのメッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月01日

会館だより「かけはし」

      
       前向きでどんどん変わるのが子供

 心理学者で波多野完治(はたのかんじ)の本を、学生時代も、教師になってからもよく読んだものです。少しも身に付きませんでしたが。ところで、波多野先生の本「千年語録・次世代に伝えたい珠玉の名言集」の中に次のような言葉があります。
                                                                                          
「昔はよかった」とよく聞きますね。が、本当に昔がよかったのか、そうじゃない。新しい時代に適応できなくなっただけです。                                               
 大人、特に高齢者は、「昔の若者は〜〜でしっかりしていた」「昔は、〜〜で、よかった」「最近の子供は〜〜」などということを口にすることが多いようです。かく言う私もそうであります。確かに、波多野先生の言葉通り、「現在の変化や新しい流れ」についていけないのかもしれないと思うことはよくありました。
 そういえば、「昔ガヨカッタワケガナイ」という本を読んだことがあります。詳しいことは忘れてしまいました(覚えているのだが、思い出すのが苦手になってしまった)。今の状況より昔の方がよかったと思い込みがちですが、今の方が色々な面から良いことの方がはるかに多いと、具体的に書いてありました。そう言えば、そうだと納得したように思います。
 ところで、未来が無限な子供のことに話題を移しましょう。
 私が、最後に勤務していた学校の教育目標は「みがく、かかわる、未来をひらく」でした。子供どもたちに自分「心と頭と体」を磨いてほしいということです。そして、「友だちと関わってほしい、社会とかかわってほしい、コミュニケーションがとれるようになってほしい」ということです。さらに、「未来に希望や目標をもって前向きに過ごしてほしい」と考えたからです。この目標は、もう30年も続いていますが、気に入っています。未来志向になっているからです。
 そこで、子供を、未来志向で育てることをお勧めします。子どもは、「何をして遊びたい」「あれをしたい」「何になりたい」「こういう仕事がしたい」などと前向きに考え、前向きに行動していくように仕向けたいものです。「昨日は楽しかった、今日も楽しかった、明日はもっと楽しくしたい」と言う子供は素晴らしいと思います。でも、それは固定したものでなく、明日や将来の希望はどんどん変化するのが子供で、その連続の中で育っていくように思います。
「明日も…」「明日は…」「明日こそ…」と言う前向きな子供を育てましょう(YAYU)
★備考★ [成美教育文化会館]で検索すると、「かけはし」「メッセージ」「Q&A」「ほん本ブック」をはじめ「一宇荘」「至楽荘」「会館の会場貸出」など様々な情報が閲覧できます。

posted by 豊島修練会 at 10:39| 会館だより「かけはし」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする